« 前漢末 儒教一世風靡 628 | トップページ | 王政君崩御 地球寒冷化? 630 »

2018年3月10日 (土)

王莽 大司馬~摂皇帝に 629

元帝の奥様で成帝の母、王政君(王莽の叔母)。(とても長寿なお方)
元帝(B.C.74~B.C.33 在位B.C.48~B.C.33)
王政君(B.C.71~A.D.13 皇后・皇太后・太皇太后B.C.48~B.C.13)
 成帝(B.C.51~B.C.07 在位B.C.33~B.C.07)
 許皇后(?~B.C.08)(皇后位B.C.18迄)
 趙飛燕(?~B.C.01)(皇后・皇太后位B.C.16~B.C.01)
 趙合徳(?~B.C.07)(昭儀=皇帝側室号)
彼女が皇后になったお陰で王一族は「外戚」に。
政治の実権は王一族が握る事になります。血縁はいつの世も・・・。
王政君の兄弟の王鳳(?~B.C.22)は成帝の後見役。
その王鳳が死に際し、甥っ子の王莽(おうもう)に後を託します。
王莽(B.C.45~A.D.23)は父を早くになくした為、
伯母の恩恵を受けられず、勉学に勤しんだ感じ。
しかし、王鳳が彼の何かを見込んだのでしょう。
以後、伯母、叔父のサポートを受け、
B.C.08には「大司馬」(王莽38歳)に昇進。
*大司馬・・・中国古代の官名。周代、六官の一つで夏官の長。
 軍事や運輸をつかさどる。漢代には、大司徒・大司空と共に
 三公に列せられ、中央政府の最高官となる。しかし、
翌年、成帝が崩御。成帝の異母弟、劉康(?~23)の子が帝に。
成帝にはなぜかお子さんが存在しません。愛憎事で殺害されたとか?
B.C.07哀帝(B.C.25~B.C.01在位B.C.07~B.C.01)即位 元帝の孫
これにより、王莽は大司馬の職を失う。
ところが、7年後、哀帝は突如25歳にして崩御。
B.C.01平帝(B.C.09~A.D.05在位B.C.01~A.D.05)即位 元帝の孫
王莽(45歳)は大司馬に復帰。
A.D.04王莽のお嬢さんが皇后に 王皇后(B.C.09~A.D.23)
王莽(49歳)は「宰衡(=宰相)」に。
又、この年「莽奏起明堂辟雍霊台 為学者築舍万区」(漢書 王莽伝)
儒者、及び、儒教主義の為に広大な学び舎を建設。
ところが、ところが、翌年(A.D.05/12月)、平帝は14歳で崩御。
A.D.06/03月劉嬰を皇太子(孺子嬰<じゅしえい>)(A.D.05~A.D.25)に。
(「三月己丑、立宣帝玄孫嬰為皇太子、号曰孺子」
 孺子は宣帝の玄孫に当たるお方 <漢書 王莽伝>)
王莽(51歳)は2歳皇帝の「摂皇帝(仮皇帝)」として
朝廷のトップに君臨。  
A.D.07/9月東郡太守翟義(てきぎ)が乱を起こすも王莽軍が鎮圧。
続く。

|

« 前漢末 儒教一世風靡 628 | トップページ | 王政君崩御 地球寒冷化? 630 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前漢末 儒教一世風靡 628 | トップページ | 王政君崩御 地球寒冷化? 630 »