« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月30日 (土)

劉邦vs.項羽 鴻門の会 615

秦打倒旧楚反乱軍別働隊劉邦軍は手薄な武関を突破、
迫る来る秦軍を打倒、秦の首都、咸陽の目前まで達します。
もはやここ迄と判断した秦は降伏、
本部隊項羽軍より先に劉邦軍は咸陽へ入城したのです。
秦首都、咸陽の宮殿には目が眩むほどの金銀?財宝、
それはそれは美しすぎる女性達に根が遊び人の劉邦は
心時めきウハウハ気分。
ところがどっこい、軍師の張良らが浮かれる劉邦を制止、
劉邦は遊び心をしぶしぶ?押さえ込んだのです。
一方、本部隊項羽軍は鉅鹿の戦いに勝利を収め高揚、
一気に函谷関へ味方を増やし膨れあがった軍を進めます。
函谷関の位置は「劉邦は武関 項羽は函谷関」こちらで。
圧倒的な軍事力を保持する項羽軍はいとも簡単に函谷関に到着。
しかし、そので目に入ったのが何と味方で別働隊劉邦軍の旗印。
更に、劉邦軍が咸陽を征圧した情報。
又、混乱に乗じて小金を得ようとする不埒な輩の讒言、
「劉邦は宝物・美女をゲットし王位を簒奪しようとしていますぜ。」
等々に直情径行型の項羽は怒り心頭。
函谷関を突破、劉邦軍を打倒せんと咸陽へ一目散、怒濤の進撃。
当然、この項羽軍情報は劉邦に届きます。
色んな方々の介添えを受け、
劉邦は項羽に状況釈明と詫びを入れる為
項羽軍の陣地に於いて会見する決断をします。
(劉邦は項羽に抹殺される事を辞さない覚悟)
これが世に云う「鴻門(こうもん)の会」(B.C.206)(史記 項羽本紀)
鴻門は地名、咸陽よりやや北東で現在の西安市臨潼県東部。
会見後、劉邦取り巻きのお陰で命かながら劉邦は項羽軍の陣地より
脱出に成功したとの事。(後漢書 斉武王伝)
項羽は不本意ながらも劉邦を赦免した状況に。
その後、項羽は咸陽へ入り、
始皇帝末裔一族を抹殺、
金銀?財宝を搾取、咸陽を焼失させたのです。 続く。

| | コメント (0)

2017年9月23日 (土)

「孫子」兵法 少しだけ 3 始如處女 後如脱兎 614

「孫子」に関わる過ぎると本題に進めませんので日本の戦国時代
武田信玄が孫子から取り入れた戦術「風林火山」を紹介して
終わりにしようと思います。

「軍争第七」

前略

故兵以詐立
以利動
以分合爲變者也

其疾如
其徐如
侵掠如
不動如
難知如
動如
掠郷分衆
廓地分利
懸權而動
先知迂直之計者勝
此軍爭之法也

国立国会図書館 電子図書館蔵書 「魏武帝註孫子」 軍争 15行)

「そこで、戦争とは敵の意表をつくことにはじまり、
 利益の追求を動因として、分散と統合とをくりかえしつつ、
 たえず変化をとげるものである。だから軍隊は
 のように迅速に進み、
 のように静まりかえって待機し、
 (燃えあがる火)のように侵掠し、
 のようにどっしりと腰をすえ、
 (暗闇)のように見分けがつかず、」
 のように激しく襲い、
 村里を掠奪するときは兵士を手分けし、
 土地を奪い領土の拡張をはかるときは要点を分守し、
 利害得失をはかりにかけて打算したうえで行動する。
 相手にさきんじて遠い道のりを近道にかえるはかりごとを
 わきまえている者は、勝つ。
 これが戦争の原則である。」

(「『孫子』 町田三郎訳注 中公文庫」 p50)
(町田氏は「宋本十一家注孫子」を採用され、「山」と「陰」を逆にされ
 ています。又、「陰」を加筆しました。)

