« 冒頓単于が匈奴を大強国に 723 | トップページ | 冒頓 劉邦を白登山に誘い込む 725 »

2020年5月30日 (土)

冒頓vs.劉邦 平城・白登山の戦い 724

匈奴を大強国にした冒頓単于の極めつけは
B.C.200「漢」王朝劉邦軍との戦闘(平城・白登山の戦い)に勝利。

史記 巻百十一 匈奴列伝 第五十
「是時漢初定中国 徙韓王信於代 都馬邑 匈奴大攻囲馬邑
 韓王信降匈奴 匈奴得信 因引兵南踰句注 攻太原 至晋陽下
 高帝自将兵往撃之 会冬大寒雨雪 卒之堕指者十二三
 於是冒頓詳敗走 誘漢兵 漢兵逐撃冒頓 冒頓匿其精兵 見其羸弱
 於是漢悉兵 多歩兵 三十二万 北逐之 高帝先至平城
 歩兵未尽到 冒頓縦精兵四十万騎囲高帝於白登 七日
 漢兵中外不得相救餉 匈奴騎 其(白登山)
 西方尽白馬
 東方尽青駹馬
 北方尽烏驪馬
 南方尽騂馬
 高帝乃使使間厚遺閼氏 閼氏乃謂冒頓曰 両主不相困 今得漢地
 而単于終非能居之也 且漢王亦有神 単于察之
 冒頓与韓王信之将王黄 趙利期 而黄 利兵又不来 疑其与漢有謀
 亦取閼氏之言 乃解囲之一角 於是高帝令士皆持満伝矢外郷
 従解角直出 竟与大軍合 而冒頓遂引兵而去 漢亦引兵而罷
 使劉敬結和親之約
 是後韓王信為匈奴将 及趙利 王黄等数倍約 侵盗代 雲中
 居無幾何 陳豨反 又与韓信合謀撃代 漢使樊噲往撃之 復抜代
 鴈門 雲中郡県 不出塞 是時匈奴以漢将衆往降
 故冒頓常往来侵盗代地 於是漢患之
 高帝乃使劉敬奉宗室女公主為単于閼氏
 歳奉匈奴絮繒酒米食物各有数 約為昆弟以和親 冒頓乃少止
 後燕王盧綰反 率其党数千人降匈奴 往来苦上谷以東
 高祖崩 孝恵 呂太后時 漢初定 故匈奴以驕 冒頓乃為書遺高后
 妄言 高后欲撃之 諸将曰 以高帝賢武 然尚困於平城
 於是高后乃止 復与匈奴和親」
(上記訓読 国立国会図書館「和訳史記列伝 下巻」)
*韓王信・・(?~B.C.196)秦・漢の武将、後、匈奴に降伏、将軍に
*馬邑・・代の都(現在の山西省朔州市)
*句注・・句注山 馬邑より太原へ行く途中の山
*太原・・現在の山西省太原市 朔州市の南
*晋陽・・旧山西省太原郡晋陽県
*平城・・現在の山西省大同市平城区 朔州市の北
*白登・・平城にある白登山 現在の山西省大同市雲州区
*趙利・・韓王信の配下武将
*王黄・・韓王信の配下武将
*劉敬・・漢の官僚
*雲中・・現在の内モンゴル自治区フフホト市
*陳豨・・鉅鹿(現在の河北省邢台市)の郡守 鉅鹿の戦い
*樊噲・・漢の将軍 鴻門の会で劉邦を助けたお方
*鴈門・・現在の山西省北部
*昆弟・・昆(=兄)弟
*盧綰・・劉邦の親友 官僚・将軍、燕王 劉邦没後匈奴に投降
*上谷・・現在の北京市

子細は来週に。 続く。

|

« 冒頓単于が匈奴を大強国に 723 | トップページ | 冒頓 劉邦を白登山に誘い込む 725 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冒頓単于が匈奴を大強国に 723 | トップページ | 冒頓 劉邦を白登山に誘い込む 725 »