« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月29日 (日)

大長谷若建命の御代に呉人来倭? 544

大長谷若建命(雄略帝)は「長谷朝倉宮」に住まい、
因縁の若日下王を奥様にされた。このお二人にお子さんは不在。
次の奥様も前出、都夫良意富美(葛城円)のお嬢さん「韓(訶良)姫」。
彼女はお二人のお子さんをこの世に。
男の子、白髮命(しらかのみこと)は後の清寧帝に。
そして、
名代設定のお話が続き、何故か突如、

此時呉人参渡来
其呉人安置於呉原
故号其地謂呉原也

大長谷若建命(雄略帝)の御代に「呉人」が来倭(日)したとか。
固有名詞の「呉」は中国史で「春秋時代」と「三国時代」に出現。
春秋時代(BC770~BC403) 呉越同舟の呉
三国時代(222~280) 魏・蜀・呉の呉   の二つ。
と云うことは、大長谷若建命(雄略帝)が活躍した時代はこの頃に?
そんなことは・・・・・。
呉は以前、
「呉服(くれはとり)西素さんって」
「烏丸鮮卑東夷傳(伝) 」
「呉服西素」                         にて登場しています。
応神・仁徳帝の御代でのお話しに出現しています。
ここでは深く詮索せず
この大問題は大事に取っておく事に致しまーす。
いずれの御時に考察してみます。
それでは、前に進みます。
奥様の若日下王が「日下(くさか)」に住まっておられた際、
大長谷若建命(雄略帝)が「河内」に行かれる道中になる為、必ず
奥様の居られる所を通って行かれた。
これは、至極、当然の事ではないのかしら
そして、たまたま?小高い丘から麓(「望国内」)を眺めると
「有上堅魚作舎屋之家」が一際目に映った。
この「堅魚」は堅魚木で屋根の棟に横一列に走る木。
堅魚木の形状は「富山県デジタル文化財ミュージアム」でご確認を。
大長谷若建命(雄略帝)は豪華な家を訝しく思い
誰の家かと尋ねさせた。
すると、この家は「志幾之大縣主(しきのおおあがたぬし)家」と判明。
どうもこの家の造りは帝の邸宅と同じようで荒ぶる大長谷若建命は
志幾之大縣主を「奴(やっこ)乎」と呼び捨て、彼の家を焼き払えと命。
大縣主は畏れおののき、平身低頭(「稽首」)でお詫びします。
彼は詫びの印として「布縶白犬著鈴」を献上、許しを請います。
かの時代白いワンちゃんがいた感じ。
更に、
そのワンちゃんはおしゃれ着?を身に纏い鈴アスセサリー付き。
この贈り物に大長谷若建命は嬉しさのあまり家焼き中止にします。
何かとても「セコイ」感じがしますがいやはや何とも。 続く。

| | コメント (0)

2015年11月22日 (日)

大長谷若建命と若日下王 543

大長谷若建命(雄略帝)は奥様、若日下王へせこい贈り物をする箇所
の古事記原文です。

大長谷若建命
坐長谷朝倉宮治天下也
天皇
娶大日下王之妹
若日下王(无子)
又娶都夫良意富美之女
韓比賣生御子
白髮命<清寧帝>
次妹若帶比賣命(二柱)
故爲白髮太子之御名代
定白髮部
又定長谷部舎人
又定河瀬舎人也
此時呉人參渡來
其呉人安置於呉原
故號其地謂呉原也
初大后坐日下之時
自日下之直越道
幸行河内
爾登山上望國内者
有上堅魚作舎屋之家
天皇令問其家云
其上堅魚作作舎者
誰家
答白志幾之大縣主家
爾天皇詔者
奴乎
己家
似天皇之御舎而造
即遣人
令燒其家之時
其大縣主懼畏
稽首白
奴有者
隨奴不覺而
過作
甚畏
故獻能美之御幣物(能美二字以音)
布縶白犬
著鈴而
己族名謂腰佩人令取犬繩以獻上
故令止其者火
即幸行其若日下王之許
賜入其犬令詔
是物者
今日得道之奇物
故都摩杼比(此四字以音)
之物云而
賜入也
於是若日下部王
令奏天皇
背日幸行之事
甚恐
故己直參上而仕奉
是以還上坐於宮之時
行立其山之坂上
歌曰
久佐加辨能
許知能夜麻登
多多美許母
幣具理能夜麻能
許知碁知能
夜麻能賀比爾
多知邪加由流
波毘呂久麻加斯
母登爾波
伊久美陀氣淤斐
須惠幣波
多斯美陀氣淤斐
伊久美陀氣
伊久美波泥受
多斯美陀氣
多斯爾波韋泥受
能知母久美泥牟
曾能淤母比豆麻
阿波禮
即令持此歌而
返使也

