« 軽王と軽大郎女(=衣通郎女)の恋愛 530 | トップページ | 大前小前宿禰の粋な計らい 532 »

2015年8月30日 (日)

百官及天下人等の軽王への嫉妬 531

軽王が絶世の妖艶美女、衣通郎女=軽大郎女に現(うつつ)を抜かし
過ぎたのか、周りの取り巻き(「百官及天下人等」)に妬み嫉みが生じ
る状況に陥ります。
当然、軽王も衣通郎女のお兄さんですからイケメン・優男(やさおとこ)
に違いありません。
「百官及天下人等」らはご自分達にはでき得ない事に
嫉妬、逆恨み、軽王の帝位剥奪、
三男坊の穴穗御子(=穴穗命〈後の安康帝〉)へ帝位移行を謀ります。
(次男坊の境之黒日子王は既にお亡くなりになっていたのかしらん?)
穴穗御子は好機到来と考え軽王の抹殺を企て軍を編成します。
軽王はこの事態に畏れおののき、
「意冨麻幣袁麻幣須久泥(大前小前宿禰)」の館に逃避します。
その情報を知り得た
穴穗御子軍は一気呵成に大前小前宿禰の館を取り囲みます。
しかし、天は軽王に味方、
風雲急を告げ「零大氷雨(雹を伴うゲリラ豪雨)」に
穴穗御子達は見舞われたのです。
そこで、穴穗御子は一歌。

意冨麻幣(おほまへ〈大前〉)
袁麻幣須久泥賀(をまへすくね〈小前宿禰〉が)
加那斗加宜(かなと〈金門〉かげ〈陰〉)
加久余理許泥(かくよ〈寄〉りこ〈来〉ね)
阿米多知夜米牟(あめ〈雨〉た〈立〉ちや〈止〉めむ)

穴穗御子軍は門前で雨宿りを余儀なくされたのでした。
この状況を察した大前小前宿禰は剽軽(ひょうきん)にも
「挙手折膝 舞訶那傳(舞奏〈かな〉で) 歌参来」。
まるで大前小前宿禰は今は亡きマイクル(舞来る)・ジャクソン感じ?
そして、マイクル(舞来る)は一歌。

美夜比登能(みやひと〈宮人〉の)
阿由比能古須受(あゆひ〈足結〉のこすず〈小鈴〉)
淤知爾岐登(お〈落〉ちにきと)
美夜比登登余牟(宮人とよむ)
佐斗毘登母由米(さとびと〈里人〉もゆめ)

宮人はシティーボーイ(city boy)で里人はカントリーボーイ(country boy)
都の出来事は田舎者にはチンプンカンプンですわよ。  続く。

|

« 軽王と軽大郎女(=衣通郎女)の恋愛 530 | トップページ | 大前小前宿禰の粋な計らい 532 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 軽王と軽大郎女(=衣通郎女)の恋愛 530 | トップページ | 大前小前宿禰の粋な計らい 532 »