« 捲土重来 項羽(杜牧 哀惜)2 622 | トップページ | 漢帝国成立 劉邦 武帝 司馬遷 624 »

2017年11月25日 (土)

捲土重来 項羽(杜牧 哀惜)3 623

兵法家、及び、詩人である杜牧は項羽の死を哀れみ惜しみました。
兵法家でも「戦の勝敗」は判断ができかねるとの事。
孫子兵法では多勢に無勢の際は「逃げの一手」です。
魏武帝註孫子 謀攻第三でこれが記されています。

前略
用兵之法
十則圍之
五則攻之
倍則分之
敵則能戰之
少則能逃之
不若則能避之
故小敵之堅
大敵之擒也
後略                  

魏武帝註孫子の原文はこちらでご確認下さい。
国立国会図書館 電子図書館蔵書 「魏武帝註孫子」 9行)

少則能逃之
(味方の兵が)少なければ則ち能<よ>く之(敵)より逃<のが>る

項羽は孫子兵法もさることながら当然、
再起を図る為、逃げに逃げまくったのです。
でなければ、長江を渡り故郷、楚へ帰るべく烏江亭を目指しません。
結果的に、項羽は長江を渡らず自害の道を選びます。
この項羽の選択に対し
杜牧は「羞を包み恥を忍ぶは是れ男児(男の中の男)」と
言い放っています。
しかしながら、「史記 項羽本紀」で、司馬遷は言い伝えをそのまま
表現したのか、或いは彼の想像・創造かは置いといて
項羽は自分に従い参戦奮闘した江東の若者達8,000人の大部分を
死に至らしてしまった事に対し、
「独り心に愧じざらんや」
=「自らの罪を感じ、彼らの親・兄に対し合わせる顔がない心持ち」
と記しているのです。
司馬遷の記述は項羽の罪悪感を「愧じ」としているのであっって
杜牧が詩情した「羞を包み恥を忍ぶ」の「羞」・「恥」とする、
世間が項羽のなした事象を否定的に捉えた結果としての「羞恥」とは決して表現していません。
豪傑で勇猛果敢な項羽は
秦帝国を滅ぼし、結果的に束の間ですが天下を手中にしました。
この云い方も「歴史の結末」を知り得ているからになりますが。
項羽の気持ちを慮るに
烏江亭長の「お節介な進言」に「是れ男児(男の中の男)」を
表出せざる得なかったのです。
この男気は「負の男気(任侠気質)」に当たります。
(負の男気=義の為に命を惜しまない振る舞い)
決して、杜牧が指摘した「羞恥」とは全く異なります。
もし、項羽が「勝ち戦」のみを目途とする冷徹な将軍であるなら
羞を包み恥を忍んで長江を渡ったやも知れません?
しかしながら、彼はそうしませんでした。
又、彼には江東の若者達を無くしてしまった事もさることながら
愛する虞美人を死に追いやった負い目も感じていたのです。
遊び人であった杜牧には嫌でもそこの所は解った筈。
杜牧に哀惜して欲しかったのは「烏江亭長の深謀遠慮の無さ」です。
豪快な男が垣間見せる「優しい人間味」に女性はキュンとするもの!
  続く。

|

« 捲土重来 項羽(杜牧 哀惜)2 622 | トップページ | 漢帝国成立 劉邦 武帝 司馬遷 624 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 捲土重来 項羽(杜牧 哀惜)2 622 | トップページ | 漢帝国成立 劉邦 武帝 司馬遷 624 »