« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月27日 (日)

応神帝 髪長姫を大雀命に譲る 480

 綺麗な女性に目がない殿方、応神帝もご多分に漏れず
 日向国のロングヘアーの美くしき女性の情報がもたらせられると
 早速、彼女(髪長姫)を呼び出します。
 権力が伴う男性はこれがいとも簡単におできになれるから素敵っ。
 それはさて置き、彼女は帝の思し召しですから早速都へ旅立ち。
 日向国に住まう髪長姫ですから、瀬戸内海を東上したのでしょう。
 舟旅に終わりを告げ難波津で休息をお取りになっていた際、
 なぜか、大雀命(おおさぎさのみこと=後の仁徳帝)が難波津に
 おられ彼女をチラミする機会があったのでしょう。
 お若い大雀命 「姿容之端正」 な彼女に一発で胸キュン。
 難波津界隈でお遊びになっておられた大雀命はいつも
 見慣れない彼女の存在にピーンと来たのでしょう?
 きっと以て、父の応神帝の為せる業と。
 早速、父の懐刀、建内宿禰大臣にお・ね・が・い。
 「彼女が欲しい」 と直接畏れ多い父には云えず建内宿禰大臣に依頼。
 建内宿禰大臣はその旨応神帝にお伝えすると
 快く?承諾下さったのです。
 頃合いは 「豊明之日(とよあかりのひ)=新嘗祭」、
 今年の五穀豊穣を祝い、新穀を食し、諸臣に振る舞う日。
 (彼女を新穀扱いされたのかしら? それはいけません事)
 更に酒宴の最中、髪長姫に 「大御酒柏(柏製の杯)」 を大雀命に
 渡すよう促し、そこで一歌。
                                     
伊邪古杼母(いざこども〈子等〉)
怒毘流都美邇(のびる〈野蒜〉つ〈摘〉みに)
比流都美邇(ひる〈蒜〉摘みに)
和賀由久美知能(わ〈吾〉がゆ〈行〉くみち〈道〉の)
迦具波斯(かぐ〈香〉はし)
波那多知婆那波(はなたちばな〈花橘〉は)
本都延波(ほ〈上〉つえ〈枝〉は)
登理韋賀良斯(とり〈鳥〉ゐがら〈居枯〉らし)
志豆延波(し〈下〉づ枝は)
比登登理賀良斯(ひと〈人〉と〈取〉り枯らし)
美都具理能(みつぐりの)
那迦都延能(なか〈中〉つ枝の)
本都毛理(ほつもり)
阿迦良袁登賣袁(あか〈赤〉らをとめ〈嬢子〉を)
伊邪佐佐婆(いざ〈誘〉ささば)
余良斯那(よ〈宜〉らしな)
                               
 続けてもう一歌。
美豆多麻流(みず〈水〉たま〈溜〉る)
余佐美能伊氣能(よさみ〈依網〉のいけ〈池〉の)
 * 依網・・・川波と海の波とが相寄せる所
韋具比宇知(ゐぐひ〈堰杙〉う〈打〉ち)
比斯賀良能(ひしがらの)
佐斯祁流斯良邇(さしけるし〈知〉らに)
奴那波久理(ぬなはくり)
波閉祁久斯良邇(はへけく知らに)
和賀許許呂志叙(吾がこころ〈心〉しぞ)
伊夜袁許邇斯弖(いやをこにして)
伊麻叙久夜斯岐(いま〈今〉ぞくや〈悔〉しき)

 最初の歌で応神帝は歳にも関わらず?うら若き乙女を
 お嫁さんにするつもりでうきうき。
 しかし、次の歌では息子の大雀命が彼女を所望したい情報を得て
 よくよく考えてみるとご自分の鼻の下の長さとエゴに呆れ、
 ちょっぴり悔いを残すも大雀命に髪長姫を譲るのです。    続く。

| | コメント (0)

2014年7月20日 (日)

顏容麗美な日向の髪長姫 479

 日向国の麗しく美しいロングヘアーのお嬢さん(髪長姫)が登場。
 そこの古事記原文です。

天皇聞看日向國跳縣君之女名髮長比賣
其顏容麗美
將使而
喚上之時
其太子大雀命
見其孃子泊于難波津而
感其姿容之端正
即誂告建内宿禰大臣
是自日向喚上之髮長比賣者
請白天皇之大御所而
令賜於吾
爾建内宿禰大臣請大命者
天皇即以髮長比賣賜其御子
所賜状者天皇聞看豐明之日
於髮長比賣令握大御酒柏
賜其太子
爾御歌曰
伊邪古杼母
怒毘流都美邇
比流都美邇
和賀由久美知能
迦具波斯
波那多知婆那波
本都延波
登理韋賀良斯
志豆延波
比登登理賀良斯
美都具理能
那迦都延能
本都毛理
阿迦良袁登賣袁
伊邪佐佐婆
余良斯那
又御歌曰
美豆多麻流
余佐美能伊氣能
韋具比宇知
比斯賀良能
佐斯祁流斯良邇
奴那波久理
波閉祁久斯良邇
和賀許許呂志
叙伊夜袁許邇斯弖
伊麻叙久夜斯岐
如此歌而賜也
故被賜其孃子之後
太子歌曰
美知能斯理
古波陀袁登賣袁
迦微能碁登
岐許延斯迦杼母
阿比麻久良麻久
又歌曰、
美知能斯理
古波陀袁登賣波
阿良蘇波受
泥斯久袁斯叙母
宇流波志美意母布
又吉野之國主等
瞻大雀命之所佩御刀
歌曰
本牟多能
比能美古
意冨佐邪岐
意冨佐邪岐
波加勢流多知
母登都流藝
須惠布由
布由紀能須
加良賀志多紀能
佐夜佐夜
又於吉野之白檮上作横臼而
於其横臼醸大御酒
獻其大御酒之時
撃口鼓爲伎而
歌曰
加志能布邇
余久須袁都久理
余久須邇
迦美斯意冨美岐
宇麻良爾
岐許志母知袁勢
麻呂賀知
此歌者
國主等獻大贄之時時恒
至于今詠之歌者也
此之御世定賜海部山部山守部伊勢部也
亦作劔池
亦新羅人參渡來
是以建内宿禰命引率爲役之堤池而
作百濟池
亦百濟國主照古王
以牡馬壹疋牝馬壹疋
付阿知吉師以貢上(此阿知吉師者阿直史等之祖)
亦貢上横刀及大鏡
又科賜百濟國
若有賢人者貢上
故受命以貢上人名和邇吉師
即論語十卷千字文一卷并十一卷
付是人即貢進(此和邇吉師者文首等祖)
又貢上手人韓鍛名卓素亦呉服西素二人也
又秦造之祖漢直之祖
及知釀酒人名仁番亦名須須許理等
參渡來也
故是須須許理釀大御酒以獻
於是天皇宇羅宜是所獻之大御酒而(宇羅宜三字以音)
御歌曰
須須許理賀
迦美斯美岐邇
和禮惠比邇祁理
許登那具志
惠具志爾
和禮惠比邇祁理
如此之歌幸行時
以御杖打大坂道中之大石者
其石走避
故諺曰堅石避醉人也

 読み解きは来週に。
                            続く。
 web上では
 国立国会図書館 電子図書館蔵書古事記中下巻P64の10行目で
 確認可能ですので是非ご覧下さい。

| | コメント (0)

2014年7月13日 (日)

眉化粧した名宮主矢河枝姫 478

 近淡海国 (近江国)を目指す応神帝は 「木幡村」 に。
 (木幡村は現在の京都府宇治市木幡)
 その地で 「麗美孃子(麗しく・美しいお嬢さん)」 に遭遇。
 応神帝は即、胸キュンで
 「あなたは誰のお子さんじゃ」 と声をかけるのです。
 眉目秀麗なお嬢さんは
 「私は丸邇之比布礼能意冨美之女名宮主矢河枝姫です。」
 (わにのひふれのおほみの娘でみやぬしやかわえひめ)
 と答えます。
 すると応神帝は
 「明日、お家に帰る時、貴女の処に寄るね」 と。
 と云うことはお嬢さんの名前を聞いただけで彼女の居場所が
 分かる程、丸邇之比布礼能意冨美は木幡村ではメジャーなお方に。
 初(うぶ)な?彼女は唐突な申し出にビックリしなかったのかしら
 近江へ向かう応神帝一行が遠くになると早速彼女はお家へ。
 父に、今し方、こんな、事があったのですとつぶさにご報告。
 父は娘の報告にそのお方は畏れ多くも 「帝」 であると確信。
 娘の宮主矢河枝姫に応神帝に召されるように促します。
 早速、丸邇之比布礼能意冨美は家を飾り整え供応も準備万端で
 明日の応神帝のお越しを娘と共にお待ちします。
 翌日、応神帝は予定通りのご訪問。
 先ずはご挨拶?、ご接待のお食事へ。
 宮主矢河枝姫は応神帝に神酒を注がれた盃を差し上げる役。
 そこで応神帝の一歌。
                                    
許能迦邇夜(このかに〈蟹〉や)
伊豆久能迦邇(いづくのかに〈蟹〉)
毛毛豆多布(ももづたふ)
都奴賀能迦邇(つぬが〈角賀=敦賀〉の蟹)
余許佐良布(よこ〈横〉さらふ)
伊豆久邇伊多流(いづくにいた〈至〉る)
伊知遲志麻(いちぢしま)
美志麻邇斗岐(みしまにとき)
美本杼理能(みほどりの)
迦豆伎伊岐豆岐(かづきいき〈息〉づき)
志那陀由布(しなだゆふ)
佐佐那美遲袁(ささなみぢを)
須久須久登(すくすくと)
和賀伊麻勢婆夜(わがいませばや)
許波多能美知邇(こはた〈木幡〉のみち〈道〉に)
阿波志斯袁登賣(あ〈逢〉わししをとめ〈乙女〉)
宇斯呂傳波(うしろ〈後〉では)
袁陀弖呂迦母(をだて〈小楯〉ろかも)
波那美波志(はな〈歯並〉みはし)
比斯那須(ひし〈菱〉なす)
伊知比韋能(いちひゐ〈櫟井・・・地名〉の)
和邇佐能邇袁(わにさ〈和邇坂〉のに〈土〉を)
波都邇波(はつに〈初土〉は)
波陀阿可良氣美(はだ〈膚〉あか〈赤〉らけみ)
志波邇波(しはに〈底土〉は)
邇具漏岐由惠(にぐろ〈丹黒〉きゆえ)
美都具理能(みつぐり〈三栗〉の)
曾能那迦都邇袁(そのなか〈中〉つに〈土〉を)
加夫都久(かぶ〈顔〉つく)
麻肥邇波阿弖受(まひ〈真火〉にはあ〈当〉てず)
麻用賀岐許邇(まよ〈眉〉が〈描〉きこ〈濃〉に)
加岐多禮(か〈描〉きた〈垂〉れ)
阿波志斯袁美那(あ〈逢〉わししをみな〈女〉)
迦母賀登(かもがも)
和賀美斯古良(わ〈我〉がみ〈見〉しこ〈子〉ら)
迦久母賀登(かくもがと)
阿賀美斯古邇(我が見し子に)
宇多氣陀邇(うたけ〈宴〉だに)
牟迦比袁流迦母(む〈向〉かひをるかも)
伊蘓比袁流迦母(いそ〈添〉ひをるかも)

 突如、ズワイ蟹の登場。冬の海鮮味覚の代表。
 ズワイ蟹には北から松葉蟹、紅ズワイ蟹、越前蟹等々。
 それはさて置き、
 「都奴賀(角賀)蟹(=応神帝)は美女捜しに色んな処へ横歩き。
  ご自分で探索した感じ。(これはとっても偉い!)
  ところが都奴賀(角賀)にまっすぐ向かったら
  宇治の木幡で麗美孃子とご対面。
  彼女は濃い眉毛描ぎメイクで応神帝を一発で魅惑。
  昔から求めていたそんな彼女が今私の側に」 ってな感じ。 
 そして、二人は結ばれ、応神帝が世継ぎにしたい
 宇遅能和紀郎子(うじのわきのいらっこ)がお生まれになったのです。
 応神帝は彼女にゾッコンだったのですね。                   続く。

| | コメント (0)

2014年7月 6日 (日)

大山守命 兄 大雀命 弟 477

 応神帝はお子さんの
 大山守命(おおやまもりのみこと)と
 大雀命(おおさざきのみこと) のお二人に問い出します。
 「お前達は兄弟のどちらが「愛」(かわゆい)と思う?」 と。
 この質問には応神帝の思惑があったのです。
 古事記の注釈に
 「天皇所以発是問者 宇遅能和紀郎子 有令治天下之心也」
 とあり、彼は宇遅能和紀郎子を跡継ぎにしたかったのです。
 宇遅能和紀郎子は大山守命と大雀命より年少だったのです。
 そして、この問いに年長の大山守命は兄と答えます。
 一方、年中の大雀命は父、応神帝の心根(音)を察し
 「兄は既に大きくなっていて心配ありませんが
  弟は未だ幼い故、よりかわゆく思います。」 と答えるのです。
 そこで、応神帝は
 「佐邪岐(さざき)=大雀命の言が私の思い」 だとおっしゃり、
 大山守命は「山海之政(山海の管理)」
 大雀命は「執食国之政(国務の管理)」
 宇遅能和紀郎子は「天津日継(私の世継ぎ)」 と命じられた。
 以後、大雀命はこの命を守り、
 大山守命は守らなかったとここで前もって暗示を。
 突如、新展開して
 ある時、応神帝は近淡海国 (近江国) に赴くこうとされ
 途中 「御立宇遅(宇治)野上 望葛野」 で一歌。

知婆能(ちば〈千葉〉の)
加豆怒袁美禮婆(かづの〈葛野〉をみ〈見〉れば)
毛毛知陀流(ももちだる)
夜邇波母美由(やには〈家庭〉もみ〈見〉ゆ)
久爾能冨母美由(くに〈国〉のほもみ〈見〉ゆ)

 宇遅(宇治)・葛野は山城国(京都府)に。
 その時代、葛野は緑溢れ家・庭もあり豊かな地域だった感じ。
                                                                             続く。

| | コメント (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »