« 太子伝聖誉抄 天寿國曼荼羅起因 869 | トップページ | 法隆寺へ駆けつける信如さん 871 »

2023年9月30日 (土)

間人皇女御忌日は法隆寺綱封蔵内 870 

太子伝聖誉抄 天寿國曼荼羅起因」の写本の複写はこちらから。
信如さんは中宮寺の長老ゆえに
どうしても中宮寺の創立者、
間人皇女の「御忌日(命日)」を知りたかったのです。
確かに、法隆寺金堂釈迦三尊像光背銘文には
「法興元丗一年(621年)歳次辛巳十二月 鬼前太后崩」
621年12月と月のみで日付は記述されていません。
何とか命日を明らかにしようと思い願う日々。
殊更、「釈迦念仏」(2/15~2/22)には別枠で
「間人皇女御忌日」判明のお祈りも芳しくなかったと。
*釈迦念仏
貞慶が唐招提寺で行なった釈迦大念仏会。
以後、南都律寺で行なわれ、広く流行した。
ところが、この時代南宋を滅ぼし中国大陸を支配した
モンゴル帝国から「脅し国書」から届き、苦慮した「亀山院」の御代。
そんな事には一切構わず、
(まあ、この情報が世に流布していたとは思えませんが・・・・・。)
「文永十年(1273)」例年の2/15よりの「釈迦念仏」がスタートします。
その第6日目、2/20の早朝、「同法ノ比丘尼」が
「夢見でお告げ」を受けたと語ったのです。その内容は
法隆寺の名僧を思われる方がおっしゃるに
穴穂部間人皇女の忌日は
「法隆寺の綱封蔵」に保存されている曼荼羅に記載されていると。
但し、その「綱封蔵」の説明に依ると解錠には「勅符」が必要と。
*勅符
古文書の様式の一つ。大宝令公式令に規定があったが、養老令で
除かれた。国家の重要事件に際して天皇の勅を直接に国司に下す
文書。勅符の伝存するものはない。平安時代になっても、固関、
開関などのときには儀礼的に勅符が内記によって作成された。

とは云うもののこれを聞き「信如長老」は「無限」く大悦び。 続く。

Kikyou

|

« 太子伝聖誉抄 天寿國曼荼羅起因 869 | トップページ | 法隆寺へ駆けつける信如さん 871 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太子伝聖誉抄 天寿國曼荼羅起因 869 | トップページ | 法隆寺へ駆けつける信如さん 871 »