読み解きは来週に。  続く。

web上では
国立国会図書館 電子図書館蔵書古事記中下巻P102の6行目で
確認可能ですので是非ご覧下さい。

| | コメント (0)

2015年11月15日 (日)

市辺之忍歯王 淡海(近江)で没す 542

大長谷王(後の雄略帝)は従兄弟の市辺之忍歯王
(いちのべのおしはのみこ)を誘い、「猪鹿」がたくさんいる
「淡海(近江)之 久多綿〈くたわた〉之 蚊屋野〈かやの〉」へ
狩りに出かけます。
お二人は何故か互いに別々の寝所を設営。
翌早朝、「未日出之時(朝日が上がる前)」市辺之忍歯王は
いち早く狩り場へ行こうと大長谷王の寝所を尋ねます。
市辺之忍齒王は馬上から大長谷王のお供に
「未寝坐 早可白也 夜既曙訖可幸猟庭」      
(「『まだ寝てらっしゃるの もう夜が明けちゃってるので早く狩り場へ
  行きましょうよ』とおっしゃって」)と申しつけ
ご自分は先に「猟庭」へ行かれたんです。
すると伝言を聞いたお供の方は大長谷王に
何故か「宇多弖物云王子 故応慎」
(転〈うた〉て物云う王子ですのでお気を付け下さい)
 転〈うた〉て=気掛かりな
と進言するのです。
更に、「お召し物の中に『甲(鎧)』を着けてお出かけ下さい」と。
市辺之忍歯王の物云に問題があるのかしら
私には、別段感じ取ることができません。
むしろ、
未だお休みになっている大長谷王への気遣いを感じられますが?
何故か、大長谷王はお供の進言に耳を傾ける始末。
大長谷王は武装して先発の市辺之忍歯王を追いかけます。
彼は「猟庭」に着くや否や、市辺之忍歯王の側に進み、
矢を放ち市辺之忍歯王を殺害してしますのです。
これって(狩りの誘い)大長谷王による
単なる市辺之忍歯王の抹殺計画実行だったのでは?
ここからお話が急展開、何処から・誰からお聞きになったのかは不明。
市辺之忍歯王のご子息、
意富祁王(おほけのみこ)〈後の仁賢帝〉
袁祁王(をけのみこ)〈後の顕宗帝〉のお二人は畏れを抱き逃亡。
逃避途中「山代(=山城国)」の「苅羽井」で腹拵えしている時、
顔に刺青をしたお爺さんに「粮(=乾飯)」を奪われる事態に。
お二人は「乾飯は惜しくはないが、貴男はいったい誰?」と尋ねた所、
お爺さんは「私は『山代之猪甘(ゐかい=猪飼)』」と。
この後、猪飼とのやり取りは描写されていません。
更に、お二人は逃避行。
「玖須婆(くすば)之河」を渡り、
「針間國(はりまのくに=播磨国)」に到着。
そして、播磨国の「志自牟(しじむ)之家」に身を隠し、
「馬甘(馬飼)牛甘(牛飼)」をして過ごされていたとか。
この、「猪飼・馬飼・牛飼」の三連発表現の意味するところは
かの時代?畜産業もあったんですよ!って事?  続く。

| | コメント (0)

2015年11月 8日 (日)

