« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »

2023年7月29日 (土)

再び 中宮寺 亀の甲400文字 863

ところで、
「知恩院蔵上宮聖徳法王帝説」、及び、「法王帝説證注」ですが
亀の甲400文字の内、「皇前曰啓」が記述されておらず
一亀分4文字が不足してしまうのです。

「于時多至波奈大女郎 悲哀嘆息白 畏天之雖恐
 懐心難止使 我大王与母王」
国立国会図書館 知恩院上宮聖徳法王帝説 P13 4行目)
そして、これを狩谷棭斎(望之)さんが原本写本してますので
同じ文言になりますが、注意書きが添えられています。
「畏天之 (以下注意書き)
 中宮寺本、及松下氏本、天下有皇前曰啓四字
 按、中宮寺賨蔵、繍帳残片、亦存此四字
 然下文解義之條、無此四字。 葢作是書者、所見本、
 偶脱之也。当中宮寺、松下氏本補正。」
国立国会図書館 電子図書館 法王帝説證注 P15 6行目)

上記の「松下氏本」は松下見林さん。
*松下見林(1637~1703)
江戸初期の儒医、国学者。大坂の人。国学と考証に詳しく、
「三代実録」を刊行した。著は他に外国資料による日本史研究書
「異称日本伝」など。寛永一四~元祿一六年
(日本国語大辞典 精選版 小学館)
松下見林さんはきっと以て、
中宮寺の「修理天寿国曼荼羅繍帳と複製品」
(信如比丘尼による復興)、及び、それをお手本として
亀の甲400文字を記述した新版「上宮聖徳法王帝説」=「中宮寺本」
(中宮寺蔵書)の存在、或いは、その写本を知り得たのでしょう。
その「中宮寺本」の写本が「松下氏本」に。
上記の「中宮寺 由緒 信如比丘尼による復興 鎌倉時代」には
「信如比丘尼さんが文永11年(1274年)02/26に天寿国繍帳を
 法隆寺綱封蔵で発見、中宮寺に戻し?修理、並びに複製品製作」
と書かれています。
この由緒に依ると、法隆寺綱封蔵で見つけた天寿国繍帳は
それ以前、中宮寺蔵だったと述べられています。 続く。

Asagao

| | コメント (0)

2023年7月22日 (土)

天寿国繍帳 法隆寺資財帳に不在 862

狩谷棭斎(望之)さんの「法王帝説證注」での注意書き
「法隆寺資財帳(法隆寺伽藍縁起并流記資財帳)」
について触れてます。その文言は下記になります。

「法隆寺資材帳云、通分繍張弐張、其帯二十二條(条)、
 鈴三百九十三、右納賜浄御原宮御宇天皇者、興此異、恐別物。
 資材帳又有繍八部、帳壱張、長七尺広五尺者
 亦未此所言之物否。」

この箇所の法隆寺資材帳は
「合通分繍帳貳張(其帶廿二條 鈴三百九十三)
 右納賜淨御原宮御宇(天武帝) 天皇者」
国立国会図書館 電子図書館 法隆寺資材帳 P14 20行目)

「繍八部帳壹張(長七尺廣五尺)」
国立国会図書館 電子図書館 法隆寺資材帳 P24 19行目)
「右壹口天平十年歳次戊寅(738年)正月十七日納
 賜平城宮御宇 天皇者(桓武帝)」
国立国会図書館 電子図書館 法隆寺資材帳 P29 4行目)

この資材帳の2箇所の記録は
似より感漂うものの、天寿国繍帳とは異なるものではないかと
恐れ多くもと、狩谷棭斎(望之)さんは述べてます。

この法隆寺資材帳は747年に作成されています。
と云う事は既にこの時点で「天寿国繍帳」は法隆寺にはなかった事に。
「天寿国繍帳」は不在、一体何処(いづこ)に?
最初に「上宮聖徳法王帝説」を記述されたお方も
どこへ行ったか分からないと記載しています。
「天寿国繍帳」さん出てらっしゃい。 続く。

Asagao

| | コメント (0)

2023年7月15日 (土)

天寿国曼荼羅繍帳は最初法隆寺に 861

「帷(帳)二張」についての注意書きです。
思うに、この帳の「残片」は「中宮寺」の蔵にある。
「天寿国曼荼羅」と称えられている。
この注意書きを記述された方は
「天寿国曼荼羅」の「残片」が中宮寺にある事をご存じだったんです。
注意書き以前の「上宮聖徳法王帝説」記載者は
最初は「法隆寺蔵」を聞き及んでいたものの
記載時点では在所不明だったと云う事ですから。
更に、注意書き執筆者は
「天寿国曼荼羅」の図像は殆ど剥落、
「亀甲文字」は12文字、亀さん3匹しか確認されなかったと。
この事実認識はやや亀不足も「今現在」と殆ど遜色ありません。
ところで、この注意書き執筆者は「狩谷望之」さん。
*狩谷望之(1775~1835)・・・江戸後期 日本古代文化研究・考証学者
狩谷棭斎エキサイ》蔵書印 〈国立国会図書館〉)
今まで紹介した「上宮聖徳法王帝説」は「法王帝説證注」でした。
こちらは文政4年(1821年)2月の書とあります。
国立国会図書館 電子図書館 法王帝説證注 P25 10行目)
彼は「上宮聖徳法王帝説」を読み解き「詳細な注」を施し
世に出されたのです。
但し、この「法王帝説證注」は
明治43年(1910年)7月 長田権次郎 校訂 裳華房 発行に依り
活版印刷本で世に普及したのです。
「上宮聖徳法王帝説」の原本される写本はこちらに。
国立国会図書館 電子図書館 上宮聖徳法王帝説 P13 10行目)
因みに、「法王帝説證注」はこちらですので合わせてご覧下さい。
国立国会図書館 電子図書館 法王帝説證注 P15 15行目)
この原本写本は解説に「知恩院蔵上宮聖徳法王帝説」とあります。
国立国会図書館 知恩院上宮聖徳法王帝説 P19~
又、この原本写本の最初持ち主は「相慶(傳得僧相慶之)」(同P16)。
この解説に依ると、「相慶」は「平安朝の末に在りし人なり」と。
更に、この原本写本の「印」から最後の持ち主は「鵜飼撤定」。
*鵜飼(養鸕)撤定(1814~1891)・・・京都知恩院75世(1874年)
そして、この書物は
「法隆学問寺の住(僧)侶」→「勧学院(法隆寺)の文庫」→撤定蔵書
→「知恩院(現在は国宝《1955/02/02~》)」と転々てんまりの顛末。
 続く。

