« 古事記下巻 仁徳帝に 498 | トップページ | 仁徳帝 課税免除で国造り 500 »

2014年12月21日 (日)

仁徳帝 国造りに着手 都市・自由国家 499

巨大な前方後円墳にお眠りなる大雀命(仁徳帝)。
ここからの古事記は史実として登場する箇所が散見され
非常に興味深く、胸が高まる処です。
大雀命(仁徳帝)のお住まいは
「難波之高津宮(なにはのたかつみや)」。
この位置確認の為、久しぶりにグーグルアースのお力を借りて。
(現住所は大阪市中央区高津1丁目1番29号と)
赤くポイントされている箇所が難波之高津宮です。

 

仁徳帝

この位置が意味するのは大阪湾のすぐ近くって事。
これはとても重要なポイントです。 それは又、折に触れます。
次は彼の奥様とお子様の紹介です。
大雀命(仁徳帝)の奥様は四人、お子さんは六人。

石之姫命(本妻 葛城出身) 〈葛城(かつらぎ)部〉
 大江之伊邪本和気命 〈後の履中帝〉 〈壬生(みぶ)部〉
 墨江之中津王
 蝮之水齒別命 〈後の反正帝〉 〈蝮(たぢひ)部〉
 男浅津間君子宿禰命 〈後の允恭帝〉
髮長姫(日向出身)
 波多毘能大郎子=大日下王 〈大日下(おおくさか)部〉
 波多毘能之若郎女=長日姫命=若日下部命 〈若日下部〉
八田若郎女
宇遅能若郎女

髮長姫は既に登場されています。
「応神帝 髪長姫を大雀命に譲る」
「大雀命(後の仁徳帝) 大願成就」 でご確認を。
八田若郎女・宇遅能若郎女のお二人も
「応神帝は10名の奥様を」 で登場されています。
八田若郎女は応神帝が次期帝にしたかった宇遅能和紀郎子の実妹。
宇遅能和紀郎子が死に際し、
大雀命(仁徳帝)に宜しく頼むとお願いしていましたよね。
大雀命(仁徳帝)はお約束を守った事になります。
詳細は 「帝位譲り合い 困窮の海人(あま)」 で。
ここで特記事項が発生。
今までの帝は
成務帝 ⇒ 仲哀帝 (倭建命の息子) の甥相続以外
全て父子相続であったにも関わらず、
大雀命(仁徳帝)のお子さん三人が 「帝」 になり兄弟相続が発生。
この件も重要なポイントに。
次は 「部(べ)」 を設定し経済集団単位形成へ。
(葛城部 壬生部 蝮部 大日下部 若日下部)
最後は国造りで大切な治水・土木・港湾事業・食糧貯蔵所の描写。
茨田堤(まむたのつつみ) 〈防波堤〉 「茨田」 地区は既出。
茨田三宅(=屯倉)(まむたのみやけ) 〈食糧貯蔵倉庫〉
丸邇池(わにのいけ)
依網池(よさみのいけ)
難波之堀江(なにはのほりえ)を掘削、
 「通海(大阪湾迄)」〈人工運河〉
又掘小椅江(をばしのえ)
又定墨江之津(すみのえのつ)

難波(なには)=浪速(なみはや)地区の初見は
神武帝での 「浪速の渡し場」 次は
応神帝と仁徳帝が登場する 「応神帝 髪長姫を大雀命に」 での
「難波津」。ここで 「依網池」 の描写も。
「依網池」 の初見は崇神帝の御代で登場しています。
「国造り」 は特定地域、経済集団体制造り。
大雀命(仁徳帝)をリーダーとして、商工業・農業を営む人達が
ここの難波地域に自然に結集したのでしょう。
墨江之津(住之江津)はまさに外国通商貿易港。
ここに初めて
日本の村(邑)落から原初都市国家・自由都市の出現が確認できます。
 続く。

今年も一年ご覧頂きまして有難うございました。
わたくしども ZIPANGU は冬休みを頂きます。
皆様におかれましては良いお年をお迎え下さい。

来年も乞うご期待。 それではご機嫌よう。

|

« 古事記下巻 仁徳帝に 498 | トップページ | 仁徳帝 課税免除で国造り 500 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 古事記下巻 仁徳帝に 498 | トップページ | 仁徳帝 課税免除で国造り 500 »