« 小碓命 倭姫命に衣装を所望 444 | トップページ | 倭建命 出雲建へ姑息な騙し 446 »

2013年10月27日 (日)

倭建命 女形変身物語 445

 小碓命(倭建命)は多分海路で熊曾国へ到着。
 誰かにお聞き成ったのか?熊曾建二人が住まうと思しき所へ
 足を運ぶと何と家を三重にも巡らす武装軍団が護衛している状況。
 この護衛、
 常時なのか大和地区豪族軍団来襲を予想していたかは
 何も触れていません。
 何やら家(「屋」)を新築していたらしく完成し
 新築記念の宴(「御室楽」)の準備に大忙しの様相。
 小碓命(倭建命)は宴の日取りまで時を過ごす事に。
 いよいよ待ちに待った新築記念宴の期日が到来。
 彼も準備に取り掛かります。
 先ず、額に結った髪を解きほぐし、
 初々しい乙女ヘアールック、ナチュラルセミロングの髪型に。
 (「如童女之髮梳垂其結御髮」)
 お次は、
 伊勢の叔母様に頂いたヤングカジュアル衣装にお着替え。
 おじさま胸ドキ、JK散歩風ファッション?にヘ・ン・シ・ン。
  (「成童女之姿」)
 そこで意を決し、いそいそと年増女性達の中を進み
 新築された家に侵入成功。
 概(おおむ)ね殿方は何につけ初ものが大好き?
 熊曾建兄弟も
 ご多分に漏れずうら若き女形姿の小碓命(倭建命)に
 いち早く気づき、いたく感じ入る始末。
 「ちこう寄れ」 ってな感じで熊曾建兄弟お二人の側(そば)に
 侍らせる事態に。(多分お酌をさせたのでしょう)
 やがて、酔いが回り宴も 「酣(たけなわ)」 を迎えます。
 その時を待ち兼ねていた様に、
 女形=小碓命(倭建命)は懐に忍ばせた剱を取り出し
 熊曾建兄の 「衿(=襟)」 を掴むや否や心の臓を一刺し。
 その光景を目(ま)の当たりにした熊曾建弟は畏れおののき
 その場から逃げ出す挙(きょ)に。
 そうはさせじと、女形=小碓命(倭建命)はすぐさま彼を追い、
 背中を掴み、彼のお尻を刺し通し。
 お尻を刺された熊曾建弟は痛みに堪え
 (ひよっとしたら気持ちいい? そんな事は・・・。)
 「どうか剱(「刀」)を動かさないで
 貴女(男)にお話ししたい事があります」 と訴えます。
 小碓命(倭建命)は暫し許し、彼を押し倒し話し聞きます。
 熊曾建弟はすぐさま
 「あなたは一体誰なの?」
 小碓命(倭建命)はすかさず
 「わたくしは大和におわします景行帝の息子」
 「名は倭男具那王(やまとおぐなのみこ)」
 「貴男達兄弟は父の命に従わず、礼を欠く輩」
 「それ故、貴男達の退治に遣わされた」 と。
 動けず、如何ともしがたい熊曾建弟は
 「貴男のおっしゃる通りです。
  この西国では私達以外強い(「建」)リーダーはおりません。
  貴男に不覚を取った以上(姑息な手段とは云え)降参です。
  貴男は私達兄弟を抹殺したのですから、どうか今後は、
  『「倭建御子」=倭建命』 とお名告り下さい。
 倭建命は聞くや否や、お尻から剱を抜き
 熊曾建弟を否応なく滅多切りにしてしまったのです。
 ここ迄が倭建命 女形変身物語。
 次の展開はより姑息な手段が使われるのです。          続く。

|

« 小碓命 倭姫命に衣装を所望 444 | トップページ | 倭建命 出雲建へ姑息な騙し 446 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小碓命 倭姫命に衣装を所望 444 | トップページ | 倭建命 出雲建へ姑息な騙し 446 »