« B.C.221 秦の始皇帝 文字書体統一 603 | トップページ | 始皇帝は礼装を「黒色」に 605 »

2017年6月24日 (土)

意思疎通不能の秦燕趙斉魏韓楚 604

秦の始皇帝が「支那(China)大陸」を統一した際、
現在、「中華人民共和国」に組み入れられている
北方地域の
「黒竜江省」「吉林省」「内モンゴル自治区」「寧夏回族自治区」
「甘粛省」
中程西地域の
「青海省」「新疆ウイグル自治区」「チベット自治区」
南方地域の
「貴州省」「雲南省」
「福建省」「広東省」「広西チワン族自治区」「海南省」
は彼の支配下(影響下)におかれていません。
ましてや、「中華人民共和国」が「一つの中国」と主張する
「台湾」は「海南省(海南島)」より「支那(China)大陸」から
海の彼方になりますのでかの時代全く無視された地域だったのです。

ところで、始皇帝は確かに「漢文字統一」を行いましたが
話語は統一できませんでした。
と云うよりも現在でも「北京語」「上海語」「福建語」「広東語」等々が
あり、話し言葉では互いに「意思疎通」が不可能との呈。
始皇帝が黄河・渭水・淮河・長江に跨がる秦は当然として
燕・趙・斉・魏・韓・楚に住まう方々は互いに会話が成立しない状況で
あったのです。
否、各地域の住民は隣国へ行く必要性がなかったのです。
故に、
各地域毎では各々の話語で全く意思疎通に問題がなかったのです。
何せ飛行機も電車も車もなかった時代ですから。 続く。

|

« B.C.221 秦の始皇帝 文字書体統一 603 | トップページ | 始皇帝は礼装を「黒色」に 605 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« B.C.221 秦の始皇帝 文字書体統一 603 | トップページ | 始皇帝は礼装を「黒色」に 605 »