荒魂な大長谷王 市辺之忍齒王殺害 541

荒魂な大長谷王。
お次の始業は従兄弟、市辺之忍齒王(いちのべのおしはのみこ)
を殺害するところの古事記原文です。

自茲以後
淡海之佐佐紀山君之祖名韓帒白
淡海之久多(此二字以音)綿之蚊屋野
多在猪鹿
其立足者
如荻原
指擧角者
如枯樹
此時相率市邊之忍齒王
幸行淡海
到其野者
各異作假宮而
宿
爾明旦
未日出之時忍齒王
以平心隨乘御馬
到立大長谷王假宮之傍而
詔其大長谷王子御伴人
未寤坐
早可白也
夜既曙訖可幸獵庭
乃進馬出行
爾侍其大長谷王之御所人等白
宇多弖物云王子(宇多弖三字以音)
故應愼
亦宜堅御身
即衣中服甲
取佩弓矢
乘馬出行
倏忽之間自馬往雙
拔矢
射落其忍齒王
乃亦切其身
入於馬◯  ◯は木偏に宿
與土等埋
於是市邊王之王子等
意富祁王〈後の仁賢帝〉袁祁王〈後の顕宗帝〉(二柱)
聞此亂而逃去
故到山代苅羽井
食御粮之時
面黥老人來
奪其粮
爾其二王言
不惜粮然
汝者誰人
答曰
我者山代之猪甘也
故逃渡玖須婆之河
至針間國
入其國人名志自牟之家
隱身
役於馬甘牛甘也

読み解きは来週に。  続く。

web上では
国立国会図書館 電子図書館蔵書古事記中下巻P101の1行目で
確認可能ですので是非ご覧下さい。

| | コメント (0)

2015年11月 1日 (日)

おませなで荒魂な大長谷王子 540

允恭帝と忍坂大中津姫との五男坊、大長谷王子(後の雄略帝)。
目弱王に兄、安康帝(三男坊)が殺められた事を聞き及ぶと
未だ成人に達していなかったにも関わらず、
気性が荒かったと思われる大長谷王子は怒り心頭?
彼の兄、黒日子王(二男坊)・白日子(四男坊)の吾関せずと云う呈に
腹を立て、お二人をなぜか殺害してしまうのです。
結果的には大長谷王子は権力欲(帝位欲)旺盛だった事に。
その後、彼は軍を結成(彼を盟主にしたいバックがいた事に)、
都夫良意富美(葛城円)邸へ進軍、包囲。
葛城円も大長谷王子軍の侵攻を予想していたのか?
予め防衛体制を敷いており、いきなり矢合戦応酬戦闘状態に。
戦闘が膠着状況の際、
大長谷王子は突如?「以矛為杖(矛を杖にして)」葛城円邸へ向けて
「我所相言之孃子者(我(あ)が相(あひ)言へる孃子(をとめ)は)
 若有此家乎(若(も)しこの家に有りや)」と問いかけます。
何を隠そう、大長谷王子は葛城円のお嬢さん、「訶良比賣(からひめ)」
と未成年に関わらず、なな何と肌を合わせいたのです。
とてもおませな僕チンでは?
大長谷王子の呼びかけに都夫良意富美(葛城円)は自ら
「解所佩兵而(武装を解(と)いて)」恭しく何度も礼を尽くし奏上。
「貴男が所望する私の大事な娘と
 更に、結納品代わりに私の経済的背景である田畑・農業従事者も
 合わせて差し上げます」と。更に匿う目弱王の件については
「血縁のない通り一遍な臣下(=葛城円)である私を頼り、私の邸に
 隠れている王子(=目弱王)を貴男に差し出すわけには行きません。
 それは男の仁義に反します。勝ち目のない戦と承知しておりますが
 王子の為に最後まで闘う所存でございます」と。
そう申し上げた葛城円は再び武具をつけ邸に引き返し、訶良姫の安全
を確保した後、再び戦闘に。
しかしながら、葛城円は力尽き矢折れ、目弱王共々自害。 続く。

| | コメント (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »