« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月26日 (土)

赤眉蜂起軍 樊崇 花と散る 638

「後漢書 光武帝紀」に依ると
A.D.25年9月
「九月 赤眉入長安 更始奔高陵」
赤眉軍の長安入城は9月とされ、更始帝は長安を脱出、高陵へ。
*高陵・・・どこかは不明、お墓のある所
更始帝はやがて投降、璽綬(=帝位記号)を劉盆子に譲渡。
A.D.25年12月
「赤眉殺更始」
赤眉軍は更始帝を抹殺。

月が戻りますがこの年の10月
「冬十月癸丑 車駕入洛陽 幸南宮却非殿 遂定都焉」
劉秀(後の光武帝)は洛陽へ入城、都とします。

一方、赤眉劉盆子軍団、
どうも劉盆子はリーダーの器を持ち合わせていなかった模様。
都、長安を奪取したにも関わらず
政治を行わず長安の街で強盗・略奪に及ぶ始末。
見かねた劉盆子は皇帝位を投げ出そうとする呈に。
さすがの諸将はこれを留めたとか。
これでは組織の瓦解は致し方ありません。

「赤眉貪財物 復出大掠 城中糧食尽 遂收載珍宝 因大縦火焼宮室
引兵而西 略 赤眉入復長安 止桂宮」(後漢書 劉玄劉盆子列伝)
やがて、長安の食糧が尽きると西方へ赴き、再び長安に戻る顛末。
時の政権打倒を目論む反乱分子軍団は
打倒後の展望を持ち合わせないとこうなる教訓・教示です。
A.D.27年正月
「樊崇乃将盆子及丞相徐宣以下三十余人肉袒降 上所得伝国璽綬」
(劉玄劉盆子列伝)
遂に、赤眉蜂起軍の頭目、樊崇らは力尽き矢折、
劉秀軍に裸体で投降、璽綬を渡す羽目に。
「其夏 樊崇 逢安謀反 誅死」
「帝憐盆子 賞賜甚厚」(劉玄劉盆子列伝)
赤眉軍実質リーダー、樊崇は花と散り、
赤眉軍傀儡リーダー、劉盆子は劉秀の憐憫の情で存命とか。 続く。

| | コメント (0)

2018年5月19日 (土)

二つの中国 劉盆子・劉秀帝 637

先週、劉盆子による漢帝国が復活したと紹介しました。
ところがどっこい、再び、「二つの中国」が出現したのです。
最初の「二つの中国」は「二つの中国 王莽・劉玄帝」でご確認を。
ここで登場した三国志、劉備の祖先に当たる「劉伯升」。
彼の弟に「劉秀(B.C.06~57)」と云うお方が存在。
劉秀も兄、劉伯升と共に「王莽政権」打倒に立ち上がったお方です。
劉伯升はA.D.23年既に内ゲバにより殺害されこの世におりません。
劉秀も更始帝政権側から疎まれますが「河北」平定要因の為、
「河北」平定要員とされ命を繋ぐ結果に。
*河北・・・黄河の北側地区、現在の河北省
劉秀は伊予曲折を重ね河北を平定、部下から皇位要請され
A.D.25年皇帝に

「六月己未 即皇帝位 略
 於是建元為建武 大赦天下 改鄗為高邑
 是月 赤眉立劉盆子為天子」(後漢書 光武帝紀)
*鄗(県 前漢) ⇒ 高邑(県 後漢) 河北省の県名

「六月 遂立盆子為帝 自号建世元年」(後漢書 劉玄劉盆子列伝)

因みに先週お話しした「漢書王莽伝」では

「六月世祖即位 然後宗廟社稷復立 天下艾安」

皇帝 元号
劉盆子(赤眉軍) 長安 建世
劉秀(緑林・舂陵軍) 高邑県 建武

劉盆子、及び、劉秀の皇帝即位はどちらが先不明ですが
A.D.25年6月に両帝並立状態だった事は明らかです。
この時点では長安在住の劉盆子が格上?だった感じではないかと。
否、この時点では更始帝は生存していますので三帝並立状態やも。
 続く。

| | コメント (0)

2018年5月12日 (土)

赤眉軍 劉盆子立て更始帝打倒 636

漢書に於いて先週の赤眉軍記述から2年半経過後にやっとお目見え。

「明年(A.D.25)夏 赤眉樊崇等衆数十万人入関 立劉盆子 称尊号
 攻更始(帝) 更始(帝)降之 赤眉遂焼長安宮室市里 害更始(帝)」
A.D.25夏 赤眉軍の樊崇らが都、長安にいる更始(帝)殺害した事件。
反乱軍数十万人が函谷関・武関・陸渾関の何れか、或いは、各関を
打ち破り長安に攻め入ったのです。
長安市街も焼き尽くしてしまった模様。
それはさて置き、気になるのは「立劉盆子 称尊号」の記述。
赤眉軍は王莽亡き後、更始帝打倒へ方針転換、緑林軍を見習い、
「劉盆子」と云うお方を皇帝に仕立てた感じ。    

前記、漢書王莽伝の続き
「民飢餓相食 死者数十万 長安為虚 城中無人行 宗廟園陵皆発掘
 唯霸陵杜陵完 六月世祖即位 然後宗廟社稷復立 天下艾安」
と記されています。
長安市民は極度の飢餓状態で「相食(互いに食す)」する悲惨な状況。
餓死者は数十万人に及んだとか。
長安の街は廃墟と化し、誰もいない街になってしまった感。
又、覇陵・杜陵を除く宗廟・墓園は掘り起こされた様子。
A.D.25/6月劉盆子は正式に「皇帝」として即位。
然る後、宗廟・社稷は再興され、世は平静さを取り戻したとの事。
こうして、A.D.17呂母おばさんが立ち上げた赤眉軍は漸く、都、長安を
落としたのでした。 続く。

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »