« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月25日 (日)

失声症快癒 肥長姫の愛 436

 出雲(いずも)に向かう三人衆達、遠い道のり。
 (そう云えば8/6進水した海自最大の護衛艦名が 「いずも」。)
 そこで、又、どのコースで行ったら良いか占います。
 結果は 「那良戸(奈良山越え)」 「大坂戸(大阪山越え)」 は凶、
 「木戸(紀伊国の真土山・待乳山越え)」 が吉に。
 最短距離を取らず迂回する事に決定。
 神武帝以来どうも 「紀伊国」 は何かにつけて良い所なのでしょう。
 やがて、一行は目指す出雲に到着。
 早速、出雲(大国主命=大物主命)大神が祀られている
 どことなく朽ちかけている社(やしろ)を手厚く参拝。
 帰途に着こうとすると
 出雲国の皆さんは遙々(はるばる)大和国から
 お越しの三人衆に 「肥河(斐伊川)」 に橋を拵(こしら)え
 仮宮までも造作し歓待。
 出雲国造の祖、「岐比佐都美(きひさつみ)」 は
 わざわざ斐伊川下に緑美しい青葉で山のオブジェを設営、
 それが見渡せるお部屋で饗応。
 すると、いきなり、本牟智和気はオブジェをご覧になり
 『あのオブジェは
   葦原色許男大神=大国主命の斎場ではないか?』
 と声を発したのです。
 この有様に曙立王・菟上王兄弟は 「聞歓見喜」。
 聞いて歓び・見て喜ぶはこの事、びっくり仰天、ビックラコ。
 やっぱり大国主命(の末裔)はお人好しでは?
 垂仁帝への夢でのご宣託、
 社(やしろ)の増改築と引き替えとして、本牟智和気の失声症快癒
 にも関わらす、増改築前に声が出る様にしてあげたのです。
 わたくし達、日本人のお人好しは決して高天原系ではなく出雲系
 の流れを受けているのやも。
 それはさて置き、
 曙立王・菟上王達は失声症快癒を垂仁帝に 「驛使(早馬)」 で
 快癒の一報を。
 この前にお二人は病気快癒の本牟智和気を
  「檳榔(蒲葵<びろう=あぢまさ>)之長穂宮」 に移送。
 さすがに仮宮での祝賀イベントは堪えられないと考えたのか?
 蒲葵の長穂で葺いたレストハウスが出雲にあった感じ。
 そしてその祝賀イベントは如何にも如何にもと思いますが
 本牟智和気に斐伊川地区で美に長けた女性との目合(まぐあい)。
 「一宿婚肥長姫」
 これって 「一宿一飯」 ってか?
 しかしながら、どうも本牟智和気は女性に疎かったのか
 それとも初めてだったのか、事に及んで怯(ひる)む始末。
 彼女のめくるめく愛の行為があろう事かまとわりつく蛇の如く感じ
  「美人者蛇也」
 とっても彼女に失礼ながらその場から逃げ出しちゃう行為に。
 これに肥長姫は怒り心頭、否、何か失礼な事をしてしまったかと
 心配し彼を追いかけます。
 さすが和風の女性、身支度に時間が掛かったのか舟での後追い。
 夜間ですので舟には「光海原」(篝火を炊き)、必至の追走。
 本牟智和気一行はほうほうの体で大和国へ到着。
 不甲斐な行為に肥長姫は
 途中で彼の心情を理解し見送ったのかも・・・・・。
 本牟智和気らは改めて垂仁帝に状況をご報告。
 垂仁帝は本人を前にして大いに歓び、
 すぐ菟上王に出雲に取って帰かせ、
 出雲大神とのお約束履行、社の増改築に当たらせたとの事。
 又、これまでの出来事から
 「鳥取部」 「鳥甘部」 「品遅部(ほむぢべ)」 「大湯坐」 「若湯坐」
 をお定めになられた由。
 『鳥捕獲職人』『鳥飼育職人』
 『本牟智和気を支える人々』
 『「大湯坐(おおゆえ)」・・・年増の乳母(保育・養育係)』
 『「若湯坐(わかゆえ)」・・・ピチギャル保育士さん』
 大湯坐・若湯坐は事情があり若くして他界した本牟智和気の母、
 沙本姫命の提言。                                  
 因みに史実で飛鳥時代に失声症を患った方が存在します。
 そのお方は天智帝の息子さんで持統帝の弟、「建(たける)皇子」。
 彼は声が戻らず僅か8歳で夭折しています。(651~658)  続く。

| | コメント (0)

2013年8月18日 (日)

本牟智和気を猫可愛がり 435

 どうも垂仁帝は失った沙本姫命をへの思いが強かったらしく
 彼女との一粒種、本牟智和気を猫可愛がり。
 わざわざ尾張から咲き誇っていた 「二俣榲(杉)」 を伐採し
 大和に取り寄せ、それにて 「二俣小舟」 を作らせ住まい近くの
 「市師池」 「軽池」 でボート遊び迄もの溺愛。
 只、可哀相に本牟智和気は大きくなっても声を発しない
 失声症に陥っていたのです。
 しかし、ある時、彼は空飛ぶ鵠(くぐい)=白鳥の鳴き声を聞き
 白鳥に初めて何か語りかける仕草をしたのです。
 それを聞き及んだ垂仁帝はすぐさまその 「鵠=白鳥」 の捕獲を
 「山辺之大□(帝+鳥)(やまべのおおたか)」 に命じます。
 そうは云っても取り押さえるのは 「空飛ぶ鵠=白鳥」。
 いくら名前が 「大鷹」 でも所詮は人の子。
 しかし如何せん帝の命ですから彼も必至。
 「空飛ぶ鵠=白鳥」 を尋ね、
 木国(紀伊) ⇒ 針間国(播磨) ⇒ 稲羽国(因幡) ⇒
 旦波国(丹波) ⇒ 多遲麻国(但馬) ⇒ 淡海国(近江)
 三野国(美濃) ⇒ 尾張国 ⇒ 科野国(信濃) と追い、
 漸く、高志国(越) で追いつき、
 「和那美之水門(わなみ〈輪網〉のみなと)」 で網張りゲット。
 即、大和の帝へお持ち帰り。
 垂仁帝は喜び勇んで息子の本牟智和気に 「地上の鵠=白鳥」
 を見せますが彼は何も言葉を口にしませんでした。
 この光景に垂仁帝は極めて落胆。
 期待が大きかった分お疲れになり床(とこ)に。
 すると
 「修理我宮 如天皇之御舍者 御子必真事登波牟(とはむ)」
 との夢見のご宣託が。
 『私の住まいを貴男の邸宅の様にしてくれれば
  お子さんは病気はたちまち治る』 との事。
 どちらの神のご宣託かと占ってみると
 「爾祟 出雲大神之御心」 と。
 この後、「出雲国」 へ本牟智和気が出かける展開になりますので
 この神は 「大国主命=大物主命」。
 どうも豊葦原瑞穂国を素直に?譲って頂いた 「負い目」 が
 高天原系の末裔にも重くのし掛かっている感じ。
 そして、本牟智和気の随身(ずいしん=ずいじん)を占うと
 「曙立王(あけたつのみこ)」 と。
 ここからは 「宇氣(気)比(うけひ)」 の頻発。
 宇気比の初出は 「建速須佐之男命 V.S. 天照大御神」。
 ここでの宇気比は 「神に祈り、成否・吉凶占い」。
 曙立王が宇気比すると
 鷺は死んで生き返り、檮(樫)の木を枯らし生き返らせた。
 この「能力」から彼は 「曙立王」 と命名されたとか。
 もう一人のお伴は 「菟上王(うなかみのみこ)」。
 彼らお二人は開化帝 ⇒ 日子坐王 ⇒ 大俣王のお子さんで兄弟。
 しかし、古事記では弟の菟上王については何も触れず仕舞い。
 いよいよ3名で出雲へ旅立ち。                                  続く。

| | コメント (0)

2013年8月 4日 (日)

失声症 本牟智和気 出雲大神の祟り 434

 ここからの展開は母を亡くした本牟智和気についてのお話し。
 先ずは古事記原文を。

故率遊其御子之状者
在於尾張之相津
二俣榲
作二俣小舟而
持上來以
浮倭之市師池
輕池
率遊其御子
然是御子
八拳鬚至于心前
眞事登波受(此三字以音)
故今聞高往鵠之音
始爲阿藝登比(自阿下四字以音)
爾遣山邊之大◯(此者人名) ◯は帝に鳥
令取其鳥
故是人
追尋其鵠
自木國到針間國
亦追越稲羽國即到旦波國多遲麻國
追廻東方
到近淡海國
乃越三野國
自尾張國傳以
追科野國遂追到高志國而
於和那美之水門張網取其鳥而
持上獻
故號其水門謂和那美之水門也
亦見其鳥者
於思物言而
如思爾勿言事
於是天皇患賜而
御寢之時覺于御夢曰
修理我宮
如天皇之御舍者
御子必眞事登波牟(自登下三字以音)
如此覺時
布斗摩邇邇占相而
求何神之心
爾祟
出雲大神之御心
故其御子
令拜其大神宮將遣之時
令副誰人者吉
爾曙立王食ト
故科曙立王
令宇氣比白(宇氣比三字以音)
因拜此大神
誠有驗者
住是鷺巣池之樹鷺乎
宇氣比落
如此詔之時
宇氣比其鷺墮地死
又詔之宇氣比活爾者
更活
又在甜白檮之前葉廣熊白檮
令宇氣比枯
亦令宇氣比生
爾名賜曙立王
謂倭者師木登美豐朝倉曙立王(登美二字以音)
即曙立王菟上王二王副其御子遣時
自那良戸
遇跛盲自大坂戸
亦遇跛盲
唯木戸是腋月之吉戸ト而
出行之時
毎到坐地
定品遲部也
故到於出雲
拜訖大神
還上之時肥河之中
作黒樔橋
仕奉假宮而坐
爾出雲國造之祖
名岐比佐都美
餝青葉山而
立其河下
將獻大御食之時
其御子詔言
是於河下
如青葉山者
見山非山
若坐出雲之石△之曾宮 △は石に向の上無し
葦原色許男大神以伊都玖之祝大廷乎
問賜也
爾所遣御伴王等
聞歡見喜而
御子者
坐檳榔之長穗宮而
貢上驛使
爾其御子
一宿婚肥長比賣
故竊伺其美人者蛇也
即見畏
遁逃
爾其肥長比賣患
光海原
自舩追來故
益見畏以
自山多和(此二字以音)
引越御舩逃上行也
於是覆奏言
因拜大神大御子物詔故
參上來
故天皇歡喜
即返菟上王
令造神宮
於是天皇
因其御子
定鳥取部鳥甘部品遲部
大湯坐若湯坐

 わたくしども ZIPANGU も夏休みをいただきます。
 従いまして読み解きは夏休み明けに。                        続く。

 web上では
 国立国会図書館 電子図書館蔵書古事記中下巻P34の16行目で
 確認可能ですので是非ご覧下さい。

| | コメント (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »