« 幼子目弱王 安康帝を斬首 538 | トップページ | おませなで荒魂な大長谷王子 540 »

2015年10月25日 (日)

大長谷王 都夫良意富美邸襲撃 539

兄、安康帝が目弱王により殺害さるの情報を得た
未だ幼い大長谷王子(後の雄略帝)は憤慨し?都夫良意富美邸へ襲撃
におよぶ古事記原文です。

爾大長谷王子(雄略帝)
當時童男
即聞此事以
慷愾忿怒
乃到其兄黒日子王之許曰
人取天皇
爲那何
然其黒日子王
不驚而
有怠緩之心
於是大長谷王詈其兄
言一爲天皇
一爲兄弟
何無侍心
聞殺其兄
不驚而怠乎
即握其衿控出
拔刀打殺
亦到其兄白日子王而
告状如前
緩亦如黒日子王
即握其衿以
引率來
到小治田
掘穴而
隨立埋者
至埋腰時
両目走拔而死
亦興軍
圍都夫良意富美之家
爾興軍待戰
射出之矢如葦來散
於是大長谷王
以矛爲杖
臨其内詔
我所相言之孃子者
若有此家乎
爾都夫良意富美聞此詔命
自參出
解所佩兵而
八度拜
白者
先日所問賜之女子訶良比賣者

亦副五處之屯宅以獻
(所謂五村屯宅者 今葛城之五村苑人也)
然其正身所以不
參向者
自往古至今時
聞臣連隱於王宮
未聞王子隱於臣之家
是以思
賤奴意富美者
雖竭力戰
更無可勝
然侍己
入坐于
隨家之王子者
死而不棄
如此白而
亦取其兵
還入以戰
爾力窮
矢盡
白其王子
僕者手悉傷
矢亦盡
今不得戰
如何
其王子
答詔
然者更無可爲
今殺吾
故以刀刺殺其王子
乃切己頸以死也

読み解きは来週に。  続く。

web上では
国立国会図書館 電子図書館蔵書古事記中下巻P99の8行目で
確認可能ですので是非ご覧下さい。

|

« 幼子目弱王 安康帝を斬首 538 | トップページ | おませなで荒魂な大長谷王子 540 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幼子目弱王 安康帝を斬首 538 | トップページ | おませなで荒魂な大長谷王子 540 »