« 昔の名前で 醜女物語2 438 | トップページ | 小碓命(倭建命)の登場 440 »

2013年9月15日 (日)

登岐士玖能迦玖能木実 439

 そのメルヘンチック物語は 「常世国より持ち帰る橘(たちばな)」。
 垂仁帝は 「登岐士玖能迦玖能木実(ときじくのかくのこのみ)」 を
 所望します。
 後先になりますがこの登岐士玖能迦玖能木実は 「橘」 と。
 「右近の橘、左近の桜」 の橘(たちばな)です。
 日本書紀では 「非時香菓」 と表記されています。
 「一年中香りが漂う果実」 って意味合いになると思われます。
 とすると、これは果実をもぎ取らない限り2年程落果しない
 「橙(代々=回青橙)」 の事を云ったのでしょう。
 橙の実は黄色みの強い緑色から橙色になり
 又、緑色への繰り返し。
 垂仁帝が欲しがるのですからこの橘(橙)はかの時代?
 とても貴重ものだったに違いありません。
 又、橙は飛鳥・奈良時代では阿部橘と。
 橘をこよなく愛した阿部=阿閇皇女 (後の元明帝<661~721>)
 から命名されたものと考えます。
 彼女の父は天智帝で持統帝とは従姉妹関係。
 そしてその在りかは 「常世国(とこよのくに)」 とか。
 常世国は以前 「奇妙な少名毘古那神」 で出現。
 この際、常世国を
1 遥か遠い海の彼方に有るのではないかと想像した国。
2 道教ライクでは不老不死の国。
3 死して赴く国。黄泉(よみ)の国。
 と考えていました。
 しかし、常世国に橘(橙)が生育している訳ですから実在の国。
 現在、橙の生産量№1は和歌山県(紀伊国)田辺市
 太陽が燦々と当たる海岸沿いが橙生産に適しているとの事。
 とすると論理的、常世国は木国(紀伊国)に。
 只、この推論ではメルヘンの 「メ」 の字もなく
 「メッ」 って叱られそう。
 常世国から橘(橙)を持ち帰る役目を仰せつかった方は
 三宅連等の祖、多遅摩毛理(たぢまもり)
 彼は垂仁帝の命を受け
 遥か遠い海の彼方に有り、
 不老不死の国とも云われる常世国に
 万難を排し、やっとの事で辿り着き、
 登岐士玖能迦玖能木実を手に入れ、
 大和に帰国しますが時既に遅く(かなりの時間経過?)
 垂仁帝は崩御されていました。
 多遅摩毛理は途方に暮れ、
 遠路遙々(はるばる)持ち帰った(枝葉付き)橘(橙)の半分を
 後妻である比婆須姫命(ひばすひめ)に差し上げ、
 残る半分は垂仁帝の 「御陵戸」 に供え、もぎ取った木実を捧げ
 「やっとのことで橘(橙)を持ち帰りました」 と
 慟哭しながらご報告し終わるや否や
 帝の不在とお仕事疲れが 「ドット」 出てなくなったとの事。
 又、橘(橙)をプレゼントされた比婆須姫命が亡くなった際、
 「石祝作(いわきつくり)」 と 「土師部(はにしべ)」 が
 制定されたとの由。                                                   続く。

|

« 昔の名前で 醜女物語2 438 | トップページ | 小碓命(倭建命)の登場 440 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昔の名前で 醜女物語2 438 | トップページ | 小碓命(倭建命)の登場 440 »