« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月26日 (土)

国生み 許袁呂(こおろ)=かき回し 557

雄略帝(大長谷若建命)は「坐長谷朝倉宮治天下也」。
故に、「坐長谷之百枝槻下為豊楽之時」は「長谷朝倉宮」では?
にも関わらず、伊勢国の三重采女さんは景行帝のお住まいであった
「纒向日代宮」について語っています。

纒向日代宮
朝日・夕日が照り輝き、
宮の土台は竹・木樹の根がはびこり、
たくさんの土で築いた堅固な宮。
庭に咲き誇る木樹の上枝は天を・中枝は吾妻を・下枝は鄙を覆う勢い、
又、木樹の上枝から伸びる葉は中枝に落ち触れ、
中枝から伸びる葉は下枝に落ち触れ、更に、
下枝から伸びる葉は
三重采女の私が(雄略帝に)捧げた大盃へ落ちこぼれています。
その落ちこぼれた葉が御神酒を「許袁呂(こおろ)=かき回し」、
かき回す様子。
この光景はまさに「仲良しな伊邪那岐命と伊邪那美命」が「国生み」を
された情景ではございませんか!
かの仲良しお二人のご子孫の雄略帝様!

ってな感じと考えますが、如何せんなぜ纒向日代宮なのか疑問!
古事記が指し示す「都市国家」の中心地=「宮」の所在地は

景行帝 纏向之日代宮
成務帝 淡海之志賀高穴穗宮
倭建命
仲哀帝 穴門之豊浦宮 筑紫訶志比宮
応神帝 軽嶋之明宮
仁徳帝 難波之高津宮
履中帝 伊波礼之若桜宮
反正帝 多治比之柴垣宮
允恭帝 遠飛鳥
安康帝 石上之穴穗宮
雄略帝 長谷朝倉宮

違和を感じざるを得ません。一体どうなっているのかしら
何処かの時点で明らかにしたいと考えます。
更なる驚きは伊勢国の三重采女さんが
「伊邪那岐命と伊邪那美命の国生み」をご存じだった事。
否、女性だから当然お分かりだったのでしょう。
これに関して深く追求するのは「野暮」ってものかも。 
女性特有の「機転が利く感性」には脱帽です事よ。 続く。

| | コメント (0)

2016年3月19日 (土)

命拾いの伊勢国三重采女 556

命乞いをする采女さんは雄略帝に対し「歌」で訴えます。

麻岐牟久能(まきむく〈纏向〉の)
比志呂乃美夜波(ひしろ〈日代〉のみや〈宮〉は)
阿佐比能(あさひ〈朝日〉の)
比傳流美夜(ひで〈火照〉る宮)
由布比能(ゆふひ〈夕日〉の)
比賀氣流美夜(ひ〈日〉がけ〈陰〉る宮)

多氣能泥能(たけ〈竹〉のね〈根〉の)
泥陀流美夜(根だる宮)
許能泥能(こ〈木〉の根の)
泥婆布美夜(根ばふ宮)
夜本爾余志(やもによし)
伊岐豆岐能美夜(いきづ〈築〉きの宮)

麻岐佐久(まきさく)
比能美加度(ひのみかど〈御門〉)
爾比那閇夜爾(にひなへ〈新嘗〉や〈屋〉に)
淤斐陀弖流(お〈生〉ひだ〈立〉てる)
毛毛陀流(ももだる)
都紀賀延波(つき〈槻〉がえ〈枝〉は)
本都延波(ほつ枝は)
阿米袁淤幣理(あめ〈天〉をお〈覆〉へり)
那加都延波(なか〈中〉つ枝は)
阿豆麻袁淤幣理(あづま〈吾妻〉を覆へり)
志豆延波(し〈下〉づ枝は)
比那袁淤幣理(ひな〈鄙〉を覆へり)
                                    
本都延能(ほつ枝の)
延能宇良婆波(枝のうらばは)
那加都延爾(中つ枝に)
淤知布良婆閇(お〈落〉ちふ〈触〉らばへ)
那加都延能(中つ枝の)
延能宇良婆波(枝のうらばは)
斯毛都延爾(下つ枝に)
淤知布良婆閇(落ち触らばへ)
斯豆延能(下づ枝の)
延能宇良婆波(枝のうらばは)
阿理岐奴能(ありきぬ〈衣〉の)
美幣能古賀(みへ〈三重〉のこ〈子〉が)
佐佐賀世流(ささがせる)
美豆多麻宇岐爾(みづたまうきに)
宇岐志阿夫良(う〈浮〉きしあぶら)
淤知那豆佐比(落ちなづさひ)

美那許袁呂(みな〈水〉こをろ)
許袁呂爾(こをろに)
許斯母(こしも)
阿夜爾加志古志(あやにかしこ〈畏〉し)
多加比加流(たかひか〈高光〉る)
比能美古(ひ〈日〉のみこ〈皇子〉)

この歌(メッサージ)で伊勢国の三重采女さんは命拾いをする事に。
 続く。

| | コメント (0)

2016年3月12日 (土)

百枝槻の葉 大盃に浮かぶ 555

先ずは又、雄略帝が女性に恋したお話し。
この度は「春日」へお出まし。
お相手は
「丸邇(わに)之佐都紀臣」のお嬢さん「袁杼姫(をとひめ)」さん。
雄略帝が彼女のお住まいへ向かっている途中の出来事。
袁杼姫さんがその一行に出くわし、あわてて小高い「岡=丘」へ
逃げ隠れたとか。
そこで雄略帝が一歌。

