« 袁杼姫と大長谷若建命の仲睦まじさ 559 | トップページ | 飯豊郎女は女帝だったやも 561 »

2016年4月16日 (土)

意冨祁命と袁祁命の登場 560

白髮大倭根子命<清寧帝>には奥様とお子さんもいらっしゃらなく
帝位継承が危うい中、
都落ちしていた履中帝のお子様、市邊之忍齒王の息子さん、
意冨祁命(おほけのみこと)と袁祁命(をけのみこと)が登場する
古事記原文です。

白髮大倭根子命<清寧帝>
坐伊波禮之甕栗宮
治天下也
此天皇
無皇后
亦無御子
故御名代
定白髮部
故天皇崩後
無可治天下之王也
於是問日繼所知之王也
市邊忍齒別王之妹
忍海郎女
亦名飯豐王
坐葛城忍海之高木角刺宮也
爾山部連小楯
任針間國之宰時
到其國之人民名志自牟之新室

於是盛樂
酒酣
以次第皆儛
故燒火少子二口
居竈傍
令儛其少子等
爾其一少子曰
汝兄先儛
其兄亦曰
汝弟先儛
如此相讓之時
其會人等
咲其相讓之状
爾遂兄儛訖
次弟將儛時
爲詠曰
物部之我夫子之
取佩於大刀之手上
丹畫著
其緒者載赤幡
立赤幡
見者五十隱
山三尾之
竹矣
本訶岐(此二字以音)

末押靡魚簀
如調八絃琴
所治賜天下
伊邪本和氣天皇之御子
市邊之押齒王之
奴末爾
即小楯連聞驚而
自床墮轉而
追出其室人等
其二柱王子
坐左右膝上
泣悲而
集人民
作假宮
坐置其假宮而貢驛使
於是其姨飯豊王
聞歡而
令上於宮
故將治天下之間
平群臣之祖
名志毘臣
立于歌垣
取其袁祁命將婚之美人手
其孃子者
菟田首等之女
名大魚也
爾袁祁命亦立歌垣
於是志毘臣歌曰
意冨美夜能
袁登都波多傳
須美加多夫祁理
如此歌而
乞其歌末之時
袁祁命歌曰
意冨多久美
袁遲那美許曾
須美加多夫祁禮
爾志毘臣
亦歌曰、
意冨岐美能
許許呂袁由良美
淤美能古能
夜幣能斯婆加岐
伊理多多受阿理
於是王子亦歌曰
斯本勢能
那袁理袁美禮婆
阿蘇毘久流
志毘賀波多傳爾
都麻多弖理美由
爾志毘臣愈忿歌曰
意冨岐美能
美古能志婆加岐
夜布士麻理
斯麻理母登本斯
岐禮牟志婆加岐
夜氣牟志婆加岐
爾王子亦歌曰
意布袁余志
斯毘都久阿麻余
斯賀阿禮婆
宇良胡本斯祁牟
志毘都久志毘
如此歌而
闘明
各退
明旦之時
意冨祁命
袁祁命二柱議云
凡朝廷人等者
旦參赴於朝廷
晝集於志毘門
亦今者志毘亦寢
亦其門無人
故非今者
難可謀
即興軍
圍志毘臣之家
乃殺也
於是二柱王子等
各相讓天下
意冨祁命讓其弟袁祁命曰
住於針間志自牟家時
汝命不顯名者
更非臨天下之君
是既爲汝命之功
故吾雖兄
猶汝命先治天下而
堅讓
故不得辭而
袁毘命
先治天下也

読み解きは来週に。  続く。

web上では
国立国会図書館 電子図書館蔵書古事記中下巻P112の3行目で
確認可能ですので是非ご覧下さい。

|

« 袁杼姫と大長谷若建命の仲睦まじさ 559 | トップページ | 飯豊郎女は女帝だったやも 561 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 袁杼姫と大長谷若建命の仲睦まじさ 559 | トップページ | 飯豊郎女は女帝だったやも 561 »