それでは、「孫子」最後の最後、ZIPANGU お気に入り箇所から

「九地第十一」の結論

是故
始如處女
敵人開戸
後如脱兎
敵不及拒

国立国会図書館 電子図書館蔵書 「魏武帝註孫子」 九地 15行)

上は略して「始如處女 後如脱兎
「始めは處(処)女の如く、後は脱兎の如し」
「始めはをとめ(乙女)・をとこ(童子)の振りをし
 隙が見えたら一気豹変、たおやめ(手弱女)・ますらお(益荒男)に」
 ってな感じでは? 但し、女傑・猛者はいけません。
これって、「争いごと」のみならず、「恋の駆け引き」にも・・・・・。
  続く。

| | コメント (0)

2017年9月16日 (土)

「孫子」兵法 少しだけ 2 613

先週紹介しました「魏武帝註孫子 始計第一」の続き。

夫未戰而廟勝者
得算多也
未戰而廟算不勝者
得算少也
多算勝
少算不勝
而況於無算乎
吾以此觀之
勝負見矣

国立国会図書館 電子図書館蔵書 「魏武帝註孫子」 17行)

この箇所が「魏武帝註孫子 始計第一」の結論になります。

孫子 始計第一の書き出し「兵者國之大事」、途中の「兵者詭道也」、
最後の「勝負見矣」により孫武は兵法を言い尽くしています。

「兵者国之大事」
「兵(=兵を集めて戦いを起こす事)」は国家の重大事である。
「『孫子』 町田三郎訳注 中公文庫」ではこの「兵」を「戦争」と
訳されています。
戦争とは
軍隊と軍隊とが、兵器を用いて戦うこと。
特に、国家が他国(交戦団体を含む)に対し、
政治的意思を貫徹するためにとる最終的かつ暴力的手段。
(日本国語大辞典 精選版 小学館)
と説明されています。
「戦争」をこのように規定すると
孫武の論理・論述展開がおかしな事になってしまいます。
「兵=戦争」を「戦闘」と考えず、
「国家間の争い事」と捉えるほうが良いと思われます。
そうすると、次の
「兵者詭道(きどう)也」がスッキリします。
国家間の争い事は「詭道」なり。
町田氏はここを
「戦争とは、詭道つまり敵の意表をつくことをならいとする」と訳。
詭道とは
人をいつわりあざむく方法。正しくない手段。
(日本国語大辞典 精選版 小学館)と。
相手を偽り欺くことは相手が孫子を知らなければ「意表を突く」ことに
なりこちらの訳はその通りになります。
但し、あくまでも、
「相手が孫子の『兵者詭道也』を知らない事」が条件です。
そして、最後の結論である
「吾以此観之 勝負見矣」
「以上のような観点から、勝敗のゆくえをはっきり見抜くことができるの である」(「『孫子』 町田三郎訳注 中公文庫」p12)
「戦闘に突入する以前の「戦争情報分析会議」で冷静・沈着に
 判断できれば自ずとこの『争い事の勝敗』が解き明かせる。」と
孫武は明言しています。 続く。

| | コメント (0)

2017年9月 9日 (土)

「孫子」兵法 少しだけ 1 612

せっかくですから「孫子」兵法についてほんの少しだけ触れます。
「孫子」は13篇からなる「兵法書」です。

第一  計篇  (始計第一)
第二  作戦篇 (作戦第二)
第三  謀攻篇 (謀攻第三)
第四  軍形篇 (軍形第四)
第五  兵勢篇 (兵勢第五)
第六  虚実篇 (虚実第六)
第七  軍争篇 (軍争第七)
第八  九変篇 (九変第八)
第九  行軍篇 (行軍第九)
第十  地形篇 (地形第十)
第十一 九地編 (九地第十一)
第十二 火攻篇 (火攻第十二)
第十三 用間篇 (用間第十三)

