« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月24日 (土)

鬼道が 巴・漢中を制する 661

先週の「魏書八 張魯伝」をご覧下さい。
張魯は「鬼道」を以て民衆に教え諭した。
自ら「師君」と称す、初めての信者は「鬼卒」と。
信心深く道を会得する者は「祭酒」に。
信者を多く束ねる者は「大祭酒」になり、その集団の頭目に。
教義は「誠実」・「嘘偽り無し」。
病気になればその過ちを告白(キリスト教の懺悔?)。
張角の起こした黄巾賊(太平道)の考え方に似ている。
「祭酒」達は「義舍」を作り、
そこに「米肉(食料)」を備え遠くから来た信徒を収容。
食料は好きなだけ食べさせ、
食べ過ぎた者には「鬼道」がその者を病にしてしまうとか。
法を犯す者は「三原」(これ不明)、然る後に刑罰を与える。
役人を置かず、「祭酒」が治める為、「民夷」は楽ちんちん。
巴(現在の四川省東部と重慶市)・漢中に「雄拠」する事何と30年と。
と記述されています。
鬼道(五斗米道)=宗教集団結社が30年もの長期間に渡り
「神政国家」を営むとは驚き桃の木では。
この張魯率いる鬼道国家は後の魏の武帝「曹操」に恭順。(215年)
しかしながら曹操は張魯、及び、鬼道結社の力量に感心、
張魯の子息五子を「候」に取り上げ、更に張魯のお嬢さんを
ご自分の息子、「曹宇」のお嫁さんに迎えた程なのです。
貧するとついつい己の信じる道を進まず「宗教」に心身を委ねてしまう
この構造、既にこの時代に生まれていたのです。
それにしても恐るべし「鬼道」では。 続く。

| | コメント (0)

2018年11月17日 (土)

張魯 漢中にて布教活動 660

「三国志」で鬼道について触れている箇所があります。
魏書八 張魯伝
「張魯字公祺 沛国豊人也 祖父陵 客蜀 学道鵠鳴山中 造作道書以
 惑百姓 従受道者出五斗米 故世号米賊 陵死 子衡行其道 衡死
 魯復行之 益州牧劉焉以魯為督義司馬 与別部司馬張脩将兵撃漢中
 太守蘇固 魯遂襲脩殺之 奪其衆 焉死 子璋代立 以魯不順
 盡殺魯母家室 魯遂拠漢中 以鬼道教民 自号師君 其来学道者
 初皆名鬼卒 受本道已信 号祭酒 各領部衆 多者為治頭大祭酒
 皆教以誠信不欺詐 有病自首其過 大都与黄巾相似
 諸祭酒皆作義舍 如今之亭伝 又置義米肉 懸於義舍
 行路者量腹取足若過多 鬼道輙病之 犯法者 三原 然後乃行刑
 不置長吏 皆以祭酒為治 民夷便楽之 雄拠巴漢垂三十年」
五斗米道の創始者は「張陵」。
蜀(現在の四川省)の「鵠鳴山」で修行・布教活動に勤しむ。
賛同者は「五斗米」を供出することから「(五斗)米賊」と。
彼の死後、息子の「張衡」が二代目に。
この「張衡」の奥様が先週紹介した妖艶で鬼道を操る「張魯母」。
張衡亡き後、三代目が「張魯」。
時は190年、その前年「董卓」が洛陽でクーデター。
群雄割拠時代に突入。
すっかり張魯母の虜になった益州(蜀 現在の四川省)牧の劉焉は
彼女の息子、張魯をリーダとして五斗米道信徒らを「漢中」へ派遣。
この五斗米道信徒らは軍事集団でもあったのです。
*漢中
中国の秦嶺山脈と大巴山脈に囲まれた盆地状の地域。北は揚水盆地、南は四川盆地に通じ、漢水が貫流して東南は揚子江に通じる。漢の全国支配の拠点となり、三国時代には魏、蜀の争奪の地となった。漢。(日本国語大辞典 小学館)
張魯らは漢中太守「蘇固」らを殺害、漢中を占領する快挙。
張魯はそのまま漢中に留まり「鬼道」の布教活動を展開。
やがて(194年)劉焉が病死、息子の劉璋が後を継承。
張魯はその劉璋と折り合いが悪く、劉璋の命を聞き入れない始末。
この張魯の呈に劉璋は怒り心頭、(200年)
父の愛した張魯母の命を絶ってしまうのです。 続く。
三国志 魏書 張魯伝の原文はこちらでご確認下さい。

| | コメント (0)

2018年11月10日 (土)

張魯母始以鬼道 又有少容 659

再び、「張魯母始以鬼道 又有少容 常往来焉家」。
この文章「三国志」より約156年後に史書扱いになった「後漢書」で
「沛人張魯 母有恣色 兼挟鬼道 往来焉家」と記述されています。
(後漢書 劉焉袁術呂布列伝)
張魯の母は「有少容」・「有恣色」と記されています。
漢和辞典で「少容」、及び、「恣色」を調べても残念ながら有りません。
でも何となく感じませんこと?

「小」は若い、「容」は姿。
「恣」は思いのまま、「色」はちょいと恥ずかしくて書けません。
「容色」は艶(つや)・輝きがある姿・顔を持ち合わせた女性。
(新漢和辞典 大修館書店からの連想)

十中八九、
彼女は男性を虜にしてしまう美しく妖艶な女性だったのでは?
更に、彼女は「呪術」の使い手なのです。
*呪術
超自然的な力を直接的方法でよびおこし、望んでいる現象を起こ
させようとする行為。「まじない」と「うらない」とがある。魔術。
魔法。(日本国語大辞典 小学館)
益州(蜀 現在の四川省)に赴任した劉焉は彼女にイチコロ。
「毎日私の住まいにいらっしゃい」ってなもんでしょう。
又、劉焉は五斗米道の組織利用も当然考えたのでしょう。
張魯の母も彼を手玉に取り、息子、張魯の幸せを願ったのでしょう。
利害が一致したお二人は万々歳では?

因みにこの「鬼道」の西洋的解釈は
*シャーマニズム
(英 shamanism) シベリア北部の原住諸民族が創始し、極東地方に
伝わったとされる原始宗教の一つ。シャーマンと呼ばれる巫女、
あるいは巫者が、厳格な修行によって神や精霊と直接交わる能力
を得、一種の没我の境地のなかに悪霊や病魔を追い払い、吉凶の
判断、予言などを行なうもの。日本の原始宗教もその流れを汲む
ともいわれる。(日本国語大辞典 小学館)
 続く。

| | コメント (0)

2018年11月 3日 (土)

張魯母始以「鬼道」 658

「張魯母始以『鬼道』 又有少容 常往来焉家」!
*鬼道
あやしげな術。妖術。魔術。〔魏志‐倭人伝〕
*妖術
人をまどわすあやしい術。奇怪なわざを見せる術。幻術。魔法。
*魔術
魔力によって行なう不思議な術。人心をまどわす不思議な術。
妖術。魔法。
自然やものが発揮する不思議な力。
*幻術
人の目をくらます怪しい術。妖術。魔法。
*魔力
人を迷わし、また引きつける不思議な力。
(日本国語大辞典 小学館)

「鬼道」について日本国語大辞典への執筆者は「魏志倭人伝」を
参考していますので
「名曰卑彌呼 事『鬼道』 能惑衆」
(名は卑彌呼と云い 鬼道に事<つか>え 能く衆を惑わす)
を引用している事になります。
益州(蜀 現在の四川省)で起こった「鬼道」とは異なるのか?

然らば、 「世界大百科事典 第2版」での「鬼道」
「中国において,鬼とは本来死者の霊魂,幽冥の世界における霊的存
 在を意味し,天界,人界を貫く原理法則をそれぞれ〈天道〉〈人道〉と
 いうのに対して,鬼神の世界を貫く原理法則を〈鬼道〉という。また,
 帝王の主宰する万神の祭壇の八方に設けられる鬼神の通路を文字
 どおり鬼道と称する。
 一方,巫覡(ぶげき)などの行う呪術および国家非公認の呪術的宗
 教などもまた鬼道といわれる。
 後漢末から三国魏の時代にかけて,四川,陝西両省にまたがる一大
 宗教王国を築いた五斗米道教団の第3代教主である張魯は,主とし
 て符(おふだ)や呪水といった呪術的方法を用いて病人の治療を行
 い,その勢力を拡大していったが,当時の史書は張魯の教法を鬼道
 と決めつけている。」
*呪術
超自然的な力を直接的方法でよびおこし、望んでいる現象を起こ
させようとする行為。「まじない」と「うらない」とがある。魔術。
魔法。(日本国語大辞典 小学館)

世界大百科事典の執筆者は益州の「鬼道」として説明されています。
 続く。

| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »