« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »

2023年8月26日 (土)

聖徳太子平氏伝 聖誉抄 865

皆さんお元気でしたか?待ち遠しい秋空ですが・・・・・。
それでは前回からの続きです。

「中宮寺 由緒 信如比丘尼による復興 鎌倉時代」に依ると
中宮寺、及び、信如さんについて
「平安時代になると寺運は衰退し、本尊とわずかな堂宇を残すのみと
 なります。それを鎌倉時代に中興したのが、
 興福寺学僧・璋円の娘・信如比丘尼でした」と。
彼女について「コトバンク 朝日日本歴史人物事典」
「(1211~?)鎌倉時代の尼。中宮寺中興開山。
 興福寺の学僧,璋円の娘。
 孤児となったのち,寛元年中(1243~47)に唐招提寺覚盛から
 比丘尼戒を受け,律宗の尼として出家。
 弘長2(1262)年に中宮寺に入寺して,同寺の復興に尽力。
 文永11(1274)年には法隆寺で天寿国曼荼羅繍帳を発見。 
 参考文献 細川涼一『中世の律宗寺院と民衆』」とあります。
*覚盛(1194~1249)
鎌倉前期の律宗の僧。高山寺の明恵および西大寺の戒如に師事。
叡尊(えいぞん)などと自誓、受戒して律学の復興に尽くした。
唐招提寺中興の祖といわれる。(日本国語大辞典 精選版 小学館)
中宮寺本については
宮内庁 書陵部所蔵資料目録に
「中宮寺縁起 中宮寺尼信如祈請等事」があります。
こちらが中宮寺本、或いは、その資料になるのではと思われます。
但し、こちらはWeb上で残念ながら確認不可能です。
しかしながら、信如さんのより詳しい情報は
「太子伝聖誉抄」にて確認可能なのです。
この「聖誉鈔(抄)」は
東京国立博物館 デジタルライブラリー 太子伝聖誉抄P2
足利義満(1358~1408)・義持(1386~1428)親子が台頭した
応永年間(1394~1428)に成立とされています。この時代の僧侶の
「聖誉」さんが「聖徳太子伝暦 平氏撰(=聖徳太子平氏伝)」を
注釈している書物です。
最初の書き出しは当然、「聖徳太子伝暦 平氏撰」のコメントから。
そこには「太子入滅(622年)」の371年後、正暦3年(993年)に
「聖徳太子伝暦」が上下2巻になった事。
更にその後「平基親 同季貞」が撰集したので平氏伝とされた事など。
但し、異説があるのでご注意を、とも語っています。
東京国立博物館 デジタルライブラリー 太子伝聖誉抄P3~
これ以降、「太子御名事」(太子列挙)、「伝者」、「暦者 暦三者」等々
記述されていますのでご興味有る方はご一読を。
「太子伝聖誉抄」はこの「聖誉鈔(抄)」の写本になります。
この写本は最後に「天文十六季 丁未 菊月廿八之写了」と記入されて
いますので1547年9月28日 法隆寺西室 沙門(僧侶)澄経さん作に。 続く。

Kikyou

| | コメント (0)

2023年8月 5日 (土)

法王帝説 皇前曰啓の記載有無 864

先週の「皇前曰啓」の有無の件について
有→中宮寺本と松下見林本
無→国宝知恩院本、及び、狩谷棭斎本(法王帝説證注)等に。
そして、有無を決定づけた尼僧の信如さんとは。
彼女の天寿国繍帳発見は1274年(文永11年)2月です。
この年の10月に「文永の役(元・高麗軍による九州への急襲)」あり。
知恩院本の最初持ち主の相慶さんは平安時代末期のお方との事。
従って、信如さんの新発見は全く知り得ませんので辻褄が合います。
しかしながら、又、ここで新たな疑問が生じます。
知恩院本の原本にも「皇前曰啓」がなかったのかしら

「上宮聖徳法王帝説」をもう一度「日本国語大辞典 精選版 小学館」で
確認してみます。
(「上宮聖徳法王」は聖徳太子の古い尊称。「帝説」は未詳。)
聖徳太子関係の伝記資料の集成。一巻。編者不明。
奈良初期に成った部分もあるというが、
現存本の形態は延喜17~永承5年(917~1050)頃の成立とされる。
太子の系譜、事績その他の記録・文書を収め、記紀の所伝と異な
るものが含まれるなど、古代史の史料として貴重。法隆寺の薬師
仏および釈迦仏の銘文、天寿国繍帳の銘文なども引証される。
Web上の「コトバンク ブリタニカ国際大百科事典」では
「聖徳太子に関する伝記史料を集めた古記録。1巻。
 編者は法隆寺の僧であろう。主要部分は弘仁年間 (810~824) 以後
 から延喜 17 (917) 年以前に成立し,現在のような形になったのは,
 それ以後から永承5 (1050) 年までの間である。聖徳太子関係の皇室
 の系譜,太子のひととなりと事業,法隆寺関係の銘文と注釈,太子
 関係の歴史事実,欽明以下5天皇の治世と崩年などの記事から成る。
 なかには「記紀」その他の所伝と異なるものが多く含まれ,
 史料的価値の高いものといわれる。『群書類従』その他所収。」と。

これらの説明から「(法王帝説の)現存本」は1050年頃以前に成立。
更に遡るに「現存本」以前の「原本」は917年以前に成立。
この917年は「聖徳太子伝暦」著者が藤原兼輔(877~933)成立年と
される説からになります。
(兼輔さんは上宮聖徳法王帝説をご覧になって伝暦を作成から)
「聖徳太子伝暦」は570年~645年に渡る厩戸大王(皇子)に関わる
事案を編年体にて記述されている著作。
但し、この917年成立以外に諸説あります。
因みに以前紹介しました「聖徳太子伝暦」、
「厩戸大王 妻3名子女14名」
「再び、中宮寺弥勒菩薩像」等は
「聖徳太子伝暦 平氏撰(=聖徳太子平氏伝)」です。
平基親(1151~?)さんらが撰された説で平安後・鎌倉前期に。
どちらにせよ、信如さん繍帳発見以前ですので問題ありません。 
 続く。

ところで、猛暑続きの今日この頃、暫し「夏休み」を頂きます。

Asagao

| | コメント (0)

« 2023年7月 | トップページ | 2023年9月 »