« 倭国は「蜻蛉=阿岐豆(あきづ)=秋津島 550 | トップページ | 大猪に襲われ木に登る雄略帝 552 »

2016年2月13日 (土)

倭国はあきづ(秋津島)と? 551

雄略帝が「阿岐豆野(あきづの)」へ猟にお出かけ。
「御呉床(床几)」にお座りなっていた際、不可思議な事が起こります。
虫偏の国構えの中が又=虻(あむ⇒あぶ)とか。
その虻が雄略帝の腕を刺したところ、
何処からか「蜻蛉(=阿岐豆<あきづ>=とんぼ)来」て
虻をさっと食べて飛び去っていったんですって。
その時の出来事を雄略帝は歌で表現

美延斯怒能(みえしぬの)
袁牟漏賀多氣爾(をむろがたけ〈嶽〉に)
志斯布須登(しし〈猪鹿〉ふ〈伏〉すと)
多禮曾意冨麻幣爾(たれ〈誰〉そおほまへ〈大前〉に)
麻袁須(まを〈申〉す)
夜須美斯志(やすみしし)
和賀淤冨岐美能(わがおふきみ〈大君〉の)
斯志麻都登(猪鹿まつ〈待〉と)
阿具良爾伊麻志(あぐら〈呉床〉にいま〈座〉し)
斯漏多閇能(しろたへ〈白栲〉の)
蘇弖岐蘇那布(そ〈衣〉てき〈着〉そなふ)
多古牟良爾(たこむら〈手腓〉に)
阿牟加岐都岐(あむ〈虻〉かきつき)
曾能阿牟袁(その虻を)
阿岐豆波夜具比(あきづ〈蜻蛉〉はやぐ〈早食〉ひ)
加久能碁登(かくのごと)
那爾淤波牟登(な〈名〉にお〈負〉はむと)
蘇良美都(そらみつ)
夜麻登能久爾袁(やまとのくに〈倭国〉を)
阿岐豆志麻登布(あきづしま〈秋津島〉とふ)

トンボ(蜻蛉)が虻を食べてしまうのを見た事は残念ながら有りません。
もし、それが事実でもその現象を
倭国が秋津(蜻蛉=阿岐豆=あきづ)島と云われる事にも
合点が行きませんけど?
「一体、ドーユウコト」。
こう思うのは、私ども ZIPANGU だけかしら?  続く。

|

« 倭国は「蜻蛉=阿岐豆(あきづ)=秋津島 550 | トップページ | 大猪に襲われ木に登る雄略帝 552 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 倭国は「蜻蛉=阿岐豆(あきづ)=秋津島 550 | トップページ | 大猪に襲われ木に登る雄略帝 552 »