« 慕容熙 奥様は絶世の美女姉妹 776 | トップページ | 苻訓英と慕容煕 仲良く天国へ 778 »

2021年9月 4日 (土)

高句麗遼東城 不陥落原因 777

「会高句麗寇燕郡 殺略百余人 (慕容)熙伐高句麗 以苻氏従
 為沖車地道以攻遼東
 (慕容)熙曰
 待剗平寇城 朕当与後乗輦而入 不聴将士先登
 於是城内厳備 攻之不能下 会大雨雪 士卒多死 乃引帰」
(晋書 巻一百二十四 載記第二十四 慕容熙)

この記述箇所が先々週紹介しました
405年 後燕軍 高句麗の遼東城(現在の遼寧省遼陽市)を攻撃するも
陥落まで至らず撤退(晋書 慕容熙)
に当たります。
遼東城が落ちなかった理由は慕容熙の我が儘なんです。
高句麗征伐に何と皇后、「苻訓英」さんをお連れになっていたのです。
まさにに城が落ちようとする間際、彼は奥様と「輦(=輿)」に乗り入城
するので暫し待機(攻撃中止)するよう「将士」に命じます。
しかし、この間高句麗軍は城の防備を固める事ができ
後燕軍の攻撃を凌げたのです。
やがて、天候にも恵まれず「大雨雪」になり兵士が多数死亡、
後燕軍は引き揚げる他なかったのです。
慕容熙は一時も奥様と離れる事ができず、
彼女に城陥落現場を見せる事で「素敵」と思われたかったのでしょう。
殿方には何て酷い男だとお感じになるかも知れませんが
女性にとってはこれ程幸せな事はありませんことよ・・・・・。
前年にお姉さんが病死し、お二人とも寂しい思いをしていますので
(慕容熙はお姉さんに皇后位をプレゼントしています。)
お二人はひとしおだったやも。
一方、高句麗にとっては「苻訓英」さん、様々です。
負け戦を彼女が救って下さったのですから。
神様・仏様・「苻訓英」様に。
慕容熙は更なる彼女へプレゼント攻勢に。

「為苻氏起承華殿 高承光一倍 負土於北門 土与穀同価
 典軍杜静載棺詣闕 上書極諫 (慕容)熙大怒 斬之」 (同上)

新たな絢爛極まる宮殿「承華殿」の建造、これにより
北門に大量の土砂が必要になり土砂価が穀物価と同価になったとか。
又、財政悪化を来す事必定から臣下が諫言すると
慕容熙は激高、切り捨てたとか。 「愛は強し」? 続く。

|

« 慕容熙 奥様は絶世の美女姉妹 776 | トップページ | 苻訓英と慕容煕 仲良く天国へ 778 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 慕容熙 奥様は絶世の美女姉妹 776 | トップページ | 苻訓英と慕容煕 仲良く天国へ 778 »