« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月28日 (土)

市辺之押歯王の遺骨捜索 566

袁祁之石巣別命(をけのいはすわけのみこと)=顕宗帝のお住まいは
「近飛鳥宮」で「捌歳(やとせ)」(8年)間、政を取られたとか。
具体的な為政期間が示されたのは初めてでは?
尚、数詞の漢字配当は「山幸彦 伍佰捌拾歳(580年)生存?」で。
奥様は「石木王之女難波王」でお子様はできなかったとか。
志毘臣に横恋慕された「菟田首等之女名大魚」さんと
結婚されなかったのかしら
志毘臣とあれだけ歌垣で闘ったのに?
ここで、お話は顕宗帝の父親、市辺之押歯王の遺骨捜索へ展開。
市辺之押歯王は淡海(近江)国、蚊屋野で大長谷王に抹殺されました。
子細は「市辺之忍歯王 淡海(近江)で没す」で。
市辺之押歯王の遺体は蚊屋野に埋葬されていたようです。
その埋葬場所をたまたま?知っていた
「老媼(おみな)=老婆」が存在したのです。
顕宗帝が父親の遺骨捜索をしている情報を風の噂で聞き及び
その老婆が近江にいらした顕宗帝へご注進。
「貴男の父上の埋葬場所を知っているのは私だけです。
 又、貴男の父上の特殊な歯並びも良く存じ上げています。」と。
具体的な歯形を知る得ているって事は彼女が埋葬したのかしらん?
(顕宗帝も父親の歯形を当然覚えておられたのでしょう。)
そこで早速、
顕宗帝は彼女が云う所を近くに住まう人に掘り起こしを依頼、
市辺之押歯王の遺骨を探し出させ、
出てきた「御骨」確認したところ父親の遺骨と判明。
早速、其蚊屋の東山に「御陵」を造営し葬られた。
墓守は「韓袋之子等」に命じ、後にお骨を宮に持ち帰られた。
顕宗帝は老婆の情報に感じ入り、老婆を宮に呼び入れ、
「置目(おきめ)老媼」と名前を与えそれはそれは大事にされた。
更に、宮の近くに「住屋」を建て彼女を住まわせた。
又、「大殿」の戸に「鐸(ぬて)」を懸け、彼女をお呼びなる際は
その鐸を鳴らしたとの事。  続く。

| | コメント (0)

2016年5月21日 (土)

顕宗帝(袁祁命)の御代 565

顕宗帝(袁祁命)の御代の古事記原文です。

袁祁之石巢別命
坐近飛鳥宮
治天下捌歳也
天皇
娶石木王之女難波王
无子也
此天皇
求其父王市邊王之御骨時
在淡海國賤老媼參出白
王子御骨所埋者
專吾能知
亦以其御齒可知(御齒者如三枝押齒坐也)
爾起民
掘土
求其御骨
即獲其御骨而
於其蚊屋野之東山
作御陵葬
以韓帒之子等
令守其御陵
然後持上其御骨也
故還上坐而
召其老媼
譽其不失見置知其地以
賜名號置目老媼
仍召入宮内
敦廣慈賜
故其老媼所住屋者
近作宮邊
毎日必召
故鐸懸大殿戸
欲召其老媼之時
必引鳴其鐸
爾作御歌
其歌曰
阿佐遲波良
袁陀爾袁須疑弖
毛毛豆多布
奴弖由良久母
淤岐米久良斯母
於是置目老媼
白僕甚耆老
欲退本國
故隨白膠時
天皇見送
歌曰
意岐米母夜
阿布美能淤岐米
阿須用理波
美夜麻賀久理弖
美延受加母阿良牟
初天皇逢難時
逃時
求奪其御粮猪甘老人
是得求
喚上而
斬於飛鳥河之河原
皆斷其族之膝筋
以是至今
其子孫上於倭之日
必自跛也
故能米岐其老所在(志米岐三字以音)
故其地謂志米須也
天皇
深怨殺其父王之大長谷天皇
欲報其靈
故欲毀其大長谷天皇之御陵而
遣人之時
其伊呂兄意冨祁命奏言
破壞是御陵
不可遣他人
專僕自行
如天皇之御心破壞以參出
爾天皇
詔然隨命宜幸行
是以意冨祁命自下幸而
少掘其御陵之傍
還上
復奏言既掘壞也
爾天皇
異其早還上而
詔如何破壞
答白少掘其陵之傍土
天皇詔之
欲報父王之仇
必悉破壞其陵
何少掘乎
答曰
所以爲然者
父王之怨
欲報其靈
是誠理也
然其大長谷天皇者
雖爲父之怨
還爲我之從父
亦治天下之天皇
是今單取父仇之志
悉破治天下天皇陵者
後人必誹謗
唯父王之仇
不可非報
故少掘其陵邊
既以是恥
足示後世
如此奏者
天皇
答詔之是亦大理
如命可也
故天皇崩
即意冨祁命
知天津日繼
天皇御年參拾捌歳
治天下八歳
御陵在片岡之石坏岡上也。

読み解きは来週に。  続く。

web上では
国立国会図書館 電子図書館蔵書古事記中下巻P115の5行目で
確認可能ですので是非ご覧下さい。

| | コメント (0)

2016年5月14日 (土)

兄弟で志毘を抹殺 帝位譲り合い 564

袁祁命(をけのみこと)はいらっとしながら宮に帰り、
意冨祁命(おほけのみこと)=奴末、兄(後の仁賢帝)と謀議します。
ひょっとしたら意冨祁命も歌垣いらして袁祁命と志毘とのやり取りを
ご覧になっていたのやも。
大魚をめぐり恋の鞘当てされた袁祁命は若気の至りで実際は怒り心頭
だったのでしょう?
その謀議は志毘を抹殺する事。
時は今、朝帰りで寝込んでいる志毘襲撃。
基本的に役人は朝には朝廷へ出勤しお仕事、お昼に退勤ローテ?
早速、お二人は軍を結集、志毘邸を襲い首尾良く?志毘抹殺に成功。
色恋沙汰で相手を殺めるのはいささか酷(こく)と思われますが・・・。
時は進み、お二人の内どちらが先に?帝位に就くかをお二人で相談。
互いに譲り合い。
弟、袁祁命は長幼の序で兄、意冨祁命にどうぞと。
兄、意冨祁命は今現在の状況を作り出したのは
弟、袁祁命のお陰だからと明確な論理展開へ。
結局、弟、袁祁命は了承、ここに顕宗帝誕生と云う顛末。
顕宗帝は祖父、履中帝のお孫さん。
父が帝位でないお孫さんが帝位に就く事象は前出。
景行帝⇒倭建命⇒仲哀帝
   ⇒成務帝
履中帝⇒市辺之押歯王⇒顕宗帝
          ⇒仁賢帝
反正帝
允恭帝安康帝
   ⇒雄略帝清寧帝
この構造に。
顕宗帝の帝位継承は人間臭く何やら権力継承の綾を感じませんか?
 続く。

| | コメント (0)

2016年5月 7日 (土)

袁祁命・大魚 vs. 志毘臣 563

市辺之押歯王の奴末のお二人が高木角刺宮でお過ごしになり
将に帝位につかれる前の出来事。
登場人物は
「平群臣之祖名志毘(しび)臣」
「袁祁命(をけのみこと)=奴末、弟(後の顕宗帝)」
「菟田首(うだのおびと)等之女名大魚(おふを)」
の男性二名と女性一名。
シーンは「歌垣」。
「歌垣」は今の合コン+愛を交わすスポット。
袁祁命と大魚は既に結婚を約束している間柄。
にも関わらず、このお二人イベント参加は婚前交渉狙い?
それでは、物語を進行する事に。
手が早い?志毘さんが
いきなりその美しいお嬢さん、大魚さんの手を取り促したのです。
は袁祁命と大魚さんとの関係を知っていたにも関わらず
大魚さんにモーションをかけたのです。
そして、袁祁命へ「歌」で攻撃を仕掛けます。

意冨美夜能(おほみや〈大宮〉の)
袁登都波多傳(をとつはたで〈端手〉)
須美加多夫祁理(すみ〈隅〉かたぶ〈傾〉けり)

「おまえんちの軒の隅が傾いているぞー。」と

志毘は詠じ、これに続く「歌」を袁祁命に要求します。
この光景をご覧になっておられた袁祁命は泰然自若で返します。

意冨多久美(おほたくみ〈大匠〉)
袁遲那美許曾(をぢな〈拙劣〉みこそ)         
須美加多夫祁禮(隅傾けれ)

「『大匠』大工の親方が下手だったからちょいと傾いているんじゃー。」

これに対し、志毘が

意冨岐美能(おほきみ〈大君〉の)
許許呂袁由良美(こころ〈心〉をゆら〈暖〉み)
淤美能古能(おみ〈臣〉のこ〈子〉の)
夜幣能斯婆加岐(やへ〈八重〉のしばかき〈柴垣〉)
伊理多多受阿理  (い〈入〉りた〈立〉たずあり)

「お前の意思が緩(ゆる)いから、俺の所にこれないだろ?」と

袁祁命が返します。

斯本勢能(しほせ〈潮瀬〉の)                        
那袁理袁美禮婆(なを〈波折〉りをみ〈見〉れば)
阿蘇毘久流(あそ〈遊〉びく〈来〉る)
志毘賀波多傳爾(しび〈鮪〉がはたで〈端手〉に)      
都麻多弖理美由(つま〈妻〉た〈立〉てりみ〈見〉ゆ)

「よく見れば、お前のめっちゃ端に私の愛する大魚がいるじゃないか」

端にいると云われ、憤慨した志毘が

意冨岐美能(大君の)               
美古能志婆加岐(みこ〈御子〉の柴垣)
夜布士麻理(やふじまり)
斯麻理母登本斯(しまりもとほし)
岐禮牟志婆加岐(き〈切〉れむ柴垣)
夜氣牟志婆加岐(や〈焼〉けむ柴垣)

「お前と大魚との絆はいとも簡単に切れてしまうさ」と

勢い、袁祁命が返します。
                   
意布袁余志(おふを〈大魚〉よし)
斯毘都久阿麻余(鮪つ〈突〉くあま〈海女〉よ)
斯賀阿禮婆(しがあれば)
宇良胡本斯祁牟(うら〈心〉こほ〈恋〉しけむ)
志毘都久志毘(鮪(=志毘)突くしび〈志毘〉)

「鮪(まぐろ)突く海女(=大魚)さんがいなくなったら心寒くなる、
 彼女がいるから恋しいのだ。
 鮪は結局突かれるのだ。志毘自身が鮪(=志毘)を突くのさ。」

とやり合い・闘いながらながら3人は夜明かしをし
住まいに朝帰りする事に。 続く。

| | コメント (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »