« 史記 項羽本紀原文 烏江 618 | トップページ | 烏江亭の思慮不足で項羽自害 620 »

2017年10月28日 (土)

西楚覇王 項羽 絶命 619

破竹の進撃で居並ぶ秦軍を殲滅し、
西楚の覇王となってからは封建不満分子軍団、及び、漢王軍(劉邦軍)
を悉く破ってきた項羽軍。
初めて、「垓下の戦い」で敗戦を来します。
項羽軍団は真夜中、垓下から逃亡、敗走しながら
一路、追っ手を蹴散らしながら、長江方面へまっしぐら。
ここからが先週紹介した「史記 項羽本紀」原文の意訳。

やっとこそっとこ、長江の渡し場、「烏江」に辿り着くのです。
そこで、運・間が悪く、渡し場の「亭長(役人のボス)」に遭遇。
亭長は項羽軍団を江南(長江南岸地域)へ漢軍から逃がそうと
舟を用意していたのです。
亭長が宣うには
「江南は小さいながらも
 人口は数十万、項羽様は十二分に王になれます。
 ここの渡し場には私の舟しかありませんので
 漢軍は長江を渡れません。
 項羽様、どうか早く舟にお乗り下さい。」と
その言に対し、苦笑して項羽は答えます。
「天が私を亡ぼそうとしているのになんでこの河を渡れるか。
 以前私は江東の若者達8,000人を引き連れこの長江を渡り西へ進軍。
 しかしながら、今、彼らはここに誰一人としていない。
 たとえ彼らの親・兄が私を憐れみ王とし迎えても、
 私はどの面(つら)下げて遺族に会う事ができようか。
 たとえ悲しみに暮れる遺族らが私に何も云わないとしても
 私は悪いことをしたと思って心に痛みを感じるんじゃよ。」
又、項羽は亭長に
「貴男の奇特な気持ちに感謝する。
 そこで私の愛馬で駿馬(騅)を殺すのは忍び難く貴男に授ける。」と
そして項羽は従う僅かな騎馬兵を下馬させ、追っ手の漢軍へ突撃。
豪傑項羽は敵兵を殺傷するも深手の創(きず)を負う始末。
ふと振り返ると昔は味方であった「呂馬童」の姿を発見、すると項羽は
「お前は故人(幼なじみ)じゃないか。」と。
呂馬童は項羽をチラ見し、
「ここにいるのが項王だ。」と周りに告げた。
それに対し、項羽は平然と
「私の首に賞金がかかっていると聞いている。
 故に、お前に私の首を与えよう。」と云い
自ら首を刎(は)ね、ここに西楚の覇王、項羽は絶命。

ってな感じ。 続く。

|

« 史記 項羽本紀原文 烏江 618 | トップページ | 烏江亭の思慮不足で項羽自害 620 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 史記 項羽本紀原文 烏江 618 | トップページ | 烏江亭の思慮不足で項羽自害 620 »