« 仁徳帝 国造りに着手 都市・自由国家 499 | トップページ | 仁徳帝=聖帝 課税免除政策 501 »

2015年1月11日 (日)

仁徳帝 課税免除で国造り 500

遅ればせながら、
新年明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては良い年を迎えられたましたでしょうか?
今年も何卒、宜しくお願い申し上げます。
 
それでは、昨年からの続きで
新年に相応(ふさわ)しい仁徳帝の有名な美しきお話が展開する
古事記原文です。
                       
於是天皇
登高山
見四方之國
詔之
於國中烟不發
國皆貧窮
故自今至三年
悉除人民之課役
是以大殿破壊
悉雖雨漏
都勿脩理
以楲受其漏雨
遷避于不漏處
後見國中
於國滿烟
故爲人民冨
令科課役
是以百姓之榮
不苦役使
故稱其御世謂聖帝世也

読み解きは来週に。  続く。

web上では
国立国会図書館 電子図書館蔵書古事記中下巻P78の16行目で
確認可能ですので是非ご覧下さい。

|

« 仁徳帝 国造りに着手 都市・自由国家 499 | トップページ | 仁徳帝=聖帝 課税免除政策 501 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 仁徳帝 国造りに着手 都市・自由国家 499 | トップページ | 仁徳帝=聖帝 課税免除政策 501 »