« 三国志魏書 魏三十(倭人伝)-1 665 | トップページ | 三国志魏書 魏三十(倭人伝)-3 667 »

2019年2月 2日 (土)

三国志魏書 魏三十(倭人伝)-2 666

「男子無大小皆黥面文身 自古以来 其使詣中国 皆自称大夫
 夏后少康之子封於会稽 断髪文身以避蛟龍之害
 今倭水人好沈没捕魚蛤 文身亦以厭大魚水禽 後稍以為飾
 諸国文身各異 或左或右 或大或小 尊卑有差 計其道里 当在会稽
 東冶之東 其風俗不淫 男子皆露紒 以木綿招頭 其衣橫幅
 但結束相連 略無縫 婦人被髮屈紒 作衣如単被 穿其中央
 貫頭衣之種禾稲 紵麻 蠶桑 緝績 出細紵 縑綿
 其地無牛馬虎豹羊鵲 兵用矛楯木弓 木弓短下長上
 竹箭或鉄鏃或骨鏃 所有無与儋耳朱崖同
 倭地温暖 冬夏食生菜 皆徒跣 有屋室 父母兄弟卧息異処
 以朱丹塗其身体 如中国用粉也 食飲用籩豆 手食 其死 有棺無槨
 封土作塚 始死停喪十余日 当時不食肉 喪主哭泣 他就歌舞飲酒
 已葬 挙家詣水中澡浴 以如練沐 其行来渡海詣中国 恒使一人
 不梳頭 不去蟣虱 衣服垢汚 不食肉 不近婦人 如喪人 名之為持衰
 若行者吉善 共顧其生口財物 若有疾病 遭暴害 便欲殺之
 謂其持衰不謹 出真珠青玉 其山有丹
 其木有楠杼予樟楺櫪投橿烏号楓香 其竹篠簳桃支
 有薑橘椒蘘荷不知以為滋味 有獮猿黒雉
 其俗挙事行来 有所云為輙灼骨而卜 以占吉凶 先告所卜
 其辞如令亀法 視火坼占兆 其会同坐起 父子男女無別 人性嗜酒
 (魏略曰 其俗不知正歳四節 但計春耕秋收為年紀)
 見大人所敬 但搏手以当跪拝 其人寿考 或百年 或八九十年
 其俗国大人皆四五婦 下戸或二三婦 婦人不淫不妬忌
 不盗窃少諍訟其犯法 軽者没其妻子 重者没其門戸及宗族尊卑
 各有差序足相臣服收租賦 有邸閣国 国有市 交易有無
 使大倭監之自女王国以北 特置一大率検察 諸国畏憚之
 常治伊都国於国中有如刺史 王遣使詣京都
 帯方郡諸韓国及郡使倭国 皆臨津捜露
 伝送文書賜遺之物詣女王 不得差錯
 下戸与大人相逢道路 逡巡入草 伝辞説事 或蹲或跪 両手拠地
 為之恭敬 対応声曰噫 比如然諾」

三国志魏書 魏三十(倭人伝)の原文はこちらでご確認下さい。
(国立国会図書館 電子図書館蔵書 「三国志魏書 魏三十」14行)

 続く。

|

« 三国志魏書 魏三十(倭人伝)-1 665 | トップページ | 三国志魏書 魏三十(倭人伝)-3 667 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 三国志魏書 魏三十(倭人伝)-1 665 | トップページ | 三国志魏書 魏三十(倭人伝)-3 667 »