« 董卓 養子の呂布に殺害される 656 | トップページ | 張魯母始以「鬼道」 658 »

2018年10月28日 (日)

劉焉 益州(現四川省)牧に就任 657

後漢朝の都、洛陽での董卓の奮戦経緯を記しました。
当然の事ですが時間は分け隔てなく全ての方々に配されています。
184年黄巾賊の乱等発生以降の異空間を垣間見てみます。
先ずは洛陽の南西、益州(蜀 現在の四川省)、及び、漢中での空間。
*漢中
中国の秦嶺山脈と大巴山脈に囲まれた盆地状の地域。北は揚水盆
地、南は四川盆地に通じ、漢水が貫流して東南は揚子江に通じる。
漢の全国支配の拠点となり、三国時代には魏、蜀の争奪の地とな
った。(日本国語大辞典 小学館)
黄巾賊の乱等により各地は社会混乱に陥いります。
これを解消する為、188年孝霊帝は州牧(=刺史<地方長官>)
を各州に派遣します。益州担当に任命されたのが劉焉(?~194)。
彼は前漢景帝(B.C.188~B.C.141)の末裔とか。
ここからは「三国志」のお力を。
*三国志
中国の正史。六五巻。晉の陳寿撰。魏・呉・蜀三国の歴史。魏志
三〇巻、呉志二〇巻、蜀志一五巻からなる。魏志の「東夷伝‐倭
(魏志倭人伝)」は日本に関する最古の文献の一つで、日本上代史
研究上貴重な資料となっている。(日本国語大辞典 小学館)

三国志 蜀書 劉焉伝
「是時梁州逆賊馬相趙祗等於綿竹県自号黄巾 合聚疲役之民 一二
 日中得数千人 先殺綿竹令李升 吏民翕集合万余人 便前破雒県
 攻益州殺倹 又到蜀郡 犍為 旬月之間 破壊三郡 相自称天子
 衆以万数 州従事賈龍素領兵数百人在犍為東界 摂㪘吏民
 得千余人 攻相等 数日破走 州界清静 龍乃選吏卒迎焉 焉徙治綿
 竹 撫納離叛 務行寬惠 陰図異計 張魯母始以鬼道 又有少容
 常往来焉家 故焉遣魯為督義司馬 住漢中 断絶谷閣 殺害漢使
 焉上書言米賊断道 不得復通」
*梁州(現在の陝西省南部)

梁州の綿竹県で逆賊の馬相・趙祗等が黄巾と称。
梁・益州で反乱を起こすも益州従事賈龍により制圧される。
賈龍は劉焉を益州に迎える。
劉焉は離叛者を慰撫、益州人に心広くして恵む善政。
とは云うものの彼は「陰図異計(裏で謀を企図)」。 続く。

三国志 蜀書 劉焉伝の原文はこちらでご確認下さい。
(国立国会図書館 電子図書館蔵書 「三国志蜀書一ノ二」P7 18行)

|

« 董卓 養子の呂布に殺害される 656 | トップページ | 張魯母始以「鬼道」 658 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 董卓 養子の呂布に殺害される 656 | トップページ | 張魯母始以「鬼道」 658 »