« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月27日 (土)

倭女王卑弥呼さん情報 688

韓半島・倭国を結ぶ「華(夏)僑・華(夏)商ネットワーク」から
この発祥先が中国最初の「夏王朝」に及んでしまいました。
彼らの末裔(夏民族のみではありません)が倭国と交易をし、
富を肥やしていたのはいつの時点からは全く不明ですが
「倭国女王=卑弥呼」さんの時代、
「中国大陸」 ⇔ 「韓半島」 ⇔ 「倭国」の華(夏)商ネットワークは
完備されていたのです。
故に、帯方郡が魏朝に取り戻された情報が確認され、彼女は
238年6月に「難升米」等を帯方郡へ派遣したのです。
従って、「公孫康」が設置した204年以降、帯方郡へ派遣、
否、189年遼東太守、「公孫度」支配、楽浪郡との接点があったと
考える方が自然です。
それでは、陳寿の魏志倭人伝に戻ります。
彼が記した倭女王卑弥呼等の情報は

1 鬼道を駆使、民を驚かせ、惑(わく)ワクさせる魅惑的な女性
2 お歳をかなり召した熟々女
3 彼女は未婚(おつき合いしている男性情報なし)
4 弟がいて、彼が国政を補佐
5 女王になってから権威付けの為?極力誰とも会わず・接せず
6 侍女千人
7 男性お一人
 彼のみ卑弥呼のお部屋へ入れ、お食事届け・伝言申し次ぎを。
この「男子一人」は「弟」とされていませんので彼女の「いい人」?
又、荘厳な「宮室」・「楼観」・「城柵」がつくられており、
常に人々が往来、「兵(=武器)」を持ちいて彼女を警護していたと。

非常に事細かく記述されています。
この陳寿への情報提供者は一体どちら様?
これも華(夏)商の方々とも考えられますが微細過ぎますので
帯方郡から倭国に派遣されたお役人さん等と考えます。 続く。

| | コメント (0)

2019年7月20日 (土)

とある骨片から商(殷)発見 687

この「夏王朝システム=中夏(華)」からスタートし、
「商(殷)」⇒「周」⇒(春秋戦国) ⇒「秦」
⇒「前漢」⇒「新」⇒「後漢」⇒「魏・呉・蜀」⇒「晋」⇒・・・
と今現在まで連綿と「中夏(華)王朝」が続いているのです。
「⇒」は時の経過と共に必ず生じる「システム疲労」を因とする
王朝交代。
例えば、「商(殷)」⇒「周」は商(殷)のラストエンペラー、
「紂王(ちゅうおう)」の「酒池肉林」が
一つの原因とされています。
*酒池肉林
「以酒為池 懸肉為林 使男女裸(倮)相逐其間 為長夜之飲」
(史記 殷本紀 第三 帝辛)
漢字は「表意文字」故、状況・景色は目に浮かぶと思われます。
そして、この「漢字」の原点は甲骨文字。
この甲骨文字にはひょんなドラマが。
清王朝末期の1899年、とある北京の漢方薬局で「漢方薬」として販売
されていた「骨片(龍骨)」を買い求めた方が
それに絵文字らしきものをたまたま発見。
その骨片の出所を追求すると、
現在の河南省安陽市小屯村のお百姓さんが供給元と判明。
(小屯村は黄河の北側)
中華民国時代の1928年、この村の発掘調査がスタート。
大日本帝国との諍い(1937~)により、調査中断。
中華人民共和国時代の1950年より調査再開。
これらの発掘調査によりこの地区を「商(殷)王朝遺跡」と認定。
2006年「殷墟」として世界遺産登録される。
この骨片のお陰で「商(殷)王朝」の存在が明らかに。
商(殷)王朝はB.C.1600頃~B.C.1046とされています。
この殷墟はB.C.1300頃~と推定されていますので殷墟が最初の首都
ではない事になります。
又、この殷墟で「婦好(ふこう)」のお墓も発見されたのです。
彼女は数多いらっしゃるお后のお一人で、
なな何と、
身重にも関わらず、
敵対部族との戦闘に兵を率い参陣されたお方との事。
さすが「北狄」狩猟騎馬民族の女性は凄いの一言!
それにしても、
未だ、中国大陸には悠久過ぎる文化遺産が眠っているのです。 続く。

| | コメント (0)

2019年7月13日 (土)

龍と王権威(力)との融合 686

「宮廷儀礼」を企画・制作(プロデュース)した夏商集団。
その夏商集団が巧妙に仕掛けたブラフ演出とは。

1 他部族の文化を貪欲に取込・吸収した事
 夏商集団リーダーの「影響力」が遠方迄及んでいる状況を現前。
 又、夏商集団が信仰していた「水神=龍」を権威付けアイコン化。

2 夏商集団リーダーと他部族首長らと対面した事
 これはそれ迄の(幻想)神を信仰対象とせず、
 生身のリーダーにひれ伏す事で現人神化の示現。

3 対面儀礼に於いて歴然と身分格差を表出
 A 夏商集団リーダー
 B 壇上に登れる僅かな方
 C 庭で下から見上げ・見守る圧倒的な方々
このA・B・C 3者の位置関係は明白な身分固定を表象。

これらに依り、夏商集団リーダーは
多彩な文化の頂上に君臨、
他部族の反乱企図を萎えさせ、
祖先神?龍を象徴とし、
「絶対権威(力)=現人神幻想」を他部族・他者に植え付けたのです。
故に、夏商集団リーダーは「夏王」になり得たのです。
「夏王朝」は二里頭遺跡の調査・研究で400年以上続いた王朝と
認定・確定されました。
この「宮廷儀礼システム」成立は最初からではないにしても
「夏王朝」を連綿と継続・持続させた秩序体系に他ありません。
この「宮廷儀礼」は広大な中国大陸、及び、多数の異部(民)族を
束ね・纏める「礎」となりました。
「宮廷儀礼」=「龍と王権威(力)」のフュージョン(fusion=融合)は
後の王朝(商=殷<B.C.1600>~清<1912>)に脈々と引き継がれたのです。
「『龍』に選ばれし者こそが中国大陸を治める覇者(王)となる」
と云う物語も後に造られた程です。
時を経ても、畏敬の念を抱かせる「宮廷儀礼と龍アイコン」に。
先に「龍(自然を超越した力の象徴<アイコン>)」を「自然神」ではなく、
「祖先神?」としたのは司馬遷の「史記」に記述されているからです。

「禹於是遂即天子位 南面朝天下 国号曰夏后 姓姒氏」
(史記 巻二 夏本紀二)

禹が夏(后)王朝の始祖とされています。
一方、禹は黄河流域の治水事業で功を立て、「水神⇒龍神」とされる
伝説上のお方では?
これも、どこかでフュージョンしているのかしら
又、あの雨上がりの美しい「虹」も(雄)龍と思われていたのですよ。
(「蜺」こちらも「にじ」で雌龍です。) 続く。

史記 卷二 夏本紀二の原文はこちらでご確認下さい。
国立国会図書館 電子図書館蔵書 「史記 夏紀」7行)

| | コメント (0)

2019年7月 6日 (土)

霊験灼かな酒器銅爵 685

観客持参のお土産(貢納品)の披露が終わると
特別に選抜された数名のみが壇上へ登ることが許されます。
選抜メンバーは
特に優秀な商都夏商リーダー
商取引量が多い部族の首長らの方々で
王から直々「お酒」を振る舞われるのです。(直々は最初の時期だけ)
この振る舞い酒保管容器(お銚子)が「銅爵」。
*銅爵・・青銅製の酒器
この酒器は「鬹(き)」を原型として青銅を材料に製作されています。
鬹は現在の山東省済南市歴城区龍山鎮城子崖の遺跡から、
たくさん発掘されました。(龍山文化)
鬹は焼き物(陶器)ですから材料は土になります。
一方、銅爵は青銅器です。
青銅器はチグリス・ユーフラテス川地域、メソポタミアが発祥と
されています。この文明が中国大陸の西域に伝播していたのでしょう。
その製法技術、及び、原材料(銅・錫)を手に入れ、夏王朝は
商品化したものと思われます。
(まさか、この技術は盗用でないですよね?
 まあ交易戦争なき時代だから大丈夫だったのかしら?)
かの時代中国ではとても物珍しい一品の銅爵。
この器は銅・錫の配合調整で黄金色~白銀色が出せたそうです。
そんな霊験灼かな器から注がれたお酒に登壇した方々は
さぞかし度肝を抜かれ、各々恭しく頂戴したのではないでしょうか?
飲み干された方は順序よく元の庭に戻ります。
これにて「イベントショー(宮廷儀礼)」は終演を迎えます。
観客は「感激・感動・畏怖」の念を抱き、それぞれ会場をあとに。
これが、交易場として利用されていた「市場」・「朝庭」から
宮廷儀礼を執り行う「朝廷」になった所以です。
「市場」⇒「朝庭」⇒「朝廷」とメタモルフォーゼ。
夏商集団(後の夏王朝)にとって「宮廷儀礼」の演出道具、
玉璋と銅爵は夏商集団だった故にゲットできた代物です。
二里頭の首都を中心に東西南北へ商材を求め、
夏商達はより遠くへ足を伸ばし、交易を繰り返し、
その結果、入手できた貴重な「商品・技術」だったのです。
又、先週「龍」についてペンディングした件です。
こちらは宮廷儀礼用具ではなく、みんなを驚かせる一品、
ターコイズブルー鮮やかな「トルコ石製の龍」が二里頭遺跡に。
これも、中国西域を担当された夏商さんの賜です。

尚、
「百聞は一見にしかず」と画像がないか探索、漸く発見、感謝・感激!
「中国大好き 米田政志」さんが
「史跡旅「中国最古の王都洛陽二里頭遺跡へ」(後編)」
「玉璋」
「銅爵」
「酒器は陶器製」が「鬹」に似寄り
「翡翠で出来ていて中国最古の龍トーテム」が「トルコ石製の龍」
わたくしどもが言葉に託した「実物」すべてを紹介して下さっています。
是非、ご覧下さい。 米田さん有り難うございました。 続く。

| | コメント (0)

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »