« 女鳥王の懇願、隼は雀を殺めて 515 | トップページ | 女鳥王の玉釧(ブレス)ドラマ 517 »

2015年5月 3日 (日)

女鳥王と速総別王の逃避行 516

仁徳帝(大雀命)の怒りを知り、
女鳥王と速総別王のお二人は仲良く逃亡。
「倉椅山=久良波斯夜麻(くらはしやま)」を目指し避難。
この倉椅(=橋)と云う地名は現在、奈良県桜井市倉橋と残存。
その際、速総別王が一歌。

波斯多弖能(はしたての)
久良波斯夜麻袁(くらはしやま〈倉椅山〉を)
佐賀志美登(さが〈嶮〉しみと)
伊波迦伎加泥弖(いは〈岩〉かきかねて)
和賀弖登良須母(わ〈吾〉がて〈手〉と〈取〉らすも)

又、一歌。

波斯多弖能(はしたての)
久良波斯夜麻波(倉椅山は)
佐賀斯祁杼(嶮しけど)
伊毛登能煩禮波(いも〈妹〉とのぼ〈登〉れは)
佐賀斯玖母阿良受(嶮しくもあらず)

仲良しさん同士の空間はいやはや何とも素敵・・・・・。
更に、お二人は倉椅山から「宇陀之蘇邇(そに)」へ逃避。
宇陀の蘇邇と云う地名は現在、奈良県宇陀郡曽爾(そに)村に。
お二人の倉椅山から約20㎞東の蘇邇逃避行をGoogle Earth でご確認を。

女鳥王と速総別王の逃避行

しかし、難波からの仁徳帝(大雀命)軍はこの蘇邇で追いつき
お二人を捕獲・殺傷してしまうのです。
お二人は他界しますが、この愛の凝縮した時空間は
お二人にとって至福であったと考えます。  続く。

|

« 女鳥王の懇願、隼は雀を殺めて 515 | トップページ | 女鳥王の玉釧(ブレス)ドラマ 517 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 女鳥王の懇願、隼は雀を殺めて 515 | トップページ | 女鳥王の玉釧(ブレス)ドラマ 517 »