のように構成されています。

先々週紹介しました
「呉越同舟」
は第十一 九地編に記載されています。
古事記(擬似漢文)とは違い、当然「漢文」です。

呉王闔廬(こうろ)が孫武(斉出身)からの兵法(「孫子」)を提案され、
一読感動、早速、孫武を自国将軍迎えたのです。(B.C.515?)
(史記 孫子呉起列伝 孫子より類推)
世は春秋時代(B.C.770~B.C.403)
「春秋(春夏秋冬=1年)」は魯の官吏の日記(出来事記録)から。
*春秋
中国の古典。周代、魯国の隠公元年(B.C.722)から哀公一四年(B.C.
481)までの、魯を中心とする歴史書。元来は魯の史官の遺した記
録であるが、孔子がこれに筆削を加え、その表現の中に彼の歴史
批判を含めたものとされるところから、五経の一つとして重んぜ
られるようになった。のち、その本意を明らかにするため、「左氏
伝」「公羊伝」「穀梁伝」などの解説書ができた。
(日本国語大辞典 精選版 小学館)
この時代の支那大陸は黄河流域(中原)の都市国家群と
それらから未開の地で蛮夷とされた方々が暮らす長江下流南地域の
呉・越国とで構成されていました。(楚は長江中上流域)
又、中原都市国家群人は
長江下流南地域に住まう人々を「百越人」とも蔑視していました。
「百越人」の「百」は「沢山の」と云う意味合い。
呉(B.C.585?~B.C.473)は現在の江蘇省地域、
 首都は姑蘇(こそ)(現在の蘇州市)。
 因みに、劉邦は江蘇省です。
越(B.C.600?~B.C.334)は現在の浙江省地域、
 首都は会稽(かいけい)(現在の紹興市)。紹興酒・老酒で有名。
呉・越国はお隣同士にも関わらず仲がとても悪かった感じ。

それでは「魏武帝註孫子」のイントロ、「始計第一」

孫子曰
兵者國之大事
死生之地
存亡之道
不可不察也
故經之以五事
校之以計
而索其情
一曰道
二曰天
三曰地
四曰將
五曰法
国立国会図書館 電子図書館蔵書 「魏武帝註孫子」 10行)

中略

兵者詭道也
故能而示之不能
用而示之不用
近而示之遠
遠而示之近
利而誘之
亂而取之
實而備之
強而避之
怒而撓之
卑而驕之
佚而勞之
親而離之
攻其無備
出其不意
此兵家之勝
不可先傳也

国立国会図書館 電子図書館蔵書 「魏武帝註孫子」 12行)

とても綺麗な句の配列とお思いになりません? 続く。

| | コメント (0)

2017年9月 2日 (土)

率然は「常山(北岳恒山)」に 611

孫武が云う、戦いに巧み率然は「常山」に生息しているとの事。
この「常山」は北岳恒山の事。(現在の山西省渾源県)
道教、陰陽五行説で北方を司る山とされています。
又、三国志で有名な「趙雲」はここが出身地です。
位置はグーグルアースで確認下さい。

常山(北岳恒山)

因みに東方を司る山とされているのが東岳泰山。
(現在の山東省泰安市)
秦の始皇帝がこの泰山で「封禅(ほうぜん)」を挙行(B.C.219)。
*封禅
中国古代に天子が泰山で行なった祭礼で、山上に土壇をつくって
天をまつることと、山の下で地を祓い清めて山川をまつること。
(日本国語大辞典 精選版 小学館)
こちらもグーグルアースで。

東岳泰山

又、南方は南岳衡山(こうざん)(湖南省衡陽市)
更に、西方は西岳華山(河南省登封市)
そして、中央は中岳嵩山(すうざん)(陝西省華陰市)
南岳・西岳・中岳は皆さんご自分でご確認下さい。

ご確認いただきますとお分かりになろうと思いますが五岳の内
東、南、西、北岳は確かに方位は合っています。
しかし、一番大事なセンターを司る中岳嵩山はそれらより西側に
存在します。これは一体? 取り急ぎ詮索は止めておきます。
 続く。

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »