« 大猪に襲われ木に登る雄略帝 552 | トップページ | 伊勢国三重婇の凛々しい機転 554 »

2016年2月27日 (土)

鏡の世界現象 一言主大神 553

又、ある時、雄略帝が「百官人(役人)」と
葛城山へ登った際におきた摩訶不思議現象話し。
雄略帝はご自分を補佐する役人達に制服(「紅紐之青摺衣服」)を
着用させておられたのです。
その制服は「青」色の後染め「衣服」で紐が「紅」色。
(紺のスーツに赤のネクタイ感じ。) 中々お洒落!
雄略帝も中々粋な計らいを。(ポケットマネーなら尚良しですが?)
それはさて置き、雄略帝はその制服姿の役人達を引き連れ、
葛城山に登ろうとした時、
対面の山にも雄略帝と同じ「装束」出で立ち、
付き従う「人衆」も雄略帝の役人達に似た衣装を着た一行が。
雄略帝は不審に思い、向こうの山の一団に問いかけます。

「於茲倭国
 除吾亦無王
 今誰人如此而行」

「この倭国に於いて吾を除いて「王」は居ないのに一体誰なの?」
而して、相手の答えは雄略帝と同じ文句のオウム返し。
この対応に雄略帝は大「忿(憤慨)」。
雄略帝は弓に矢を番(つが)えると役人達も悉く矢を番えた。
すると、相手も全く同じ行為に及ぶ始末。
仕方なく、雄略帝は再度、問いかけます。
「然(しか)らば、名を告げよ。おのおの名を告げ合い矢を射かけよう」
ここに及んで、雄略帝に似よりのお方がお答え。
「私が先に問われたので私が先に名告る。」
そして、おもむろに

「雖悪事而一言
 雖善事而一言
 言離之神
 葛城之一言主之大神者也」

と仰せになったのです。
「葛城之一言主之大神」を雄略帝はご存知だったのかしら
「悪事・善事」を「一言」で表現できる一言主大神とは?
雄略帝が「畏(おそ)」れられたのですから彼より格上のお方?
恐れ多く、単純明快表現可能と云われた(orる)一言主大神が
雄略帝の目の前に
「宇都志意美(うつしおみ=現大身=現人神)」として出現した事に。
雄略帝は畏(かしこま)り、ご自分の武具(刀・弓矢)、
及び、役人達の制服を脱がせそれらの「衣服」を一言主大神に献上。
一言主大神はこの行いに、
いたく喜び柏手(かしわで)を打ちお受け取り。
更に、雄略帝の帰途の際、わざわざ山を下り「長谷山」口(入り口)迄
見送られたとの事。
鏡の世界現象(ミラー現象)を表出させた「一言主大神」って???
 続く。

|

« 大猪に襲われ木に登る雄略帝 552 | トップページ | 伊勢国三重婇の凛々しい機転 554 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大猪に襲われ木に登る雄略帝 552 | トップページ | 伊勢国三重婇の凛々しい機転 554 »