« 呂母の乱から赤眉軍結集 631 | トップページ | 二つの中国 王莽・劉玄帝 633 »

2018年3月31日 (土)

赤眉軍に触発され緑林軍決起 632

赤眉軍の蜂起に対し長安の東南でも決起部隊が出現。
A.D.20
「南郡張霸江夏羊牧王匡等 起雲杜緑林 号曰下江兵 衆皆万余人」
(漢書 王莽伝)以後「」は漢書 王莽伝
南郡・・・現在の湖北省荊州市にあった郡
江夏・・・現在の湖北省東部にあった郡
雲杜・・・江夏郡にあった県
緑林・・・緑林山(現在の湖北省宜昌市当陽市)

「下江兵盛 新巿朱鮪 平林陳牧等 皆復聚衆 攻撃郷聚」

長安から南、今の湖北省で反乱を起こした下江兵(軍)(=緑林軍)。
(緑林山に立て籠もり政府軍と対置した事から緑林軍と)
新巿・・・下江兵(=緑林軍)の分派隊で新巿軍とも、朱鮪が頭目
平林・・・漢書では説明なし、南陽郡平林県で陳牧が頭目の決起軍
    平林軍とも。後に新巿軍に合流
    南陽郡は現在の河南省南陽市と湖北省随州市・棗陽市一体
    平林県の場所は不明
各軍は周りの郷・聚落を攻撃・略奪に及んでいた模様。
赤眉軍・緑林軍、何やら補色を思わせる命名では?
この二つの決起・蜂起軍について漢書の記述は

「四年(A.D.23)正月 漢兵得下江王常等以為助兵 撃前隊大夫甄阜
 属正梁丘賜 皆斬之 殺其衆数万人」
「及後漢兵劉伯升起 皆称将軍 攻城略地 既殺甄阜 移書称説
  莽聞之憂懼」
漢兵・・・漢王朝復活を目指す劉伯升を頭目とする軍
王常・・・下江兵(軍)(=緑林軍)の頭目

劉伯升は下江兵(軍)(=緑林軍)の援軍を得て、
甄阜(南陽郡太守<郡長官>)・梁丘賜(南陽郡都尉<郡軍事長官>)
及び、南陽郡兵士数万人を殺害したとか。
王莽は長安でその報に接し、憂い懼(おそ)れた模様。 続く。

|

« 呂母の乱から赤眉軍結集 631 | トップページ | 二つの中国 王莽・劉玄帝 633 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 呂母の乱から赤眉軍結集 631 | トップページ | 二つの中国 王莽・劉玄帝 633 »