« 日本書紀の「大王(おほきみ)」表記 815 | トップページ | 厩戸皇子→豊聡耳法大王・法王大王 817 »

2022年7月 9日 (土)

獲加多支鹵大王→雄略帝 816

先週の日本書紀「大王(おほきみ)」から
「大王」表記の出現は仁徳帝が最初になります。
又、仁徳・允恭・雄略・顕宗・継体帝は
前帝崩御に伴い、後の帝即位への進言・要望・要請・懇願になります。
欽明帝のみ全て百済聖明王への返答になっています。
そして、
用明帝に出現する「(豊聡耳法)大王」は
「厩戸皇子」の別名として表記されています。
日本書紀の完成は720年です。
これ以前の時代に「大王」と刻印された鉄剣が存在しています。

1江田船山古墳出土「治天下獲◯◯◯鹵大王」
2稲荷山古墳出土 「獲加多支鹵大王」
*江田船山古墳(熊本県玉名郡和光町)1873年発見
 鉄剣(e国宝 江田船山古墳出土品
*稲荷山古墳(埼玉県行田市)1968年発見
 鉄剣(埼玉県立さきたま史跡の博物館

稲荷山古墳鉄剣の最初の書き出しは「辛亥年七月中記」とあります。
辛亥年を当たってみると351・411・471・531・591年、
「獲加多支鹵大王」(→ワカタケルオホキミ)について
《大長谷》若建命(わかたけるのみこと)(古事記表記)
《大泊瀬》幼武天皇(わかたけるのすめらみこと)(日本書紀表記)
代 帝名   在位期間    在位年 崩御年   古事記崩御年
21 雄略帝 456年~479年 23年  479年   489年 己巳
宮内庁 天皇系図 日本書紀)から
辛亥年→471年 「獲加多支鹵大王」→雄略帝とされています。
九州・北関東の首長らは
倭国のリーダーを「大王」と尊称していた事実が確認されます。
(只、剣に干支紀年法・漢字で刻印されたお方は一体どちら様?
 かの時代倭国に暦年、及び、文字は無かった筈。
 これらの知識をお持ちで来倭されてた方々に間違いは無い・・・・・。)
「(豊聡耳法)大王=厩戸皇子」だけでは心許ないのでもう一つ。
開皇二十年(600年)第一回遣隋使以前の596年に
厩戸皇子は道後温泉にお出かけになってます。(釈日本紀)
*道後温泉
愛媛県松山市にある温泉。泉質は単純泉
上代から伊予温湯、熟田津(にきたつ)石湯の名で知られている。
(日本国語大辞典 小学館) 続く。

Asagao

|

« 日本書紀の「大王(おほきみ)」表記 815 | トップページ | 厩戸皇子→豊聡耳法大王・法王大王 817 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本書紀の「大王(おほきみ)」表記 815 | トップページ | 厩戸皇子→豊聡耳法大王・法王大王 817 »