« 倭建命の息子が仲哀帝に 457 | トップページ | 神懸かり神功皇后のご神託 459 »

2014年2月23日 (日)

仲哀帝と神宮皇后登場 458

 この仲哀帝と神宮皇后が登場する描写では初めて外国の地名が
 表記されます。
 その地名は「新羅」と「百濟(済)」。
 更に久しぶりに 「天照大神」 の表記も見られます。
 先ずは古事記原文をご覧ください。

帶中日子天皇(=仲哀帝)
坐穴門之豐浦宮
及筑紫訶志比宮
治天下也。
此天皇
娶大江王之女
大中津比賣命
生御子
香坂王
忍熊王 二柱
又娶息長帶比賣命(=神功皇后)
是大后生御子
品夜和氣命
次大鞆和氣命
亦名品陀和氣命(=応神帝) 二柱
此太子之御名
所以負大鞆和氣命者
初所生時
如鞆宍生御腕故
著其御名
是以知坐腹中定國也
此之御世
定淡道之屯家也

其大后息長帶日賣命者
當時歸神
故天皇坐筑紫之訶志比宮
將擊熊曾國之時
天皇控御琴而
建內宿祢大臣
居於沙庭
請神之命
於是大后歸神
言教覺詔者
西方有國
金銀爲本
目之炎耀種種珍寶
多在其國
吾今歸賜其國
爾天皇答白
登高地
見西方者
不見國土
唯有大海
謂爲詐神而
押退御琴
不控
默坐
爾其神大忿詔
凡茲天下者
汝非應知國
汝者向一道
於是建內宿祢大臣白
恐我天皇
猶阿蘇婆勢其大御琴(自阿至勢以音)
爾稍取依其御琴而
那摩那摩邇(此五字以音)
控坐故
未幾久而
不聞御琴之音
即擧火見者
既崩訖
爾驚懼而
坐殯宮
更取國之大奴佐而(奴佐二字以音)
種種求
生剥逆剥
阿離溝埋屎戸
上通下通婚
馬婚牛婚鷄婚之罪類
爲國之大祓而
亦建內宿祢居於沙庭
請神之命
於是教覺之狀
具如先日
凡此國者
坐汝命御腹之御子
所知國者也
爾建內宿祢白
恐我大神
坐其神腹之御子
何子歟
答詔男子也
爾具請之
今如此言教之大神者
欲知其御名
即答詔
是天照大神之御心者
亦底筒男中筒男上筒男
三柱大神者也(此時其三柱大神之御名者顯也)
今寔思求其國者
於天神地祇
亦山神及河海之諸神
悉奉幣帛
我之御魂坐于船上而
眞木灰納瓠
亦箸及比羅傳(此三字以音)
多作
皆皆散浮大海
以可度
故備如教覺
整軍
雙舩
度幸之時
海原之魚
不問大小
悉負御舩而渡
爾順風大起
御舩從浪
故其御舩之波瀾
押騰新羅之國
既到半國
於是其國王畏惶奏言
自今以後
隨天皇命而
爲御馬甘
毎年雙舩
不乾舩腹
不乾◯檝  ◯は舟偏に也
共與天地
無退仕奉
故是以新羅國者
定御馬甘
百濟國者
定渡屯家
爾以其御杖
衝立新羅國主之門
即以墨江大神之荒御魂
爲國守神而
祭鎭
還渡也
故其政未竟之間
其懷妊臨產
即爲鎭御腹取石以纒御裳之腰而
渡筑紫國
其御子者阿禮坐(阿禮二字以音)
故號其御子生地
謂宇美也
亦所纒其御裳之石者
在筑紫國之伊斗村也
亦到坐筑紫末羅縣之玉嶋里而
御食其河邊之時
當四月之上旬
爾坐其河中之礒
拔取御裳之糸
以飯粒爲餌
釣其河之年魚
(其河名謂小河 亦其礒名謂 勝門比賣也)
故四月上旬之時
女人拔裳糸
以粒爲餌
釣年魚至于今不絶也

 読み解きは来週に。                                                 続く。

 web上では
 国立国会図書館 電子図書館蔵書古事記中下巻P53の14行目で
 確認可能ですので是非ご覧下さい。

|

« 倭建命の息子が仲哀帝に 457 | トップページ | 神懸かり神功皇后のご神託 459 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 倭建命の息子が仲哀帝に 457 | トップページ | 神懸かり神功皇后のご神託 459 »