« 男浅津間若子命(允恭帝)の御代 527 | トップページ | 兄妹相姦 軽王・軽大郎女 529 »

2015年7月26日 (日)

允恭帝 遠飛鳥宮を設営 528

男浅津間若子命(允恭帝)時代から帝のお住まい(都)が
難波地域から倭(大和)地域に移動したことが確認できます。
「坐遠飛鳥宮 治天下也」
この「遠飛鳥宮」は「飛鳥の由来と履中帝御代」で出現した地区。
従って、「近飛鳥宮」・「遠飛鳥宮」の遠近起点が難波地区に。
彼の奥様はお一人で忍坂大中津姫(おさかのおおなかつひめ)。
お二人のお子さんは

1 木梨之軽王(きなしのかるのおう)
2 長田大郎女
3 境之黒日子王
4 穴穗命(安康帝)
5 軽大郎女=衣通郎女
6 八瓜之白日子王
7 大長谷命(雄略帝)
8 橘大郎女
9 酒見郎女

の男5名女4名 計9名様。
この内、お二人が「帝位」にお就きになります。
それよりも、
長男の木梨之軽王と二女の軽大郎女=衣通郎女とのロマンス。
この素敵な関係?は後ほど。
男浅津間若子宿禰命(おあさづまわくごのすくねのみこと)〈允恭帝〉
は最初、長く病気を患っていたので帝位を継ぐことを辞退されたとか。
しかし、
奥様を始め「諸卿」らが説得申し上げられ最終的にお受けになったと。
又、男浅津間若子命(允恭帝)の病は「新良國王(新羅国王)」から
送られた貢ぎ物の届け大使、「金波鎭漢紀武」が薬に造詣が深く、
彼により快癒した感じ。
しかしながら、帝位を継ぐ前か後かは不明。
男浅津間若子命(允恭帝)の御代に「氏姓」の整理整頓。
又、経済的基盤を確立する為
名代として「部」を制定。
木梨之軽太子には「軽部」を。
大后(忍坂大中津姫)には「刑部」を。
大后の弟(=妹)の田井中姫には「河部」を。
設定されたとか。 続く。

|

« 男浅津間若子命(允恭帝)の御代 527 | トップページ | 兄妹相姦 軽王・軽大郎女 529 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 男浅津間若子命(允恭帝)の御代 527 | トップページ | 兄妹相姦 軽王・軽大郎女 529 »