« 倭人 朝鮮半島で鉄貨幣使用 642 | トップページ | 奉貢朝賀 奉献 通称「朝貢」とは 644  »

2018年6月30日 (土)

57年・107年奴国・倭国朝賀参列 643

後漢書 東夷列伝の
57年倭の奴国が貢を奉って朝賀した記述の次がいきなり50年経過、

「安帝永初元年(107年) 倭国王帥升等献生口百六十人 願請見」
*請見(せいけん) 謁見を乞う事(日本国語大辞典)

と記されています。
107年倭国王、帥升(すいしょう)らが生口(せいこう)百六十人を献じ、
帝への謁見を願った。
生口は倭国に雇われた朝鮮半島にお住まいの方々かしら
この時代、後漢朝の帝は孝安帝、それも即位2年目。
後漢朝の帝の流れ整理しますと

1光武帝 (B.C.6~57  帝位25~57) 即位31歳 在位32年
2孝明帝 ( 28~ 75 帝位 57~ 75) 即位30歳 在位18年
3孝章帝 ( 57~ 88 帝位 75~ 88) 即位19歳 在位13年
4孝和帝 ( 79~105 帝位 88~105) 即位10歳 在位17年
5孝殤帝 (105~106 帝位105~106) 即位01歳 在位100日程
6孝安帝 ( 94~125 帝位106~125) 即位13歳 在位19年

後漢初代光武帝以降5孝殤帝迄は直系ですが、
孝殤帝の夭折に伴い、急遽3孝章帝のお孫さん6孝安帝が帝位に。
この経緯は取り巻き達の帝位継承権益獲得闘争の為。
後漢朝は1光武帝没50年程経過後にも内部崩壊が。
中国王朝「ごたごた崩壊パターン」の露見です。
6孝安帝即位を内外へ華々しく演出する為、
倭国朝賀参列が必要不可欠だったやも知れません。
「願請見」と記載されていますが、逆お願いであった可能性が大です。
後漢書 孝安帝紀に

「(永初元年=107年)冬十月 倭国遣使奉献」
*奉献 お土産を贈呈する事

倭国が使を遣わして奉献した。
とされていますのでこのイベントは大成功だったのでしょう。
又、「倭国王帥升等」から
107年の倭国王名は「帥升」、「等」から倭国に属する?「奴国」等の王
達(各地頭目)もお土産経費負担に参加されたと推定されます。

余談ですが、「倭国遣使奉献」の2年前(105年)、後漢の役人、
宦官の蔡倫(さいりん)が樹皮、麻、破れた布・漁網を用いて「紙」を
作成し孝和帝に差し上げたとか。

後漢書 宦官列伝
自古書契多編以竹簡 其用縑帛者謂之為紙 縑貴而簡重 並不便於人
倫乃造意 用樹皮 麻頭及弊布魚網以為紙 元興元年(105年)奏上之
帝善其能 自是莫不従用焉 故天下咸称蔡侯紙

それ迄、記述用の用いられた竹簡は重く、絹布は高コストで
不便だったがこれ以降「蔡侯紙」を使用するようになったと。
とは云え、この紙は朝廷管理、更に、庶民にはこれでも高価過ぎ利用
できなかった。(一方、文字を書けた方が極少数であったとも) 続く。

|

« 倭人 朝鮮半島で鉄貨幣使用 642 | トップページ | 奉貢朝賀 奉献 通称「朝貢」とは 644  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 倭人 朝鮮半島で鉄貨幣使用 642 | トップページ | 奉貢朝賀 奉献 通称「朝貢」とは 644  »