« 南朝宋 倭国では呉国と 792 | トップページ | 続守言・薩弘恪 日本書紀を執筆 794 »

2022年1月29日 (土)

音博士 続守言・薩弘恪 来倭 793

先週紹介しました「呉織(くれはとり)」。
この「くれはとり」は単なる「訓読み」とは異なります。
「呉(機)織」の意味合いは「呉の織女の織る綾絹」で
「くれはたおり」⇒「くれはとり」と時経過で訓読み変容しています。
しかしながら、「日本書紀」は「漢字・中国語」で記述されてるのです。
この「漢字・中国語」は文語漢文(純漢文・正則漢文)です。
(「古事記」は文語漢文を基本とし倭口語表記を挿入した「倭製漢文」
 但し、「古事記序文」は正確な文語漢文です。)
従って、本来の「呉織」読みは
4~6世紀頃の南朝音(建康)に依拠する音なら「グ・シキ」、
7~9世紀頃の唐北方音(長安)に依拠する音なら「ゴ・ショク」に。
所謂、南朝音(建康)⇒「呉音」 唐北方音(長安)⇒「漢音」。
*建康・長安は現在の南京・西安に。
この中国音を中国から来倭された方が教えて下さったのです。
これらの方を「音博士(オン《呉音》ハクシ《漢音》)」と称しました。
この「音博士」になられた方が日本書紀に綴られています。

「(持統帝三年 689年)六月壬午朔 賜衣裳筑紫大宰等
 癸未 以皇子施基 直廣肆佐味朝臣宿那麿 羽田朝臣齊
 《齊 此云牟五閇》 勤廣肆伊余部連馬飼 調忌寸老人
 務大參大伴宿禰手拍與巨勢朝臣多益須等拜撰善言司
 庚子 賜大唐續守言 薩弘恪等稻 各有差」
国立国会図書館 電子図書館 日本書紀 持統帝 P11の8行目~)
「(五年 691年)九月己巳朔壬申 賜音博士大唐續守言 薩弘恪
 書博士百濟末士善信銀人廿両。」
国立国会図書館 電子図書館 日本書紀 持統帝 P20の10行目~)
倭国最初の「音博士」は
「(大)唐」から来られた「続守言」・「薩弘恪」さんのお二人。
689年に「稲」、691年には「銀二十両」をも持統帝より頂いています。
「続守言」さんについては更に情報が記載されています。

「(斉明帝七年 661年)十一月壬辰朔戊戌 以天皇喪殯于飛鳥川原
 自此發哀至于九日
 《日本世記云 十一月 福信所獲唐人績守言等至于筑紫
  或本云 辛酉年(661年) 百濟佐平福信所獻唐俘一百六口
  居于近江國墾田 庚申年(660年)既云福信獻唐俘
  故今存注其決焉》」
国立国会図書館 電子図書館 日本書紀 斉明帝 P18の3行目~)
「(天智帝)二年(663年)春二月乙酉朔丙戌 百濟遣達率金受等進調
 新羅人燒燔百濟南畔四州 并取安徳等要地 於是 避城去賊近
 故勢不能居 乃還居於州柔 如田來津之所計
 是月 佐平福信上送唐俘續守言等」
国立国会図書館 電子図書館 日本書紀 天智帝 P21の15行目~)
*福信(?~663)・・・百済の武将 660年百済滅亡後も再興を図る
660年「或本」は福信が「唐の俘(虜)」を献上
661年「日本世記」は福信が「唐俘」106人を献上、近江国墾田へ
(「故今存注其決焉」撰者も不明らしく、
 脚注にしたので読者の皆さんが事実認定して後々決めてと。)
*日本世記・・・道顕(僧侶 高句麗からの渡来人)の著述書
663年福信が「唐俘の続守言ら」を送った
遡る事約30年前の何れかに「続守言」さんらは既に来倭。
因みに「続守言」さん、660年20歳とすると691年51歳に。 続く。

Ume

|

« 南朝宋 倭国では呉国と 792 | トップページ | 続守言・薩弘恪 日本書紀を執筆 794 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南朝宋 倭国では呉国と 792 | トップページ | 続守言・薩弘恪 日本書紀を執筆 794 »