« 仁賢帝~武烈帝~継体帝へ 569 | トップページ | 継体帝 唯一記載の竺紫君石井事件 571 »

2016年6月25日 (土)

仁賢帝~武烈帝は係累のみ継体帝も少々 570

仁賢帝~武烈帝は係累記述のみ。
意冨祁命(仁賢帝)のお子さん、小長谷若雀命(武烈帝)に男子が
できず、帝位は「品太天皇(応神帝)五世之孫袁本杼命(継体帝)」が
お継ぎになったとか。
品太(ほむた)天皇(応神帝)の五世の孫、
袁本杼(をほど)命=継体帝と記載されていますが
「応神帝は10名の奥様を」のどの系列のお方が全く触れていません。
触れられないのか、内緒なのか、秘密なのかさっぱり・・・・・。
この問題は後に考察したいと考えます。
継体帝は8名の女性と娶り、お子さんは19名(男7 女12)も。
中々、久方ぶりのお元気なお方では。
更に、お子さんの内3名が後に帝位にお就きになっています。
尾張連等の祖凡連の妹、目子郎女さんがもうけた
広国押建金日命(後の安閑帝)
建小広国押楯命(後の宣化帝)
仁賢帝のお嬢さん、手白髪命との愛の結晶
天国押波流岐広庭命(後の欽明帝)     のお三方です。
手白髪命さんは「大后」と記されています。
彼女は帝のお嬢さんだから当然なのかしら
又、息長真手王の女、麻組郎女さんとのお嬢さん
佐佐宜郎女(ささげのいらつめ)さんは伊勢神宮の巫女に。
ここでお断りしなくてはいけないことがあります。
前週の古事記原文の中で「赤文字太ゴシック 」部分は
日本書紀より補ったものです。
又、「青文字太ゴシック 」部分、文字が四角囲いになっています。
こちらも写本をする際補足したものと思われます。  続く。

|

« 仁賢帝~武烈帝~継体帝へ 569 | トップページ | 継体帝 唯一記載の竺紫君石井事件 571 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仁賢帝~武烈帝~継体帝へ 569 | トップページ | 継体帝 唯一記載の竺紫君石井事件 571 »