« 赤色楯矛と黒色楯矛の暗喩 419 | トップページ | 相感・共婚でこどもの日 421 »

2013年4月28日 (日)

鉤穴通 麻糸 三勾・美和・三輪神 420

 「容姿端正」 美貌の持ち主、活玉依姫と
 「形姿威儀」 天下随一イケメン、「神壮夫(大物主大神)」 の
 命倶楽部、恋愛ゲーム。
 そんな素敵な箇所の古事記原文です。
 
此謂意富多多泥古人
所以知神子者
上所云活玉依毘賣
其容姿端正
於是有神壯夫
其形姿威儀
於時無比
夜半之時
倏忽到來 〈倏の犬は火〉
故相感
共婚共住之間
未經幾時
其美人妊身
爾父母怪其妊身之事
問其女曰
汝者自妊
無夫
何由妊身乎
答曰
有麗美壯夫
不知其姓名
毎夕到來
共住之間
自然懷妊
是以其父母
欲知其人
誨其女曰
以赤土散床前
以閇蘇此(二字以音)
紡麻貫針
刺其衣襴
故如教而
旦時見者
所著針麻者
自戸之鉤穴控通而出
唯遺麻者
三勾耳
爾即知自鉤穴出之状而
從糸尋行者
至美和山而
◯神社
故知其神子
故因其麻之三勾遺而
名其地謂美和也(此意富多多泥古命者 神君 鴨君之祖)

 読み解きは来週に。                                         続く。

 web上では
 国立国会図書館 電子図書館蔵書古事記中下巻P25の14行目で
 確認可能ですので是非ご覧下さい。

|

« 赤色楯矛と黒色楯矛の暗喩 419 | トップページ | 相感・共婚でこどもの日 421 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 赤色楯矛と黒色楯矛の暗喩 419 | トップページ | 相感・共婚でこどもの日 421 »