« 穴穗御子(安康帝)の権力闘争御代 536 | トップページ | 幼子目弱王 安康帝を斬首 538 »

2015年10月11日 (日)

安康帝 不可解な人間模様 537

とても違和を覚える描写ですのでひとまず

<人間模様(関係)整理>

仁徳帝石之姫のお子さん
 履中帝
 墨江之中津王
 反正帝
 允恭帝

仁徳帝髮長姫のお子さん
 大日下王
 若日下部命

 允恭帝忍坂大中津姫のお子さん
  木梨之軽王
    長田大郎女
    境之黒日子王
    安康帝
    衣通郎女
  八瓜之白日子王
  雄略帝
  橘大郎女
  酒見郎女

大日下王と長田大郎女が夫婦(叔父=
安康帝は弟の雄略帝若日下部命(甥=叔母)との結婚を画策。
お節介と思われますが何かの事情があったのかしら
安康帝は若日下部命の兄、大日下王の意向を確認の為
「坂本臣等之祖根臣」を使者として送ります。
允恭帝の申し出を察していたのか?大日下王は快く承諾。
その証として「押木之玉縵(おしきのたまかづら)(=宝冠)」を献上。
しかし、根臣はその宝冠(ティアラ)を「盜取」、大日下王を陥れる為
安康帝へ「讒」言(ざんげん)します。
「大日下王は『勅命』をお受けせず、
 『己妹乎 爲等族之下席而』
 と仰せになりに『横刀』の柄に手をかけ激怒されました」と。
「己妹乎 爲等族之下席而」
私の妹を同族者に「下席(したむしろ)」(寝所で組伏す)にさせない。
これをお聞きになった安康帝は「大怒」。
大日下王を殺害し、彼の奥様、長田大郎女を「取持来」て
ご自分の「嫡妻(むかいめ)(=奥様)」にしてしまうのです。
安康帝長田大郎女は姉弟関係。
これって、木梨之軽王衣通郎女の兄妹相姦は許されず、
姉弟相姦は許されるって事???
とても不可解、奇想天外、摩訶不思議な世界。  続く。

|

« 穴穗御子(安康帝)の権力闘争御代 536 | トップページ | 幼子目弱王 安康帝を斬首 538 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 穴穗御子(安康帝)の権力闘争御代 536 | トップページ | 幼子目弱王 安康帝を斬首 538 »