« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月 8日 (土)

死諸葛(孔明)走生(司馬懿)仲達 663

214年 劉備 成都(蜀)を占拠
215年 曹操 漢中を占領(張魯率いる鬼道神政国家が降伏)
219年 劉備 その漢中を攻略奪取
220年 曹操 死去(享年66歳) 息子、曹丕(文帝)が魏の皇帝に
226年 曹丕 僅か6年後に死亡(享年40歳) 息子、曹叡が皇帝に
曹丕(文帝)の遺言で
「曹真」「曹休」「陳群」「司馬懿」の4人が
曹叡(明帝)(204 or 206~239)を補佐・後見する事に。
曹真(?~231)・・曹操の甥 鎮西将軍として辺境西域等を防衛
曹休(?~228)・・曹操が育て親 征東将軍として江蘇・安徽省を防衛
陳群(?~236)・・侍従等官僚 鎮軍将軍として河南省を防衛
司馬懿(179~251)・・曹丕に重用 撫軍将軍 河南省許昌で孫権と対峙
229年 曹真の働きで大月氏王波調(はちょう)の使者が魏に来訪
明帝は「親魏大月氏王」の称号を贈与
231年 曹真が病死、諸葛亮が陝西省へ進撃
この危機に明帝は司馬懿を河南省許昌から西安に移駐させ防衛を。
(曹真の息子、曹爽<?~249>が未だ若くこの任が覚束ない為)
232年 孫権(呉)と劉備(蜀)が魏を東西から挟み撃ち協定を結ぶ
その一環として孫権は東北辺境の雄、公孫淵に使者を海路で派遣。
公孫淵は孫権を主君と仰ぐと表明。
233年 孫権は欣喜雀躍、公孫淵に「燕王」の称号と贈り物、及び、
一万人の将兵を海路で送る。
しかし、明帝は河北・山東省の軍に公孫淵討伐の命。
これに公孫淵は恐れ孫権の使者を殺害、明帝と和解、孫権怒り心頭。
234年 諸葛亮、五丈原で病死
*五丈原
中国陝西省西安市の西、岐山県の西南にある三国時代の古戦場。
二三四年、蜀の諸葛孔明が魏の司馬懿(しばい)と対戦し、病没した
(日本国語大辞典 小学館)
この「五丈原の戦い」で有名な故事、
「死諸葛走生仲達」(蜀書 諸葛亮伝注)
(死せる諸葛<孔明>生きる<司馬懿>仲達を走らす)。 続く。
 
ところで、今年もお世話になりました。
2018年度の出稿は本日でお仕舞い。
皆様におかれましては良いお年をお迎え下さい。

| | コメント (0)

2018年12月 1日 (土)

204年公孫康が帯方郡設置 662

一方、同時期、後漢朝の北東辺境だった「遼東・楽浪郡」の状況を
見る事にします。
遼東は現在の遼寧省遼河以東の地域。
189年公孫度(こうそんど)(?~204)が遼東太守(遼東郡長官)に。
董卓の洛陽クーデターに乗じて「遼東・玄菟・楽浪郡」を纏めて独立。
204年公孫度死去に伴い息子の公孫康(?~221)が遼東太守。
この公孫康が楽浪郡屯有県以南を分割、
帯方郡を設置したのです。
*帯方郡
古代、朝鮮半島の中部西岸に置かれた中国の郡名。後漢末に遼東
太守の公孫度が楽浪郡を併有、その子公孫康が同郡の南部を分割
して称したもの。三一三年、韓・濊(わい)族によって滅ぼされるま
で約一一〇年間存続。倭との通交で名高い。(日本国語大辞典)
後漢朝が事実上瓦解したので韓・倭の接点はこの「帯方郡」のみに。
公孫康がなくなった後に弟の公孫恭が継ぎ、
228年公孫康の息子、「公孫淵(~238年)」がリーダーとして登場。
上記が北東辺境での政治状況の推移。
この間中央中国大陸では皆さん大好きな
「魏・蜀・呉(三国時代)」に突入していたのです。
少しだけ触ると
各国の頭目、及び軍師・重臣は
魏・・曹操(155~220) 司馬懿(179~251)
蜀・・劉備(161~223) 諸葛亮(181~234)
呉・・孫権(182~252) 周瑜 (175~210)
各国の都は
曹操・・鄴(ぎょう)(204年~) 現在の河北省邯鄲市臨漳県
劉備・・成都(214年~) 現在の四川省成都市
孫権・・南京(211年) 現在の江蘇省南京市
三国時代の子細は皆さんよくご存じだからここでは省きまーす。
220年曹操が他界、
息子の曹丕(187~226)は名ばかりの皇帝「孝献帝」を退位させ
自ら皇帝になり国号を「魏」に改め、洛陽に遷都します。
故に、実質の三国時代は220年~となるのです。 続く。

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »