« 天寿国繍帳 亀の甲四文字2 857 | トップページ | 天寿国繍帳 人間模様 859 »

2023年6月24日 (土)

天寿国繍帳 亀の甲四文字3 858

「歳在辛巳十二月廿一癸酉日入 孔部間人母王崩
 明年二月廿二日 甲戌夜半太子崩
 于時多至波奈大女郎 悲哀嘆息白 畏天皇前曰
 啓之雖恐 懐心難止使 我大王与母王
 如期従遊痛酷无比 我大王所告 世間虚仮 唯仏是真
 玩味其法 謂我大王応生於天寿国之中
 而彼国之形 眼所叵看 悕因図像 欲観大王往生之状
 天皇聞之 悽然告曰有一我子 所啓誠以為然
 勅諸采女等造繡帷二張 画者 東漢末賢 高麗加西溢
 又漢奴加己利 令者 椋部秦久麻」 
刺繍された方々に敬意を払い、読み下します。
*歳在辛巳(ほしは かのとのみのとしに あり)=621年
*十二月廿一癸酉日入
 (しはすのはつかひとひの みづのとのとりの ひいりのときに
*孔部間人母王崩(あなほべはしひとのははみこ かむさります
*明年二月廿二日 甲戌(あくるとしのきさらきのはつかふたひの きのえのいぬ
*夜半太子崩(よなかに ひつきのみこ かむさりたまひぬ
*于時多至波奈大女郎(そのときに たちはなのおほいらつめ
*悲哀嘆息白 畏天皇前曰
 (ヒアイタンソクし かしこみてすめらみことめのみまへに まをしてまふしく
*啓之雖恐 懐心難止使
 (これをいふはおそるありといえども おもふこころやみかたし
*我大王与母王(わがおほきみとははみこは
*如期従遊痛酷无比(ちぎりしごと かみさりまして いたましきことこれなし
*我大王所告 世間虚仮 唯仏是真
 (わがおほきみの のたまひけらし よのなかはコケ ただほとけのみ これしんなりと
☆虚仮・・・仏語。真実でない事。又、外面と内心とに相違がある事。。
(日本国語大辞典 小学館)
*玩味其法 謂我大王応生於天寿国之中
 (そのみのりてふかくあじあふに わがおほきみテンジュコクのなかに
   むかれましまさむとぞおもふ
☆天寿国・・・無量寿国で極楽の事。(日本国語大辞典 小学館)
*而彼国之形 眼所叵看
 (しかしてかのくにのかたちは めにもめかたきところなり
*悕因図像 欲観大王往生之状
 (ねかはくはズゾウにより おほきみオウジョウしたまひしさま みむとおもふと
*天皇聞之 悽然告曰 有一我子 所啓誠以為然
 (すめらみこと これきこしめして いたみたまひて のたまはく
   ひとりのひつきのみこあり まちすところ まことにもってしかおもふとのたまひき
*勅諸采女等 造繡帷二張
 (もろもろの うねめともに みことのりして
   ぬいものかたひらふたはりを つくらせたまふ
*画者 東漢末賢 高麗加西溢 又漢奴加己利
 (ゑかけるひとは やまとのあやのまけん こまのかせい またはあやのぬかこり
*令者 椋部秦久麻(うなかせるものは くらべのはたのくま
★ルビは「上宮聖徳法王帝説」に振ってあるものです。
国立国会図書館 電子図書館 上宮聖徳法王帝説 P15 4行~)

以上になります。 続く。

Botan

|

« 天寿国繍帳 亀の甲四文字2 857 | トップページ | 天寿国繍帳 人間模様 859 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天寿国繍帳 亀の甲四文字2 857 | トップページ | 天寿国繍帳 人間模様 859 »