« 蠣貝に足踏ますな明して通れ 534 | トップページ | 穴穗御子(安康帝)の権力闘争御代 536 »

2015年9月27日 (日)

軽王・衣通郎女 永久(とわ)の愛 535

軽大郎女=衣通郎女(才色兼備=大胆不敵=天真爛漫)=大和撫子
が軽王の目の前に現われ出でたる時、
軽王は愛しく・懐かしく思われ二歌。

許母理久能(こもりくの)
波都世能夜麻能(はつせ〈泊瀬〉のやま〈山〉の)
意冨袁爾波(おほを〈大丘〉には)
波多波理陀弖(はた〈幡〉はり〈張〉だ〈立〉て)
佐袁袁爾波(さをを〈小丘〉には)
波多波理陀弖(幡張り立〉て)
意冨袁爾斯(大丘にし)
那加佐陀賣流(なか〈仲〉さだ〈定〉める)
淤母比豆麻阿波禮(おも〈思〉ひづま〈妻〉あはれ)
都久由美能(つくゆみ〈槻弓〉の)
許夜流許夜理母(こ〈臥〉やる臥やりも)
阿豆佐由美(あづさゆみ〈梓弓〉)
多弖理多弖理母(た〈起〉てり起てりも)
能知母登理美流(のち〈後〉もと〈取〉りみ〈見〉る)
意母比豆麻阿波禮(思ひ妻あはれ)

許母理久能(こもりくの)
波都勢能賀波能(泊瀬のかわ〈河〉の)
賀美都勢爾(かみ〈上〉つせ〈瀬〉に)
伊久比袁宇知(いくひ〈斎杖〉をう〈打〉ち)
斯毛都勢爾(しも〈下〉つ瀬に)
麻久比袁宇知(あくひ〈真杖〉を打ち)
伊久比爾波(斎杖には)
加賀美袁加氣(かがみ〈鏡〉をか〈懸〉け)
麻多比爾波(真杖には)
麻久麻袁加氣(まくま〈真玉〉を懸け)
麻多麻那須(真玉なす)
阿賀母布伊毛(あ〈吾〉がも〈思〉ふいも〈妹〉)
加賀美那須(鏡なす)
阿賀母布都麻(吾が思ふ妻)
阿理登(ありと)
伊波婆許曾爾(い〈言〉はばこそよ)
伊幣爾母由加米(いへ〈家〉にも行かめ)
久爾袁母斯怒波米(くに〈国〉をもしの〈偲〉はめ)

この二歌の隠喩はとても意味深ですので梅原猛さんの訳で。
「泊瀬の山の、大きな丘の上には幡を立て、小さな丘にも幡を立て、
 大きな丘と小さな丘が並んでいる。そのように仲の良い、
 わが愛する妻よ。ああ、
 槻弓のように寝ているときも、
 梓弓のように立っているときも、
 優しく愛撫したおまえを、
 末長くいたわっていきたいと思うのであるが。
 ああ、可哀想なことだ」
「泊瀬の川の
 上流には、神聖な杭を打ち、
 下流には、立派な杭を打ち、
 神聖な杭には鏡を懸け、
 立派な杭には美しい玉を懸け、
 その美しい玉のようにわたしが大切に思う妹よ、
 その鏡ようにわたしが愛しむ妻よ、
 おまえが生きているいうのなら、おまえの家にも尋ねて行き、
 故郷をしのぶこともあろうけれど」
この後、お二人は誰にも邪魔されない空間に旅立つのです。 続く。

|

« 蠣貝に足踏ますな明して通れ 534 | トップページ | 穴穗御子(安康帝)の権力闘争御代 536 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 蠣貝に足踏ますな明して通れ 534 | トップページ | 穴穗御子(安康帝)の権力闘争御代 536 »