« 項羽 孫子兵法 鉅鹿の戦いに活用 610 | トップページ | 「孫子」兵法 少しだけ 1 612 »

2017年9月 2日 (土)

率然は「常山(北岳恒山)」に 611

孫武が云う、戦いに巧み率然は「常山」に生息しているとの事。
この「常山」は北岳恒山の事。(現在の山西省渾源県)
道教、陰陽五行説で北方を司る山とされています。
又、三国志で有名な「趙雲」はここが出身地です。
位置はグーグルアースで確認下さい。

常山(北岳恒山)

因みに東方を司る山とされているのが東岳泰山。
(現在の山東省泰安市)
秦の始皇帝がこの泰山で「封禅(ほうぜん)」を挙行(B.C.219)。
*封禅
中国古代に天子が泰山で行なった祭礼で、山上に土壇をつくって
天をまつることと、山の下で地を祓い清めて山川をまつること。
(日本国語大辞典 精選版 小学館)
こちらもグーグルアースで。

東岳泰山

又、南方は南岳衡山(こうざん)(湖南省衡陽市)
更に、西方は西岳華山(河南省登封市)
そして、中央は中岳嵩山(すうざん)(陝西省華陰市)
南岳・西岳・中岳は皆さんご自分でご確認下さい。

ご確認いただきますとお分かりになろうと思いますが五岳の内
東、南、西、北岳は確かに方位は合っています。
しかし、一番大事なセンターを司る中岳嵩山はそれらより西側に
存在します。これは一体? 取り急ぎ詮索は止めておきます。
 続く。

|

« 項羽 孫子兵法 鉅鹿の戦いに活用 610 | トップページ | 「孫子」兵法 少しだけ 1 612 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 項羽 孫子兵法 鉅鹿の戦いに活用 610 | トップページ | 「孫子」兵法 少しだけ 1 612 »