« 兄弟分裂で南匈奴と北匈奴に 731 | トップページ | 南匈奴 魏曹操軍の騎馬戦士 733 »

2020年7月25日 (土)

北匈奴滅び檀石槐が鮮卑帝国 732

南匈奴と漢は結託し、次第に北匈奴の力を削ぎ落とします。
更に北匈奴にとって痛手となったのはB.C.200年以前
冒頓単于が匈奴の東の隣国「東胡」を滅ぼした末裔「鮮卑族」の存在。
(その件は「冒頓単于は合理→冷静沈着」でご確認を)
*鮮卑
 鮮卑山麓(大興安嶺山脈北端、現在の黒竜江省)に逃れた東胡人
約290年後、87年鮮卑族は北匈奴と戦い、単于を殺害したのです。
鮮卑族は匈奴に属していたのですが、北匈奴が衰えるのを見て
族長「於仇賁(おきゅうほん)」が漢王朝光武帝に朝貢、
「鮮卑王」の称号を得ていたのです。(54年)
そして、北匈奴は南匈奴・漢・鮮卑の攻勢により壊滅的な打撃を受け
崩壊してしまうのです。(91年)
北匈奴の民の大半は南匈奴へ逃れ、
北単于一族らは「康居(こうきょ)」へ逃走したとされています。
*康居
 現在のカザフスタン南部・キルギス地域
「三国志 烏丸鮮卑東夷伝」の鮮卑(注魏書)に依ると時代が一挙に
50年弱ほど飛び「檀石槐(たんせきかい)」が登場するのです。

「匈奴及北単于遁逃後 中略 号檀石槐 長大勇健 智略絶衆
 中略 東西部大人皆帰焉 兵馬甚盛 南鈔漢辺 北拒丁令
 東却夫余 西撃烏孫 尽拠匈奴故地 東西万二千余里
 南北七千余里 罔羅山川 水沢 塩池甚広 中略 」
*丁令
 紀元前三世紀から五世紀にかけて、北アジア(バイカル湖近辺)
 に遊牧したトルコ系民族の名。(日本国語大辞典 小学館)
檀石槐は鮮卑族長になり、冒頓単于の匈奴帝国(「匈奴故地」)
手中に収め「鮮卑帝国」を築き上げたのです。

「漢患之 桓帝時 使匈奴中郎将張奐征之 不克 乃更遣使者齎印綬
 即封檀石槐爲王 欲与和親 檀石槐拒不肯受 寇鈔滋甚」
桓帝時・・132~167 帝位146~167
桓帝は檀石槐を鮮卑王とし和親を結ぼうとしますが、
檀石槐はこれを拒否、甚だ滋く漢へ侵入・略奪行為に及ぶのです。

「乃分其地為中東西三部
 従右北平以東至遼 東接夫余 濊貊為東部 二十余邑
 (其大人曰彌加 闕機 素利 槐頭)
 従右北平以西至上谷為中部 十余邑
 (其大人曰柯最 闕居 慕容等 為大帥)
 従上谷以西至敦煌 西接烏孫為西部 二十余邑
 (其大人曰置鞬落羅 曰律推演 宴荔游等 皆為大帥)
 而制属檀石槐」
檀石槐は鮮卑帝国を「中・東・西」と三分割し各々に部族長を配置。
東部・・大興安嶺以東
中部・・現在の北京市北部
西部・・モンゴル高原西部
部族長名までも細かく記載されていますので
漢の間諜(スパイ)が鮮卑帝国に深く潜入情報を得ていたと考えます。
 続く。

|

« 兄弟分裂で南匈奴と北匈奴に 731 | トップページ | 南匈奴 魏曹操軍の騎馬戦士 733 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 兄弟分裂で南匈奴と北匈奴に 731 | トップページ | 南匈奴 魏曹操軍の騎馬戦士 733 »