Asagao

| | コメント (0)

2023年7月 8日 (土)

天寿国繍帳は最初法隆寺に 860

天寿国曼荼羅繍帳の由来が記述された「亀さん100匹」。
偶々、「上宮聖徳法王帝説」が書き残して下さってお陰で内容を
知る事が可能になりました。
但し、「天寿国曼荼羅」を「図像」で刺繍表現した「帷(帳)二張」の
殆どが現存していません。
中宮寺のレプリカ」で目にできるのは、ほんの僅かです。
(この実物は奈良国立博物館に寄託されているとの事。)
ところで、「天寿国曼荼羅帷(帳)二張」ですが、
「上宮聖徳法王帝説」の亀甲刺繍文字に紹介に続き下記のように。

「右在二法隆寺蔵一 繍張二張縫著 亀背上文字者也 更更不レ知者也」
国立国会図書館 電子図書館 上宮聖徳法王帝説 P15 16行~)

右は法隆寺の蔵(くら)にある繍帳(ぬひとはり)二張(ふたはり)に
亀背(きはい)の上の文字(もじ)を縫()ひ著(つけ)たる者なり。
さらにさらに知れざるものといふなり。
何と、この「帷(帳)二張」は「法隆寺」にあったのだと。
しかし、その後の行方は誰も知らないと。
最初は「法隆寺」の何処かに飾られ、
(使用しない際は)それを「法隆寺の蔵」に保管されていたと。
更にこの上の文章に「注意書き」が書き留められています。

按、是帳残片、今蔵在中宮寺、称二天寿国曼荼羅一。
 舊(旧)跡幽考、載中宮寺天寿国曼荼羅
 荘厳妙囘著亀甲文一百許、各縫四字者、即此。
 余客歳獲拜(拝)観之、爛脱殆画、銘文僅在十二字耳。
 法隆寺資材帳云、通分繍張弐張、其帯二十二條(条)、
 鈴三百九十三、右納賜浄御原宮御宇天皇者、興此異、恐別物。
 資材帳又有繍八部、帳壱張、長七尺広五尺者
 亦未此所言之物否。」

読み解きは来週に。 続く。

Asagao

| | コメント (0)

2023年7月 1日 (土)

天寿国繍帳 人間模様 859

「天寿国繍帳 亀の甲四文字1」
天寿国繍帳の亀甲刺繍文字紹介の方々を
分かり易くする為、日本書紀等の表記に変換してみます。

「斯帰斯麻宮治天下天皇
 名阿米久爾意斯波留支比里爾波乃彌己等(欽明帝)
 娶巷奇大臣名伊奈米足尼女
 名吉多斯比彌乃彌己等為大后(堅塩媛尊
 生名多至波奈等已比乃彌己等(用明帝)
 妹名等已彌居加斯支移比彌乃彌己等(推古帝
 復娶大后弟 名乎阿尼乃彌己等為后(小姉尊
 生名孔部間人公主(穴穂部間人皇女
 斯帰斯麻天皇(欽明帝)之子
 名蕤奈久羅乃布等多麻斯支乃彌己等(敏達帝)
 娶庶妹名等已彌居加斯支移比彌乃彌己等為大后(推古帝
 坐乎沙多宮治天下
 生名尾治王
 多至波奈等已比乃彌己等(用明帝)
 娶庶妹名孔部間人公主為大后(穴穂部間人皇女
 坐瀆辺宮治天下
 生名等已刀彌彌乃彌己等(厩戸豊聡耳皇子)
 娶尾治大王之女
 名多至波奈大女郎為后(橘大郎女)」
国立国会図書館 電子図書館 上宮聖徳法王帝説 P14 9行~)

天国排開広庭尊(→29欽明帝509~571)☆
(石姫皇女)
  渟中倉太珠敷尊(→30敏達帝538~585)★
堅塩媛尊
  豊御食炊屋姫尊(→33推古帝554~628)★
    尾張皇子(=尾治王)
     橘大郎女(尾治王娘 厩戸皇子妃 天寿国繍帳企画者)♡
  橘豊日尊(→31用明帝?~587)*
小姉尊
  穴穂部間人皇女(?~621)*
   厩戸豊聡耳皇子(574~622)♡
(☆★*♡はご夫妻 並び下一段右はご子息・令嬢)

 代  帝名     在位期間       在位年
29 欽明帝 539年12月~571年04月 32年
30 敏達帝 572年04月~585年08月 14年
31 用明帝 585年09月~587年04月 02年
32 崇峻帝 587年08月~592年11月 05年
33 推古帝 592年12月~628年03月 36年
(宮内庁 天皇系図 日本書紀) 続く。

Asagao

| | コメント (0)

« 2023年6月 | トップページ | 2023年8月 »