袁登賣能(をとめ〈乙女〉の)
伊加久流袁加袁(いかく〈隠〉るをか〈丘〉を)
加那須岐母(かなすき〈金鉏〉も)
伊本知母賀母(いほちもがも)
須岐婆奴流母能(鉏ばぬるもの)

彼女が隠れた丘を金鉏で崩し、いち早く彼女に逢いたい情景詩。

次なるお話は長谷で催した「豊楽(=宴会)」での出来事。
宴会場は「百枝槻(ももえつき)」の緑茂る樹の下。
雄略帝に一献を差し上げたお方が「伊勢国之三重采女」さん。
彼女は先ず、雄略帝に「大御盞(=大盃)」を捧げ献上します。
その大盃にたまたま「百枝槻」の葉が枝から落ちてしまったそうな。
それを全く知らない采女さん。
雄略帝の大杯にお酒を注ぐお仕事に勤(いそ)しみます。
雄略帝は大杯に浮かぶ百枝槻の葉をご覧になり激昂。
個人的には中々風流ものと思いますが・・・・・。
風流を解せない雄略帝って嫌い。
それはさて置き、大人げない雄略帝は彼女を「打伏」、
可憐でスレンダーな彼女の首に「刀」を刺し当てたのでした。
そして、まさに雄略帝が刺し殺めようとする時、
采女さんは
「私を殺さないで、申し上げたいことがございます!」と。 続く。

| | コメント (0)

2016年3月 5日 (土)

伊勢国三重婇の凛々しい機転 554

雄略帝のお仕置きに三重婇(生まれが三重のうねめ)が機転を利かせ
凛々しく振る舞うお話が展開する古事記原文です。

又天皇
婚丸邇之佐都紀臣之女袁杼比賣
幸行于春日之時媛女逢道
即見幸行而
逃隱岡邊
故作御歌
其御歌曰
表登賣能
伊加久流袁加袁
加那須岐母
伊本知母賀母
須岐婆奴流母能
故其岡謂金鉏岡也
又天皇坐長谷之百枝槻下
爲豐樂之時
伊勢國之三重婇
指擧大御盞以獻
爾其百枝槻葉落
浮於大御盞
其不知落葉浮於盞
猶獻大御酒
天皇看行其浮盞之葉
打伏其婇
以刀刺充其頸
將斬之時
其婇白天皇曰
莫殺吾身
有應白事
即歌曰
麻岐牟久能
比志呂乃美夜波
阿佐比能
比傳流美夜
由布比能
比賀氣流美夜
多氣能泥能
泥陀流美夜
許能泥能
泥婆布美夜
夜本爾余志
伊岐豆岐能美夜
麻岐佐久
比能美加度
爾比那閇夜爾
淤斐陀弖流
毛毛陀流
都紀賀延波
本都延波
阿米袁淤幣理
那加都延波
阿豆麻袁淤幣理
志豆延波
比那袁淤幣理
本都延能
延能宇良婆波
那加都延爾
淤知布良婆閇
那加都延能
延能宇良婆波
斯毛都延爾
淤知布良婆閇
斯豆延能
延能宇良婆波
阿理岐奴能
美幣能古賀
佐佐賀世流
美豆多麻宇岐爾
宇岐志阿夫良
淤知那豆佐比
美那許袁呂
許袁呂爾
許斯母
阿夜爾加志古志
多加比加流
比能美古
許登能
加多理碁登母
許袁婆
故獻此歌者赦其罪也
爾大后歌其歌曰、
夜麻登能
許能多氣知爾
古陀加流
伊知能都加佐
爾比那閇夜爾
淤斐陀弖流
波毘呂
由都麻都婆岐
曾賀波能
比呂理伊麻志
曾能波那能
弖理伊麻須
多加比加流
比能美古爾
登余美岐
多弖麻都良勢
許登能
加多理碁登母
許袁婆
即天皇歌曰
毛毛志紀能
淤冨美夜比登波
宇豆良登理
比禮登理加氣弖
麻那婆志良
袁由岐阿閇
爾波須受米
宇豆須麻理韋弖
祁布母加母
佐加美豆久良斯
多加比加流
比能美夜比登
許登能
加多理碁登母
許袁婆
此三歌者
天語歌也
故於此豐樂譽其三重婇而
給多禄也
是豐樂之日
亦春日之袁杼比賣
獻大御酒之時
天皇歌曰
美那曾曾久
淤美能袁登賣
本陀理登良須母
本陀理斗理
加多久斗良勢
斯多賀多久
夜賀多久斗良勢
本陀理斗良須古
此者宇岐歌也
爾袁杼比賣獻歌
其歌曰
夜須美斯志
和賀淤冨岐美能
阿佐斗爾波
伊余理陀多志
由布斗爾波
伊余理陀多須
和岐豆紀賀
斯多能
伊多爾母賀
阿世袁
此者志綾歌也
天皇
御年壹佰貳拾肆歳
御陵在河内之多治比高鸇也

読み解きは来週に。  続く。

web上では
国立国会図書館 電子図書館蔵書古事記中下巻P108の12行目で
確認可能ですので是非ご覧下さい。

| | コメント (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »