« 崇神帝のお子様は六男六女 417 | トップページ | 赤色楯矛と黒色楯矛の暗喩 419 »

2013年4月14日 (日)

大物主神の末裔 意富多多泥古の登場 418

 崇神帝が国を治めた時代は 「疫病」 が蔓延、多くの犠牲者を
 発生させることになったとか。
 但し、この疫病の原因は
 崇神帝、或いは、崇神帝のご先祖様の諸行にあった感じ。
 崇神帝の夢見に 「大物主神」 が現れ、彼の仰せは
 この疫病は 「我之御心」 が為せる業と。
 その昔、
 貴男(或いは、貴男のご先祖)に心ならずも屈服させられた
 怨念が今現在、疫病と化して祟っているとの事。
 大国主神の意志を受け継ぐ大物主神。
 取り分け、大物主神は大国主神の化身なのでしょう。

 大物主神に関しましては
 「大物主神=大国主神が登場」
 「容姿麗美な勢夜陀多良姫」  でご確認下さい。

 そして、この疫病払拭・天下泰平(「国安平」)となる条件は
 わたくしの(大物主神)の末裔、意富多多泥古(おほたたねこ)を
 捜し出し、かのものにわたくしの魂を祀りねぎらわせる事と。
 身に覚えがある、或いは、聞き及んでいる崇神帝は
 早速、方々に馬を使わし意富多多泥古の捜索命令。
 やがて多泥古は大和国の隣、河内国の美努村(「河内之美努村」)
 に存在する情報が。
 即、崇神帝は多泥古を手厚く、大和国に呼び寄せ
 多泥古の素性をお聞きなるのです。
 かのものは厳かにお答えします。わたくしは、
 大物主大神と活玉依姫の子の、
 櫛御方命(くしみかたのみこと)、その子息、
 飯肩巣見命(いいかたすみのみこと)の息子、
 建甕槌命(たけみかづちのみこと)の子供なのですと。
 (意富多多泥古は大物主大神の5代目)
 多泥古のご先祖様が
 大物主大神と聞き及んだ崇神帝は欣喜雀躍。
 これで 「天下泰平・人民栄華(「天下平人民栄」)」。
 崇神帝は意富多多泥古を 「神主」 とされ
 「御諸山(みもろやま)〈神が鎮座する山〉」 に
 「意富美和(おほみわ=大三輪)之大神」 の御霊を
 祀らせたのでした。
 更に、崇神帝はこれでも足りないと考えたのか
 それ迄の神々(天神地祇〈てんじんちぎ〉)の社(やしろ)を定め
 各々祀らせ、
 更に更に、
 宇陀の墨坂神には 「赤色楯矛」 を奉納
 大坂の神には 「黒色楯矛」 を奉納し祭らせ、
 それでも不安だったのか
 八百万、山・川の自然神 (「坂之御尾神・河瀬神) 迄にも
 幣帛 (神々に捧げる貢ぎ物) を奉る始末。
 これらにより漸く神々の怒りが収まり 「国家安平」 になったとか。
                                                                  続く。

|

« 崇神帝のお子様は六男六女 417 | トップページ | 赤色楯矛と黒色楯矛の暗喩 419 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 崇神帝のお子様は六男六女 417 | トップページ | 赤色楯矛と黒色楯矛の暗喩 419 »