« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月29日 (土)

慕容垂(後)燕 姚萇(後)秦 建国 766

「垂至河内 殺(苻)飛龍 悉誅氐兵 召募遠近 衆至三万 済河焚橋
 令曰
 吾本外仮秦聲 内規興復 乱法者軍有常刑 奉命者賞不逾日
 天下既定 封爵有差 不相負也」
*河内・・・現在の河南省焦作市
(晋書 巻一百二十三 載記第二十三 慕容垂 以下、同)
慕容垂は洛陽の手前、河内で副将の苻飛龍と氐兵を殺傷、
兵を新たに募集したところ3万人が集った。
ここに至り、慕容垂は兵達に告げます。
「吾は表向き仮に前秦に与していたが本心は燕再興を画策していた。
 これより法を犯す者は罰し、吾に命を預ける者は褒美を与える。
 吾が燕再興を成し遂げた暁には皆の働きに応じて
 領地を与える事を約束する。」と。

「垂至洛陽 (苻)暉閉門距守 不与垂通」
これ以後も、慕容垂は表向き洛陽に向かいます。
しかし、洛陽を守る苻暉は(苻飛龍殺傷の報告を受けていたので)
城門を開けず、慕容垂を入城させなかった。
「(翟)斌又遣長史河南郭通説(慕容)垂 乃許之」
一方、苻堅に叛旗を翻した翟斌は慕容垂に与した。

「洛陽四面受敵 北阻大河 至於控馭燕趙 非形勝之便
 不如北取鄴都 拠之而制天下 衆咸以為然」
北は黄河が阻んでいるが他からは侵入されやすい洛陽へ入城が
叶わないと知った慕容垂は北方の「鄴都(現在の河南省安陽市)」を
奪取、そこを拠点として天下取りに及ぶ決断をすると配下の皆は承諾。

「垂引兵至滎陽 乙太元八年(383年)自称大将軍 大都督
 燕王 承制行事 建元曰燕元(384年1月~386年2月)」
*滎陽(ケイヨウ)(現在の河南省鄭州市)
慕容垂は洛陽の東、鄴の遙か手前、「滎陽」に至り「燕王」を自称、
独自の元号「燕元」を打ち立て独立。
これを以て後の方は「(後)燕」建国としています。
更に、この年、384年12月に慕容暐が苻堅に殺され、
苻堅も又、翌年385年8月慕容垂と共に東晋制圧に賛成した姚萇
殺害された。姚萇はこの年4月に苻堅と袂を分かち前秦から独立、
秦王を自称、「(後)秦」を建国しています。
慕容垂は慕容暐・苻堅の他界後、
386年1月「中山(現在の河北省定州市)」にて皇帝を名乗ります。
この「中山」が「(後)燕」の都に。
尚、前秦は苻堅の息子、鄴城守衛の苻丕が継ぎますが
386年10月東晋軍との闘いで殺されました。
奇しくも、石越の予想が的中した事に。 続く。

| | コメント (0)

2021年5月22日 (土)

石越 垂排除具申 苻丕拒否 765

「(慕容)垂請入鄴城拝廟 (苻)丕不許 乃潜服而入 亭吏禁之
 垂怒 斬吏焼亭而去
 石越言於丕曰 垂之在(前)燕 破国乱家 及投命聖朝
        蒙超常之遇 忽敢軽侮方鎮 殺吏焚亭 反形已露
        終為乱階 将老兵疲 可襲而取之矣
 歪曰 淮南之敗 衆散親離 而垂侍衛聖躬 誠不可忘
 越曰 垂既不忠於燕 其肯尽忠於我乎 且其亡虜也
    主上寵同功旧 不能銘澤誓忠 而首謀為乱 今不撃之
    必為後害
 丕不従
 越退而告人曰 公父子好存小仁 不顧天下大計
        吾属終当為鮮卑虜矣」
*石越(セキエツ)・・・前秦の将軍、彼も東晋征伐に慕容垂と共に参軍
*歪=苻丕
*小仁・・・親愛の情・思いやり。「小」は石越の思いから。
(晋書 巻一百二十三 載記第二十三 慕容垂)
慕容垂は出陣に先立ち、再度、苻丕に墓参りを要請しますが
苻丕から許しが出ませんでした。
そこでやむなく、隠密に「廟」を訪れようと謀るも、小役人が制止。
これに慕容垂は怒り心頭、小役人を斬り捨て、役所を焼失します。
この状況を聞き及んだ「石越」は苻丕に進言。
慕容垂が前燕の配下だった際、内部トラブルから我が前秦へ赴き
 前燕を崩壊させました。確かに我が天子(苻堅)に命を投げ出す
 働きをし、天子は厚く遇しました。ところが彼は我らを侮辱し
 廟の役人を殺め、役所を焼き払う体たらくに及びました。
 この行いは前秦に叛旗したと考えます。故に彼の取り除きを。」と。
これに対し苻丕は
「慕容垂は淝水敗戦後、父の九死一生の呈に及んだ際、
 退陣護衛してくれた『誠』を忘れてはならぬ」と。
石越は再び慕容垂の経緯を言上します。
しかしながら、苻丕は彼の具申に従いませんでした。
この後、石越は
「苻堅と苻丕は情けを好み、天下の大計を顧みていない。
 いずれ吾らは鮮卑(慕容垂ら)に捕縛されるだろう」と語ったと。
 続く。

| | コメント (0)

2021年5月15日 (土)

慕容垂は鄴着 苻丕に謁見 764

「時(苻)堅子(苻)丕先在鄴 及垂至 丕館之於鄴西
 (慕容)垂具説淮南敗状 会堅将苻暉告丁零翟斌聚衆謀逼洛陽
 歪謂垂曰 惟斌兄弟因王師小失 敢肆凶勃 子母之軍
      殆難為敵 非冠軍英略 莫可以滅也 欲相煩一行可乎
 垂曰 下官殿下之鷹犬 敢不惟命是聴
 於是大賜金帛 一無所受 惟請旧田園 丕許之
 配垂兵二千 遣其将苻飛龍率氐騎一千為垂之副」
*苻丕(フヒ)・・・(?~386)苻堅の息子 鄴守衛担当
*苻暉(フキ)・・・(?~385)苻堅の息子で苻丕は兄 洛陽守衛担当
*丁零(テイレイ)・・・テュルク系民族で現在のウイグル族のご先祖
*翟斌(テキヒン)・・・(?~384)丁零族長 苻堅の配下も淝水後叛旗
*歪=苻丕
*鷹犬(ヨウケン)・・・狩猟時の鷹と犬、慕容垂は苻丕の配下表現。
(晋書 巻一百二十三 載記第二十三 慕容垂)
慕容垂は苻堅と別れ、安陽(現在の河南省安陽市)を経由し
目的地の鄴(現在の河北省邯鄲市臨漳県)に到着。
鄴城の苻丕は疑心暗鬼ながらも慕容垂らを出迎え西の館を提供。
慕容垂は苻丕に「淮南敗状(淝水での敗北)」を説明。
そうこうしている際、苻堅より反乱分子討伐要請が。
翟斌が反乱を起こし、苻暉が守る洛陽へ迫っているので対処せよと。
苻堅より、慕容垂、及び、苻丕ともに指令が。
苻丕は慕容垂に
「翟斌の兄弟は淝水敗戦で兵力が減少した事を幸いに叛旗を翻した。
 私の軍だけではとても敵わない。そなたの英知をお借りしたい。
 煩わしいと思うがどうか参陣してもらえぬか?」と。
慕容垂は
「私は苻丕殿下の『鷹犬』です。
 命令を聴かない選択肢などあり得ません。」と
ここに於いて苻丕は慕容垂に「金帛(お金と反物(絹生地))」を与え
ますが、慕容垂は一切受領せず、前燕時代の自分の旧領を望むと
苻丕は承諾。
彼は慕容垂に兵2,000人と副将として苻飛龍軍騎兵1,000をつけた。
 続く。


| | コメント (0)

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »