« 飯豊郎女は女帝だったやも 561 | トップページ | 袁祁命・大魚 vs. 志毘臣 563 »

2016年4月30日 (土)

市辺之押歯王の奴末 562

飯豊郎女(飯豊王)の命で山部連小楯が「宰」として針間(播磨)国へ
赴いた際の出来事。
宰(みこともち〈御言持ち〉)は帝の命を持ち地方へ派遣された役人。
その小楯が播磨国の名前を「志自牟(しじむ)」云う方の
「新室(にひむろ)=新築」祝いの「楽(うたげ=宴)」に招かれます。
その宴でお酒が十二分に振る舞われ、酔いしれ
皆さん盛り上がり「酣(たけなわ)」になると浮かれ舞い始めました。
ひとしきりすると酔いどれ親父が竈(かまど)の側にいた少年二人にも
舞うように促します。
その少年らは兄弟で互いに舞う順番を譲り合います。
最終的に兄が先に舞い弟が続きます。
弟が舞う際に歌を詠じました。
但し、この歌はなぜか表音文字表記ではないのです
弟はこの歌の最後で
「所治賜天下 伊邪本和気天皇之御子 市辺之押歯王之 奴末爾」
(履中帝のご子息、市辺之押歯王の今は奴となり果てた末裔)
とおっしゃたのです。
これをお聞きになった小楯はビックリ仰天、
「自床堕転(床から転び堕ちて)」しまったのです。
早速、小楯は宴会をお開きにし、兄弟以外の皆さんを宴会場から
追い出し、二人の「王子」を両膝に乗せ泣き偲びます。
又、播磨の人々を集め「王子」用の「仮宮」を作らせ、お入り頂き、
飯豊郎女(飯豊王)のお住まい、「葛城忍海之高木角刺宮」へ
「駅使(はゆまづかひ)=伝令使者」を向かわせます。
「駅使」からの子細をお聞きになった
「王子」達の叔母、飯豊郎女(飯豊王)は大変お歓びになり
高木角刺宮へお二人をお呼び寄せになりました。  続く。

|

« 飯豊郎女は女帝だったやも 561 | トップページ | 袁祁命・大魚 vs. 志毘臣 563 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 飯豊郎女は女帝だったやも 561 | トップページ | 袁祁命・大魚 vs. 志毘臣 563 »