« 倭建命 出雲建へ姑息な騙し 446 | トップページ | 倭建命 東国旅程考 448 »

2013年11月10日 (日)

倭建命 東国遠征へ 447

 西国平定を終え帰還した倭建命に新たな景行帝からのミッション。
 東国平定の命を授けられます。
 ここの東国遠征へは古事記によく取り上げられる箇所の一つ。
 先ずはそこの古事記原文です。

爾天皇亦頻詔倭建命
言向和平東方十二道之荒夫琉神
及摩都樓波奴人等而
副吉備臣等之祖
名御鉏友耳建日子而
遣之時
給比比羅木之八尋矛(比比羅三字以音)
故受命
罷行之時
參入伊勢大御神宮
拜神朝廷
即白其姨倭比賣命者
天皇既所以思吾死乎
何擊遣西方之惡人等而
返參上來之間
未經幾時
不賜軍衆
今更平遣東方十二道之惡人等
因此思惟
猶所思看吾既死焉
患泣罷時
倭比賣命
賜草那藝劒(那藝二字以音)
亦賜御囊而
詔若有急事
解茲囊口
故到尾張國
入坐尾張國造之祖
美夜受比賣之家
乃雖思將婚
亦思還上之時將婚
期定而
幸于東國
悉言向和平山河荒神
及不伏人等
故爾到相武國之時
其國造詐白
於此野中有大沼
住是沼中之神
甚道速振神也
於是看行其神
入坐其野
爾其國造
火著其野
故知見欺而
解開其姨倭比賣命之所給囊口而見者
火打有其裏
於是先以其御刀苅撥草
以其火打而
打出火
著向火而
燒退
還出
皆切滅其國造等
即著火燒
故其地者
於今謂燒津也
自其入幸
渡走水海之時
其渡神興浪
廻舩
不得進渡
爾其后名弟橘比賣命白之
妾易御子而入海中
御子者
所遣之政遂應覆奏
將入海時
以菅疊八重
皮疊八重
絁疊八重
敷于波上而
下坐其上
於是其暴浪自伏
御舩得進
爾其后歌曰
佐泥佐斯 
佐賀牟能袁怒邇 
毛由流肥能 
本那迦邇多知弖 
斗比斯岐美波母
故七日之後
其后御櫛
依于海邊
乃取其櫛
作御陵而
治置也
自其入幸
悉言向荒夫琉蝦夷等
亦平和山河荒神等而
還上幸時
到足柄之坂本
於食御粮處
其坂神
化白鹿而來立
爾即以其咋遺之蒜片端
待打者中其目
乃打殺也
故登立其坂
三歎詔云阿豆麻波夜(自阿下五字以音也)
故號其國謂阿豆麻也
即自其國越
出甲斐
坐酒折宮之時
歌曰
邇比婆理 
都久波袁須疑弖 
伊久用加泥都流
爾其御火燒之老人續御歌以歌曰
迦賀那倍弖 
用邇波許許能用 
比邇波登袁加袁
是以譽其老人
即給東國造也
自其國越科野國
乃言向科野之坂神而
還來尾張國
入坐先日所期美夜受比賣之許
於是獻大御食之時
其美夜受比賣
捧大御酒盞以獻
爾美夜受比賣
其於意須比之襴(意須比三字以音)
著月經
故見其月經
御歌曰
比佐迦多能 
阿米能迦具夜麻 
斗迦麻邇 
佐和多流久毘 
比波煩曾 
多和夜賀比那袁 
麻迦牟登波 
阿禮波須禮杼 
佐泥牟登波 
阿禮波意母閇杼 
那賀祁勢流 
意須比能須◯爾 ◯は 蘓 魚の下が火
都紀多知邇祁理
爾美夜受比賣
答御歌曰
多迦比迦流 
比能美古 
夜須美斯志 
和賀意富岐美
阿良多麻能 
登斯賀岐布禮婆 
阿良多麻能
都紀波岐閇由久 
宇倍那宇倍那 
岐美麻知賀多爾 
和賀祁勢流 
意須比能須◯爾 
都紀多多那牟余

 読み解きは来週に。                                        続く。

 web上では
 国立国会図書館 電子図書館蔵書古事記中下巻P44の10行目で
 確認可能ですので是非ご覧下さい。

|

« 倭建命 出雲建へ姑息な騙し 446 | トップページ | 倭建命 東国旅程考 448 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 倭建命 出雲建へ姑息な騙し 446 | トップページ | 倭建命 東国旅程考 448 »