« 租税(調)の徴用と灌漑 427 | トップページ | 垂仁帝のご子息達と身長表記 429 »

2013年6月23日 (日)

垂仁帝の御代物語 428

 崇神帝のご子息、伊久米伊理毘古伊佐知命(垂仁帝)の御代
 のお話しになります。
 先ずは古事記原文を。

伊久米伊理毘古伊佐知命
坐師木玉垣宮
治天下也
此天皇
娶沙本毘古命之妹
佐波遲比賣命
生御子
品牟都和氣命(一柱)
又娶旦波比古多多須美知宇斯王之女
氷羽州比賣命
生御子
印色之入日子命(印色二字以音)
次大帶日子淤斯呂和氣命(自淤至氣五字以音)
次大中津日子命
次倭比賣命
次若木入日子命(五柱)
又娶其氷羽州比賣命之弟
沼羽田之入毘賣命
生御子
沼帶別命
次伊賀帶日子命(二柱)
又娶其沼羽田之入日賣命之弟
阿邪美能伊理毘賣命(此女王名以音)
生御子
伊許婆夜和氣命
次阿邪美都比賣命(二柱)(此二王名以音)
又娶大筒木垂根王之女
迦具夜比賣命
生御子
袁邪辨王(一柱)
又娶山代大國之淵之女
苅羽田刀辨(此二字以音)
生御子
落別王
次五十日帶日子王
次伊登志別王(伊登志三字以音)
又娶其大國之淵之女
弟苅羽田刀辨
生御子
石衝別王
次石衝毘賣命
亦名布多遲能伊理毘賣命(二柱)
凡此天皇之御子等
十六王(男王十三 女王三)
故大帶日子淤斯呂和氣命者
治天下也(御身長 一丈二寸 御脛長 四尺一寸也)
次印色入日子命者
作血沼池
又作狹山池
又作日下之高津池
又坐鳥取之河上宮
令作横刀壹仟口
是奉納石上神宮
即坐其宮
定河上部也
次大中津日子命者
(山邊之別 三枝之別 稻木之別 阿太之別 尾張國之三野別
吉備之石无別 許呂母之別 高巣鹿之別 飛鳥君 牟禮之別等祖也)
次倭比賣命者(拜祭伊勢大神宮也)
次伊許婆夜和氣王者(沙本穴太部之別祖也)
次阿邪美都比賣命者(嫁稻瀬毘古王)
次落別王者(小月之山君 三川之衣君 之祖也)
次五十日帶日子王者(春日山君 高志池君 春日部君之祖)
次伊登志和氣王者(因無子而爲子代定伊登志部)
次石衝別王者(羽咋君 三尾君之祖)
次布多遲能伊理毘賣命者(爲倭建命之后)

 読み解きは来週に。                                         続く。

 web上では
 国立国会図書館 電子図書館蔵書の古事記中下巻P29の8行目で
 確認可能ですので是非ご覧下さい。

|

« 租税(調)の徴用と灌漑 427 | トップページ | 垂仁帝のご子息達と身長表記 429 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 租税(調)の徴用と灌漑 427 | トップページ | 垂仁帝のご子息達と身長表記 429 »