« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月27日 (土)

三国志 正史扱い認定 676

290年4月御年55歳で司馬炎「崩(御)」。
息子の司馬衷(259~307)が即位。この年、張華は「太子少傅」に。
*太子少傅・・(司馬遹<278~300>)皇太子の教育職
「三国志」執筆終了はこの年、或いは、遅くとも翌年291年初めの筈。
陳寿の「三国志」を読んで夏侯湛(243~291)が
ご自分で著述した「魏書」を「壊(やぶ)」ってしまい、それ以後
書くことを「罷(や)」めてしまったと。
その夏侯湛が291年に亡くなっているからです。
*夏侯湛・・夏侯淵(?~219)(曹操の義弟)の曾孫 
又、張華は「三国志」の出来映えを褒め、
「晋書」の執筆をも依頼する程であったと高く評価しています。
その後の張華は晋朝の政変事後処理に対する功労から昇進を重ね
296年1月には「司空」を与えられる迄に。(著作郎も兼任)
*著作郎・・中書省に属して国史の編集や制作を司ることを職務
一方、陳寿は母が亡くなった際、母の遺言である「洛陽の地に葬る事」
を忠実に実行した為、又々、非難を浴び失業の憂き目に。
儒教では親が亡くなった際、
親の生まれ故郷に埋葬しなければならないとの教えであったみたい。
後、陳寿は「太子中庶子」を与えられるも辞退、
297年病の為亡くなります。
陳寿の死後すぐに、
中書省官僚らの請願、張華のサポート、詔が下り、
「三国志」はここに「正史扱い」として認定されたのです。
このお陰で三国志は散逸せず、今現在でもわたくし達は
「魏志倭人伝」に接することが可能なのです。

間もなく(2019/05/01)、「元号」が平成より令和に変更になります。
この「元号」も中国王朝文化名残一つ。
現在、地球上で「元号」使用している国家は「日本」のみ。
「元号」はとても奥深い歴史・文化が背景に。
連チャン10日の元号変更祝休日に一考でも・・・・・。
次回、5/11からは「魏志倭人伝」読み解きます。 続く。

| | コメント (0)

2019年4月20日 (土)

陳寿 呉滅亡で三国志執筆 675

陳寿の三国志執筆は280年3月呉滅亡以降と思われます。
呉が未だ君臨していたなら魏・晋朝の正統性を記載できません。
もう一つ、三国志で異国を記述した部分は
「魏書三十 烏丸鮮卑東夷伝」のみなのです。
北狄(烏丸鮮卑以外)・西戎・南蛮の国々の子細は一切ありません。
この「烏丸鮮卑東夷伝」の中でも「東夷伝」の分量が
圧倒的に多いのです。
これらの細かい著述はある部分、張華の情報提供と思われるのです。
張華の人望とスピード出世を嫉む既得権豊富な官僚は何とか
彼の追い落としを常に謀っていました。
晋書 張華伝に依ると、
司馬炎大お気に入り「荀勖(?~289)」が首謀者とか。
彼の恨みにより、張華は中央から地方へ飛ばされてしまいます。
282年 張華は持節 都督幽州諸軍事 領烏桓(丸)校尉 安北将軍
を拝命(東北方面郡総司令官)として辺境に赴任します。
とは云うものの、この地、幽州(燕国 後の北京)は彼の故郷。
中央へ呼び戻される288年迄、彼は持ち前の才能・政治力を駆使、
遼西・遼東地区、楽浪・帯方郡はもとより、
烏丸、鮮卑、夫余、高句麗、沃沮、挹婁、馬韓、辰漢、弁辰、倭に
住まう方々を慰撫、善政を敷いた為、それ迄歴代王朝に「朝献」しな
かった20余国が晋王朝の首都洛陽へ使者を遣わし「朝貢」したとか。
又、穀物豊作・人馬屈強となり
北東西方面に対する「虞(おそ)」れがなくなったと。
*朝献=朝貢
お土産持参、朝会に参列、皇帝に拝謁、皇帝から返礼土産を頂く
一連の儀式。朝献側は存在認証、皇帝側は朝廷内・民への示威。
*虞・・懸念、心配、憂い、恐れ。
余りにも張華の業績が芳しい故、「朝議」で、張華を中央呼び戻し
「(宰)相」にし、「号」を「儀同(=儀同三司)」とする決定。
しかし、ここでも張華の昇進を阻むお方、「馮紞」の策謀で(宰)相の件
は没、288年漸く張華は洛陽に帰京し閑職である「太常」に就任。
但し、運悪く「太廟屋棟」が破損、免職の憂き目に遭う事に。
以後、張華は司馬炎皇帝の間、「列侯」のみで「朝見」したとの事。
*儀同・・儀礼の格式が三司(馬・徒・空)に同じの意
*馮紞・・(?~286)司馬炎お気に入り官僚
*太常・・宗廟礼儀を掌る職
*宗廟・・祖先の霊を祀る宮殿
*列侯・・最上位爵位
*朝見・・天子(皇帝)に拝謁する事
288年 張華57歳 陳寿56歳
陳寿はこの間、「三国志」執筆に勤しんでいたのでしょう。
大半は完了し残すは「烏丸鮮卑東夷伝」だったのでは?
6年間に及ぶ辺境政軍務に当たった張華に陳寿はそちらの状況を
逐一お聞きになったと思われます。 続く。

| | コメント (0)

2019年4月13日 (土)

陳寿(壽)父は馬謖に連座 674

ここで「三国志」好きの皆様に取って置きのお話を。
何と、陳寿(壽)の父は諸葛亮(孔明)が評価した「馬謖(ばしょく)」の
「参軍」をなさっていたのです。
*参軍・・将軍の幕僚。将軍を補佐する参謀。
三国志演義で有名な「泣いて『馬謖』を斬る」のあの馬謖さん。
*三国志演義・・「明」初期に書かれた三国時代を題材とした時代小説
*明・・1368~1644続いた明朝
諸葛亮(181~234)は
馬 謖(190~228)の才能・器量・力量をこよなく「愛し」ていました。
「三国志」ファンはよくご存じと思われますが、
呉と再同盟を結び東に憂い無く、南蛮を平定し背後防備をし、
いよいよ魏打倒で北伐に向かった時期になります。
その課程の戦いでの出来事「街亭の戦い(228年)」です。
*街亭・・現在の甘粛省天水市秦安県
張郃を将とする魏軍を迎え撃つ蜀軍の総大将に
魏延・呉懿・趙雲・鄧芝等々名だたる将軍が居並ぶ中、
諸葛亮は蜀の行く末を託したい馬謖を指名したのです。
総大将の馬謖は兵を率い進軍。
街亭に着くや馬謖は入城せず、山に陣を敷いて張郃を待ち構えます。
(諸葛亮の馬謖への指令は入城戦術)
この馬謖の作戦が功を奏せず、張郃軍の攻撃に耐えられず敗走。
馬謖は軍令違反で敗軍の将となってしまったのです。
諸葛亮は組織防衛の為、苦渋の選択、「泣いて『馬謖』を斬る」に。

三国志 蜀書 巻三十五 諸葛亮伝
「戮(馬)謖以謝衆」
三国志 蜀書 巻三十九 董和伝
「(馬)謖下獄物故 (諸葛)亮為之流涕」

董和伝では馬謖が獄死で、諸葛亮は「涕(涙)」を流した。
諸葛亮伝では馬謖を「戮(殺)」し衆目に謝罪した。
ここから、小説脚色「泣いて『馬謖』を斬る」では。
それはさて置き、
馬謖参軍、陳寿(壽)の父は連座、「髠(刑)」に処せられます。
*髠(刑)・・髪をカットされ禿げ(ヘッドスキン)にされる刑
現代ではとてもファッショナブル?になるのですが儒教世界では
体を傷つける事は以ての外、とても恥ずかしい事だった感じ。
しかし、命を取られなかったお陰で陳寿(壽)がこの世に登場できた
のですからこの程度の刑で良かったと思うのですが???
 続く。

| | コメント (0)

2019年4月 6日 (土)

張華と陳寿(壽)の歩み 673

陳寿(壽)は晋で「佐(副)著作郎」としてデビューするのですが、
彼の才能を評価した張華も若くして「佐著作郎」になっています。
晋書張華伝に就任時期が記載されていませんので
時系列で迫ってみます。
249年 司馬懿(179~251)のクーデターで魏朝の実権を握る 華18歳
251年 司馬師(208~255)(司馬懿の長男)が受け継ぐ 華20歳
255年 司馬昭(211~265)(司馬懿の次男)が受け継ぐ 華24歳
   この間、張華は「佐著作郎」 ⇒ 「長史」 ⇒ 「中書郎」へ
          張華の「中書郎」職務は抜群の出来映え
265年 司馬炎(236~290)(司馬昭の長男)が晋皇帝に 華34歳
          張華は「黄門侍郎」を拝命、「関内侯」に封じられる
*長史・・留守番政務代行職
*中書郎・・奏聞を天子に奏し、勅書を臣下へ渡す職
*関内侯・・臣下の最上位爵位「列侯」に次ぐ爵位
*黄門侍郎・・皇帝副相談役
268年 陳寿(壽)、晋の「佐著作郎」に 華37歳 寿36歳
270年 譙周死去 華39歳 寿38歳
274年 「蜀相諸葛亮集」を編纂し奏上 華43歳 寿42歳
         (「泰始十年<274年>二月一日癸巳 平陽侯相臣陳寿上」
          三国志 蜀書五 諸葛亮伝)
         これにより、著作郎に任じられ
        「本郡(巴西郡)の中正(官吏有資格者選定人)も兼任」
278年 呉征討の為、鎮南将軍として襄陽(現在の湖北省襄陽市)に
         赴く杜預が司馬炎に陳寿(壽)を黄門侍郎、或いは、散騎常侍に
         推薦。これが功を奏し「御史治書(法務担当職)」に
         華47歳 寿46歳
         張華が陳寿(壽)を「中書郎」の兼任を推挙するも没に
279年 張華は度支尚書に 華48歳 寿47歳
280年 呉消滅 多大に寄与した張華は広武県侯に 華43歳 寿42歳
         これにより張華は名声を博し儀礼・憲章作成等は張華の手に
         又、「台輔」をも望める状況に
*杜預(222~284)・・呉滅亡に貢献 張華と呉征討計画同意見
*散騎常侍・・副「黄門町家侍郎」
*中書郎・・詔勅の記録、伝達職次官
*度支尚書・・財政収支を掌る職
*広武県侯・・爵位アップ?10,000戸増邑+絹一万匹 子供も「亭侯」に
*亭侯・・爵位(1,500戸)
*台輔・・三公の位で天子を輔佐、官僚を統率する職
*三公・・官僚の最高職 司馬(相談役)・司徒(相談役)・司空(副総理)
 続く。

「三国志の著者 陳寿(壽)」で紹介した「佐藤利行」氏が
張華伝の通釈をして下さっています。お目通し下さいませ。
(国立国会図書館 電子図書館蔵書
六朝文人伝「張華」 ― 『晋書』張華伝―

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »